KAKEHASHIプロジェクト / ロビンズデール・アームストロング高校 (ミネソタ州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第3陣
ロビンズデール・アームストロング高校 (ミネソタ州)

日程 : 7月8日~7月18日
地方訪問先 : 新潟県南魚沼市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

新潟県南魚沼市役所 表敬訪問の写真
新潟県南魚沼市役所 表敬訪問

新潟県南魚沼市立後山小学校 学校交流の写真
新潟県南魚沼市立後山小学校 学校交流

浦佐普光寺境内毘沙門堂(地方の伝統文化理解)の写真
浦佐普光寺境内毘沙門堂
(地方の伝統文化理解)

新潟県南魚沼市立大巻中学校 学校交流の写真
新潟県南魚沼市立大巻中学校 学校交流

新潟県立六日町高等学校 学校交流の写真
新潟県立六日町高等学校 学校交流

ホームステイファミリー対面式の写真
ホームステイファミリー対面式

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

住吉神社大祭(塩沢まつり)(地方の伝統文化体験)の写真
住吉神社大祭(塩沢まつり)
(地方の伝統文化体験)

塩沢つむぎ記念館(地方の伝統技術体験)の写真
塩沢つむぎ記念館
(地方の伝統技術体験)

魚沼の里 雪室(地方の産業技術理解)の写真
魚沼の里 雪室
(地方の産業技術理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

東京おもちゃ美術館(日本文化体験)の写真
東京おもちゃ美術館
(日本文化体験)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

保利耕輔 衆議院議員 表敬訪問の写真
保利耕輔 衆議院議員 表敬訪問

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みとは人々が皆社会において、快くそれぞれの役割を果たそうとしているということだと思います。日本についての最も魅力的な点は、人々が一丸となって人の助けとなることを惜しまないことです。
  • 日本がその過去の遺産を保ちながらも同時に現代的な国であることに感心しています。沢山の歴史的な行事、建造物、また史跡などを今も保っていることです。また、人型ロボットのアシモのような先進技術にも魅了されました。これが日本の強みです。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私の日本に対する見方は既にポジティブでしたし、全く期待の通りでした。もの静かであり、礼儀正しく、信頼に足る、等々。しかし、今回の旅はより大きなインパクトを私に与えました。日本を実体験し、もっと好きになりました!(街やビルの中でゴミ箱があまり無いことを除いて。)
  • 私の日本に対する見方はそれほど前と変わっていませんが、日本についてより多くのことを学んだことにより、ある結論に至りました。その結論とは、将来きっと日本に戻って来たいということです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • ホームステイと学校交流を経て、自分と同じ歳の学生の毎日の生活についてもっと知りたいと思いました。また、日本の教育システムと、日本人の小学校卒業後の一般的な進路についてももっと知りです。
  • 日本の歴史と西欧諸国との関係についてもっと学びたいです。日本において西洋の影響を沢山目にしましたが、どこからなぜそうなったのかを知りたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 自分のクラスメートと家族に、土産話や今回の旅で得た経験を、そしてそれがどんなにすばらしいものであったかを共有します。旅行中に撮った沢山の写真を是非見せてあげたいです。日本の人々や文化についてもっと勉強し、いつの日かまた戻って来たいです。
  • 秋学期に日本語Ⅰを取ることになっており、そこで日本の強みや魅力をもっと学ぶことになると思っています。日本語クラスを取ることに加え、来年の夏休みに叔父と日本人であるその妻と共に日本にまた来る予定です。その際には、日本に対する理解をさらに深めたいと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトにおける私の経験は忘れることが出来ないものになりました!日本の人々と新しく絆を結ぶことができ、素晴らしい時間を過ごせました。この美しい国についてもっと学ぶため、大人になったらまた日本を訪れたいです。
  • KAKEHASHIプロジェクトは、一生に一度味わえるか味わえないかの経験であり、それを可能としてくれたことに一生感謝したい気持ちです。短い時間でしたが、日本と日本文化の様々な素顔を体験できたことは、他では得難い仕方で、日本に対する理解や認識といったものを広げてくれました。KAKEHASHIプロジェクトのおかげで、一部のアメリカ人しか持ち得ない、日本に対する知的な見識を得ることができました。将来経験するであろう様々な事柄に対して、日本で学んだことを活かせると思うと嬉しく思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る