KAKEHASHIプロジェクト / ティンプビュー高校 (ユタ州)

2013年7月実施の招へい事業

高校生・第4陣
ティンプビュー高校 (ユタ州)

日程 : 7月15日~7月25日
地方訪問先 : 長野県中野市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

築地場外市場(日本の食文化理解)の写真
築地場外市場
(日本の食文化理解)

浄土宗大本山増上寺(伝統文化理解)の写真
浄土宗大本山増上寺
(伝統文化理解)

東京タワーの写真
東京タワー

東京都庁北展望室の写真
東京都庁北展望室

全体オリエンテーションの写真
全体オリエンテーション

東京国立博物館での日本の歴史・文化研修の写真
東京国立博物館での日本の歴史・文化研修

浅草・浅草寺 仲見世(伝統文化理解)の写真
浅草・浅草寺 仲見世
(伝統文化理解)

法運寺(地方の伝統文化理解)の写真
法運寺
(地方の伝統文化理解)

中野市役所 横田清一副市長 表敬訪問の写真
中野市役所 横田清一副市長 表敬訪問

日本土人形資料館 絵付け体験(地方の伝統文化理解)の写真
日本土人形資料館 絵付け体験
(地方の伝統文化理解)

長野県中野西高校 学校交流(歓迎会)の写真
長野県中野西高校 学校交流
(歓迎会)

長野県中野西高校 学校交流(剣道体験)の写真
長野県中野西高校 学校交流
(剣道体験)

盛隆寺(座禅体験)の写真
盛隆寺
(座禅体験)

ホームステイ体験の写真
ホームステイ体験

湯田中温泉夏祭り 盆踊り(地方の伝統文化理解)の写真1
湯田中温泉夏祭り 盆踊り
(地方の伝統文化理解)

湯田中温泉夏祭り 盆踊り(地方の伝統文化理解)の写真2
湯田中温泉夏祭り 盆踊り
(地方の伝統文化理解)

地獄谷野猿公苑(地方の自然文化体験)の写真1
地獄谷野猿公苑
(地方の自然文化体験)

地獄谷野猿公苑(地方の自然文化体験)の写真2
地獄谷野猿公苑
(地方の自然文化体験)

竹風堂 小布施本店 栗おこわ体験(地方の食文化理解・産業理解)の写真
竹風堂 小布施本店 栗おこわ体験
(地方の食文化理解・産業理解)

明治神宮(伝統文化理解)の写真
明治神宮
(伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

トヨタ・メガウェブ(日本の最先端技術理解)の写真
トヨタ・メガウェブ
(日本の最先端技術理解)

東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会(クールジャパン理解)の写真
東京都現代美術館「マンガのちから」展覧会
(クールジャパン理解)

パックンとの対話セッションの写真
パックンとの対話セッション

全体報告会の写真
全体報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みは経済戦略にあると思います。たとえば、商品の値付けが掛け値なしの最終価格で設定され、端数がなくわかりやすい点などです。日本人の行動は全てにおいて効率的です。日本の魅力は、個人や年齢によっても異なると思いますが、私たちにとってはおそらく日本の美しさ、食べ物、効率性、漫画、アニメ等が、共通した興味のわくものです。
  • アメリカ人にとって、日本は一歩先を行く模範的な国だと感じました。日本人の健康状態が総合的に良いことに強く感銘を受けました。リサイクル活動も素晴らしいです。日本は大変清潔で、日本人の行動はすべて効率的です。また、日本の食事はとてもすばらしいと思いました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本人に対する見方が変わりました。日本人をよく知ることができたし、彼らは素晴らしいと思いました。日本のあらゆるところに隠されている美しさ、たとえば、言葉、人々、植物、動物、虫、各地にある美しさが好きになり真価を認めるようになりました。自分の勉強していることに目的を見出だし、再訪したいと思っています。
  • 日本人は大変遠慮深く、よそよそしい感じを持っていましたが、多くの日本人は心温かく、一緒にいて楽しかったです。中野市と東京の地域の違いが気に入りました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 神社の歴史に大変興味をもちました。一方、日本人が創ったかっこいい新しいものにも興味をもちました。
  • 日本の学校生活について興味をもちました。学生の生活様態を知りたいです。日米のつながりについても学びたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本の各地の違いについて、特にそれぞれの県について学ぼうと思います。
  • 日本語の勉強を続けるとともに、ホストファミリーの英語の勉強のお手伝いをし、アメリカ人の労働観への理解を深められるよう、コミュニケーションを大切に、連絡を取り合っていこうと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私はこれまで国際的でなかったので、来日できて本当に楽しかったです。日本語を2年間勉強してきたので、日本で実際に練習でき、日本語漬けになれてとてもよかったです。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できて日本に来られたことは本当に有り難いです。日本の将来の可能性を感じることができました。以前は、このように日本に来ることができるとは思ってもみなかったのですが、このプロジェクトのお陰でここに来られました。もしまた来ることができるならまた同じように大好きなこの場所に来たいです。そのことに思いを馳せながら一生懸命頑張ろうと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
国際交流基金 青少年交流室
TEL:03-5369-6022 FAX:03-5369-6042
メールアドレス : infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る