KAKEHASHIプロジェクト / ヘンリー・L・スティムソンセンター

2014年3月実施の招へい事業

若手研究者招へい4陣
ヘンリー・L・スティムソンセンター
Henry L Stimson Center

日程 : 2014年3月2日~3月12日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 5名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

国会議事堂の写真
国会議事堂

国会議員訪問(上田勇議員)の写真
国会議員訪問
(上田勇議員)

自由民主党国際局役員と意見交換の写真
自由民主党国際局役員と意見交換

国会議員訪問(長島昭久議員)の写真
国会議員訪問
(長島昭久議員)

国会議員訪問(塩崎恭久議員)の写真
国会議員訪問
(塩崎恭久議員)

外務省の写真
外務省

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館(東京の歴史・文化理解)の写真
江戸東京博物館
(東京の歴史・文化理解)

国家安全保障局主催昼食会の写真
国家安全保障局主催 昼食会

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターの写真
宇宙航空研究開発機構
筑波宇宙センター

月桂冠大倉記念館(地方の産業理解)の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

毘沙門堂勝林寺(座禅体験)の写真
毘沙門堂勝林寺
(座禅体験)

祇園(地方の歴史・文化理解)の写真
祇園
(地方の歴史・文化理解)

同志社大学の写真
同志社大学

株式会社島津製作所創業記念資料館(地方の産業理解)の写真
株式会社島津製作所創業記念資料館
(地方の産業理解)

古代友禅苑(地方の伝統技術体験)の写真
古代友禅苑
(地方の伝統技術体験)

株式会社美好園(抹茶体験)の写真
株式会社美好園
(抹茶体験)

金閣寺(地方の歴史・文化理解)の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

二条城(地方の歴史・文化理解)の写真
二条城
(地方の歴史・文化理解)

清水寺(地方の歴史・文化理解)の写真
清水寺
(地方の歴史・文化理解)

自由研究(一般財団法人安全保障貿易情報センター)の写真
自由研究
(一般財団法人安全保障貿易情報センター)

防衛省の写真
防衛省

本田技研工業株式会社の写真
本田技研工業株式会社

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みはお互いに敬意を払い、協力する文化にあると思います。私が会った日本人は一貫して親しみやすく、礼儀正しい人々でした。また私は日本の歴史にも魅力を感じました。
  • 公共交通が高度に発達し、公共サービスの信頼性が高く効率が良い点です。 普遍的な文化、幅広く見受けられる伝統を通して、日本は将来長きにわたり、自分達の独自性に誇りを持ち続けると感じます。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • このプロジェクトに参加する以前は、日本に対して非常に限定的な見方しか持っていませんでしたが、参加後、日本の国際的な役割についてより良く理解できるようになりました。
  • 今回、初めて日本を訪問して、前にも増して日本に深い尊敬を払うようになりました。 集団的で、まとまりがよく、勤勉な日本の文化は米国との絆を深めるのに役立つことでしょう。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の、特に東アジア地域に関する国際開発事業と援助、また、インド洋の海上交通路の保護についても学んでいきたいです。
  • 日本の歴史をもっと学びたいと思います。また、日本の防衛と政治に関してニュースなどをより緊密に追いかけたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • スティムソンでは東アジア地域のプログラムのリサーチアシスタントとして働いているので、日米間の防衛連携について研究を続けていきたいです。
  • 今プログラム中での訪問や偶然の機会も含めて多くの人々に会いましたが、皆さんと是非とも引き続き連絡をとっていきたいと思います。また、現在スティムソンで米国の会社と仕事をしているのと同じく、自分の役割を通して日本の会社とも仕事をしたいと考えています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは素晴らしい経験であり、与えられた機会に感謝しています。プロジェクトと関係者の皆様のおかげで、私達は快適でとても豊かな経験ができました。幅広く政府職員の方々とお話しでき、また若い研究者に快く時間を割いて下さったことに感銘を受けました。更に、日本人の公平で率直な姿勢が印象的でした。プロジェクトに参加でき、日本に好い印象を持ちました。
  • KAKEHASHIプロジェクトは素晴らしい訪日の機会であり、私は日本政府と国際交流基金の寛大さとご尽力に心から感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る