KAKEHASHIプロジェクト /リチャードソン学校区グループ (テキサス州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第2陣
リチャードソン学校区グループ (リチャードソン高校、ロイド・V・バークナー高校の学生によるグループ) (テキサス州)

日程 : 7月1日~7月11日
地方訪問先 : 岐阜県大垣市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

大垣郷土資料館(地方の歴史・文化理解)の写真
大垣郷土資料館
(地方の歴史・文化理解)

奥の細道むすびの地記念館(地方の歴史・文化理解)の写真
奥の細道むすびの地記念館
(地方の歴史・文化理解)

大垣城(伝統文化理解)の写真
大垣城
(伝統文化理解)

岐阜県立大垣北高等学校 学校交流の写真1
岐阜県立大垣北高等学校 学校交流

岐阜県立大垣北高等学校 学校交流の写真2
岐阜県立大垣北高等学校 学校交流

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

有限会社 大橋量器 訪問(地方の産業理解)の写真
有限会社 大橋量器 訪問
(地方の産業理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

ラーメン国技館(日本の食文化理解)の写真
ラーメン国技館
(日本の食文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • このプログラムに参加し、日本は特筆すべき強固な国家であると思いました。その理由は、清潔で安全、効率的で災害からの復興も速やかに行われているからです。また、すばらしい伝統と新しいポップカルチャーが同居しているからです。
  • 日本の強さはおもてなしの心とその専門性の高さです。どこにいっても美しい環境と人々の親切さが織り成す日本の魅力で満ち溢れています。日本はまた他国に比べ非常に独自性が高いです。マンガ、アニメ、交通等は間違いなくほかのどの国もがうらやむものであると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本は思っていたよりずっと文化的に興味深い国でした。歴史や自然を保護する姿勢はすばらしいものがありました。
  • 日本は技術の最先端を担っていながらも、古い時代から受け継いだものが残っています。人々は昔から続いている暮らしを大切にし、忘れずにしているということがわかりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • もっと日本の人々と話ができるように日本語をさらに学びたいです。また、武道、茶道、神道についてももっと知識を得たいと感じています。カルタについても知りたいです。
  • 日本人の伝統と礼儀正さについてもっと学びたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 自分なりの日本文化への理解と人々の見識について話をします。友人の多くはすでに日本のポップカルチャーや科学の分野をとおして日本への興味持っているため、私は自分が今回学んだことを彼らに伝え、議論を深めたいと思っています。
  • 間違いなく私はこの日本での経験をすべての友人や家族に伝えようと思います。また、人々が日本について間違った見解を持っていたらできるだけ正したいとも思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私は自分の日本語能力が上がったと感じています。また日本の寛容さと日米関係の深さを確信できたばかりでなく、新たな人々と出会い、新たな友情が生まれたと思いました。
  • KAKEHASHIプロジェクトでの経験は自分の人生を変えました。このプロジェクトを通じ 日本を訪問することができ、日本を体験できました。そして本当の日本人と過ごし学校にも行く機会を与えられたと思います。多くの日本人やホストファミリーと絆を結んだことは私の人生の宝となるでしょう。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る