KAKEHASHIプロジェクト / 外交問題評議会

2014年3月実施の招へい事業

若手研究者招へい4陣
外交問題評議会
Council on Foreign Relations

日程 : 2014年3月2日~3月12日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 13名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

内閣官房副長官補訪問の写真
内閣官房副長官補訪問

国会議員訪問(小池百合子議員)の写真
国会議員訪問
(小池百合子議員)

国会議員訪問(長島昭久議員)の写真
国会議員訪問
(長島昭久議員)

外務省の写真
外務省

国会議員訪問(塩崎恭久議員)の写真
国会議員訪問
(塩崎恭久議員)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

資源エネルギー庁の写真
資源エネルギー庁

月桂冠大倉記念館(地方の産業理解)の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

毘沙門堂勝林寺(座禅体験)の写真
毘沙門堂勝林寺
(座禅体験)

祇園(地方の歴史・文化理解)の写真
祇園
(地方の歴史・文化理解)

同志社大学の写真
同志社大学

株式会社島津製作所創業記念資料館(地方の産業理解)の写真
株式会社島津製作所創業記念資料館
(地方の産業理解)

株式会社美好園(抹茶体験)の写真
株式会社美好園
(抹茶体験)

古代友禅苑(地方の伝統技術体験)の写真
古代友禅苑
(地方の伝統技術体験)

金閣寺(地方の歴史・文化理解)の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

二条城(地方の歴史・文化理解)の写真
二条城
(地方の歴史・文化理解)

清水寺(地方の歴史・文化理解)の写真
清水寺
(地方の歴史・文化理解)

防衛省の写真
防衛省

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は魅力的な文化と歴史を有する非常に安全で豊かな国です。日米関係は、経済、軍事、政治的同盟という観点からみると、東アジア地域の防衛の要と言えます。また、日本の興味深い歴史と文化は観光客を魅了します。
  • 日本の歴史と豊かな伝統は日本と日本人に、この絶え間なく変化している世界において進むべき方向性を示しています。日本の逞しいレジリエンス(強靭さ)も大きな強みです。東日本大震災の3周年を迎えた今年の3月11日にも、人々の立ち直ろうとする精神がはっきりと見られました。経済、防衛そしてエネルギーの分野において日本が新しいことを試し、発明しようとする意欲もまたすばらしい強みだと思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日米関係は、様々な課題にも拘わらず、結びつきがとても固いものだとわかり、嬉しく思いました。また、東京はとても近代的な街ですが、京都へ行くと伝統的な文化がしっかりと残されていることを理解できよかったです。日本は、アメリカ人にとって大変旅行しやすい所だと思います。
  • 私は、東アジア地域で長期間過ごしたことがなく、日本も今回初めて来日しました。未来を見据えながらも素晴らしい文化と伝統を有する日本に強く感銘を受けました。
    日本政府は経済成長を確実にするために注力し、日本では民間企業が伸びています。このようにはっきりとした焦点と強い意欲を持つことで日本は成功への道を進むことができると感じます。日本人の粘り強さと国を良くしようという責任感に感銘を受けています。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私が思っていた以上に米国と日本の安全保障関係は結びつきの強いものでした。米国は日本の安全保障分野に対するコミットメントをちゃんと果たすべきであると感じました。そうでなければ、日本は軍事力を強化しなければならず、それは、ひいては東アジア地域の安全保障の不安定化をもたらすことになってしまいます。また、日本経済は、資本市場寄りの米国と比較して、銀行を中心とした経済に依拠していると思いました。
  • 和食のすばらしさについて良くわかるようになりました。また、オバマ政権のアジアについての方針転換が日本の未来にどう影響を与えるのかに興味を持っています。日本の開発援助プログラムについても深く学びたいと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • まわりの人たちと今回の経験を共有するつもりです。そしてその人たちに日本に行くことを勧めたいと思います。また、新聞のコラムや記事に日本の重要性を強調して文章を書くことも視野に入れています。
  • 今後行われる若手専門家交流プログラムに参加し、日米間の商業・貿易関係の構築に貢献したいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプログラムは非常によく考えて作られていました。そして見事に実行・運営されていました。日本で多くを学ぶことができましたし、今後は日本に対して常に特別の好意を感じるようになるでしょう。私は韓国系アメリカ人の家族で育ったので、今後は日米韓三か国の関係をより良くするために何かしなければならないと思うようになりました。今回このような経験ができたことは大変幸運だったと思います。
  • 日本における著名な、そして優秀なリーダーの方たちと会えたことをとても光栄に思っています。これら多くの識者が日本の課題や強みについて率直に、正直に話してくださったことに驚き、強い感銘を受けました。また、お会いした皆さんが私たちの質問のすべてに丁寧に答えてくださいました。このような機会をいただいたことに心から感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る