KAKEHASHIプロジェクト / アーミテージ・インターナショナル

2014年3月実施の招へい事業

若手研究者招へい4陣
アーミテージ・インターナショナル
Armitage International

日程 : 2014年3月2日~3月12日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 8名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

国会議事堂の写真
国会議事堂

国会議員訪問(武藤貴也議員)の写真
国会議員訪問
(武藤貴也議員)

国会議員訪問(長島昭久議員)の写真
国会議員訪問
(長島昭久議員)

外務省の写真
外務省

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館(東京の歴史・文化理解)の写真
江戸東京博物館
(東京の歴史・文化理解)

国家安全保障局主催昼食会の写真
国家安全保障局主催 昼食会

三菱商事株式会社の写真
三菱商事株式会社

三菱重工株式会社の写真
三菱重工株式会社

月桂冠大倉記念館(地方の産業理解)の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

毘沙門堂勝林寺(座禅体験)の写真
毘沙門堂勝林寺
(座禅体験)

祇園(地方の歴史・文化理解)の写真
祇園
(地方の歴史・文化理解)

同志社大学の写真
同志社大学

株式会社島津製作所創業記念資料館(地方の産業理解)の写真
株式会社島津製作所創業記念資料館
(地方の産業理解)

古代友禅苑(地方の伝統技術体験)の写真
古代友禅苑
(地方の伝統技術体験)

株式会社美好園(抹茶体験)の写真
株式会社美好園
(抹茶体験)

金閣寺(地方の歴史・文化理解)の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

二条城(地方の歴史・文化理解)の写真
二条城
(地方の歴史・文化理解)

清水寺(地方の歴史・文化理解)の写真
清水寺
(地方の歴史・文化理解)

自由研究(防衛省)の写真
自由研究
(防衛省)

自由研究(靖国神社)の写真
自由研究
(靖国神社)

防衛省の写真
防衛省

東海旅客鉄道株式会社の写真
東海旅客鉄道株式会社

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本では伝統文化が維持され、日本人の長所を誇りとし続けていることに感銘を受けました。特に、見返りがなくても快く他者を支え、助ける日本人の姿勢は素晴らしいと思います。
  • 日本は、安全で、清潔で、秩序正しく効率良い国であり、日本人は礼儀正しいです。歴史的風土がよく保存されています。また、とてもユニークな奥深い文化があります。日本には、斬新で特別なものが溢れています。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • KAKEHASHIプロジェクトを通じて、日本が直面している課題を理解することができ、日米両国が共通で抱えている課題に対して、また、今後どのように米国が日本とパートナー関係を結ぶべきか、その糸口を掴むことができました。
  • 私は、外国では、第三世界の国々にしか行ったことがありませんでしたが、今回の訪日旅行は自身の視野を大きく広げる経験となりました。日本は、あらゆる面において愛国の誇りにあふれており、私自身の極めて狭い視野から脱け出すことができました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 帰国後、私は、日本の安全保障政策の進展をフォローしていきたいと思います。また、日本の緊急災害対策および緊急時の備えについて、さらに、国際的情勢変化および日本の安全保障環境が日本経済に与える影響、日本と近隣国との関係の進展について学びたいと思っています。
  • 報道機関のニュースや書物を通じて、両国の進展をフォローしたいと思っています。また、現在の大学院にいる間に日本についてもっと研究出来るよう学術的機会を探したいと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • KAKEHASHIプロジェクトにより、日本に関する知識を深め、体験することができ、日本を非常に肯定的に見ることができるようになりました。私は、友人や家族そして同僚にこれら日本で学び体験したことを伝えたいと思います。私は日本が好きです。同僚になぜ私が日本を好きかをしっかり伝えたいと思います。
  • まず、日本についての報告書を書き、私が学んだことを家族、友人、同僚そしてジョージタウン大学のコミュニティで共有したいと思います。最も重要なことは、米国の若者と経験を分かちあうことです。また、私は、日本の非営利組織と関係を築き、文化外交プログラム等を通じた協働等に関心があります。私の目標は、日米の戦略的提携関係に力を入れ、両国の若者のために明るい将来を築くことです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 素晴らしいプログラムでした。私は、これまで文化・教育プロジェクトを10以上の国々で実施してきましたが、本プログラムにはとても感銘を受けました。私達は、政府および非政府機関のリーダーに会い、今日の日本が抱えている喫緊の課題について話し合う機会を得ることができました。私は、将来もKAKEHASHIプロジェクトに関わり、諸外国との交流を支援していきたいと思います。
  • 素晴らしいプログラムでした。とてもよく作られており、我々が日本を理解するために最も適当な分野の専門家から話を聞くことができました。無駄な時間がなかったことにとても感動しています。プログラム中は、毎日素晴らしい経験をし、新しい事を学びました。私は日本の歴史、文化、政治的軍事的問題等に関する理解を深める事が出来、国際交流基金に感謝を申し上げます。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る