KAKEHASHIプロジェクト / リバーウッド国際高校 (ジョージア州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第4陣
リバーウッド国際高校 (ジョージア州)

日程 : 7月15日~7月25日
地方訪問先 : 佐賀県佐賀市
参加人数 : 18名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

全体オリエンテーション(日本語の講義)の写真
全体オリエンテーション
(日本語の講義)

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

佐賀城本丸歴史館(地方の歴史理解)の写真
佐賀城本丸歴史館
(地方の歴史理解)

佐賀県庁 表敬訪問の写真
佐賀県庁 表敬訪問

佐賀県立致遠館高等学校 学校交流(剣道体験)の写真
佐賀県立致遠館高等学校 学校交流
(剣道体験)

佐賀県立致遠館高等学校 学校交流(書道体験)の写真
佐賀県立致遠館高等学校 学校交流
(書道体験)

佐賀県立致遠館高等学校 学校交流(交流会)の写真
佐賀県立致遠館高等学校 学校交流
(交流会)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

お好み焼き体験(日本の食文化理解)の写真
お好み焼き体験
(日本の食文化理解)

国立大学法人佐賀大学 学校交流の写真
国立大学法人佐賀大学 学校交流

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会(クールジャパン理解)の写真
東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会
(クールジャパン理解)

パックンとの対話セッションの写真
パックンとの対話セッション

全体報告会の写真
全体報告会

帰国の写真
帰国

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本人は丁寧なサービスを提供し、責任を持って一生懸命取り組むところが優れていると思います。今回の訪問を通じて、日本の人々がとても礼儀正しく、思いやりをもって一生懸命他人を助けることを体験し、和を保つ集団志向性を学びました。状況や相手などの環境に柔軟に対応する日本の人々をとても尊敬します。
  • 礼儀正しく仕事も正確なことが、日本人の大きな強みだと思います。また、地理的にも多様な地域を有するのも日本の魅力だと思いました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私は初め、日本人は真面目過ぎて寡黙な人々かと思っていましたが、今回の訪問を通じて実際は違うことがわかりました。
  • 日本の地域がとても多様であることを、体験を通じて学ぶことができました。佐賀と東京ではそれぞれの地で全く異なる体験ができました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本語をもっともっと勉強して流暢に話せるようになりたいです。そして佐賀県で訪問した町のようなこじんまりした素敵な町に住みたいです。
  • 今回の訪問を通じて私はたくさんのことを学びましたが、今後は日本の歴史と政治についてもっと知りたいです。アメリカとは違って日本では政治や歴史、法律を冗談にしないと聞いたので、真の理由を知るためにもっと学びたいと思いました。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本の庭園や公園といった自然的側面や明治神宮などの歴史的側面を学び、日本の美をもっと味わえるようになりたいです。
  • 東京のテンプル大学に留学し、また日本に戻ってきたいと思います。慣れ親しんだアメリカのキャンパス環境の中で、日本文化に囲まれて日本の影響を受けつつ勉強したいです。また、もっと日本文化を学び、日本および世界について視野を広げたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 東京は世界的大都市で何でも揃い、外国的で少しがっかりしましたが、それでもやはり日本的なところもあり美しいと思いました。さらに佐賀県を訪問したらまた違う日本の面が光っていました。佐賀は本当に素晴らしいところで、ホストファミリーも最高でした。私は佐賀でたくさんのことを学び、私の日本に対する興味は倍増しました。日本に再び戻って来て、日本の全てについて学びたいと思います。
  • 私は来日するまで日本食を食べたことがありませんでした。でも今回の訪問で、食事という文化を体験することで、私の心の壁がある程度なくなったように思い、とても感謝しています。また日本で出会った人々は、ホストファミリーも日本の大学で学ぶ留学生も、みな素晴らしい人ばかりでした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る