KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 大学生・第6陣 アラバマ大学(アラバマ州)

2014年7月実施の招へい事業

大学生・第6陣
アラバマ大学(アラバマ州)

日程 : 2014年7月28日~8月7日
地方訪問先 : 茨城
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真 1
オリエンテーション

オリエンテーションの写真 2
オリエンテーション

東京国立博物館(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・伝統文化理解)

浅草寺(日本の歴史・伝統文化理解)の写真 1
浅草寺
(日本の歴史・伝統文化理解)

浅草寺(日本の歴史・伝統文化理解)の写真 2
浅草寺
(日本の歴史・伝統文化理解)

茨城県庁見学の写真 1
茨城県庁見学
 

茨城県庁見学の写真 2
茨城県庁見学
 

サイバーダインスタジオ(日本の最先端技術理解)の写真
サイバーダインスタジオ
(日本の最先端技術理解)

筑波大学(学校交流)の写真 1
筑波大学
(学校交流)

筑波大学(学校交流)の写真 2
筑波大学
(学校交流)

水墨画模写(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
水墨画模写
(日本の歴史・伝統文化理解)

歴史の小径(伝統文化体験)の写真
歴史の小径
(伝統文化体験)

JAXA筑波宇宙センター(つくばサイエンスツアー)の写真
JAXA筑波宇宙センター
(つくばサイエンスツアー)

サイエンス・スクエアつくば(つくばサイエンスツアー)の写真
サイエンス・スクエアつくば
(つくばサイエンスツアー)

地図と測量の科学館(つくばサイエンスツアー)の写真 1
地図と測量の科学館
(つくばサイエンスツアー)

地図と測量の科学館(つくばサイエンスツアー)の写真 2
地図と測量の科学館
(つくばサイエンスツアー)

袋田の滝(自然体験)の写真
袋田の滝
(自然体験)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

明治神宮(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
明治神宮
(日本の歴史・伝統文化理解)

原宿の写真 1
原宿
 

原宿の写真 2
原宿

NHK放送センターの写真
NHK放送センター

江戸東京博物館(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真 1
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真 2
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

報告会の写真
報告会
 

修了証授与の写真
修了証授与

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本が世界に誇れる長所は、ロボット工学や環境保護の分野で特に力を発揮する最新の技術だと思います。また和を尊ぶ考え方は、他者への思いやりや共感につながっていると感じました。日本のポップカルチャーも外国人にとってはとても魅力的です。世界に類を見ないそのユニークな特徴が、人気の理由と言えるでしょう。
  • KAKEHASHI プロジェクトに参加することで、日本の長所や先端技術、文化遺産、美しい自然などに触れることができました。しかし日本の一番の強みは、日本人自身だと思います。日本の人達は一所懸命に私達を案内し、手助けをしてくれました。親切でやさしい皆さんのおかげで、私達の旅はかけがえのないものとなりました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 来日する前からすでに日本のメディアを通じて映画やアニメを見ていましたし、英訳された小説も読んでいたので、日本に関してはだいぶ知っているつもりでいました。ところが日本に9日間滞在するうちに、日本人やその文化についてもっと学びたいことがたくさんあると気がつきました。日本に対する理解は大いに深まりましたが、さらに詳しくなるためには、まだ先は長いと感じています。
  • 来日前の自分は、日本語が話せない上にクール・ジャパンにも縁がなかったので、日本では陸に上がった魚のように場違いな存在になってしまうのではないかと心配していました。しかし日本文化と日本の人達が温かく迎え入れてくれたおかげで、すぐに新しい環境になじむことができました。東京は魅力的なものが満載で、その多様性と規模の大きさには圧倒されました。同時に日本はどんな問題に直面しても克服していける国だという思いを強くしました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の現在および将来における科学技術の進歩について学び、それらの知識を小学校の教員になった際に、ぜひ役立てたいと考えています。また日本の歴史に関する勉強を続けて将来の私の生徒達に正しい情報を伝えるとともに、インターネットの日本語学習サイト Erin’s Challenges も活用して、日本語に磨きをかけるつもりです。
  • これからも日本語の勉強を続け海外留学をめざすと同時に、日本からの交換留学生との交流もはかる予定です。日本の今後のエネルギー問題や、民間企業の活動にも注目していきたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 帰国したらさっそくブログを立ち上げ、写真や感想を通じて今回の日本訪問がいかに楽しく有意義なものだったかを多くの人達に知ってもらいます。筑波大学で出会った学生達とも連絡を取り合い、日米で起きている最新の出来事に関する情報交換に努めます。また家族やすべての友人にも今回の旅について話をすることで日本を訪ねる人が増え、米国と日本の架け橋になってくれるよう願っています。
  • 国際関係を向上させるためのイベントがあれば、積極的に参加したいと思うようになりました。まずはアラバマ大学で学ぶ留学生に働きかけて、国際的な活動をしているクラブに登録するところから始めるつもりです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • プログラム全体を通じて多くの興味深い場所や施設を訪問させていただき、貴重な体験をすることができました。毎日がハードスケジュールでしたが、どれも楽しい学びの機会となりました。特に楽しかったのが体験型の施設で、日本をより深く理解するのに役立ちました。KAKEHASHI プロジェクトに参加できたことに感謝しています。
  • 日本文化と日本料理と冒険が満載の旅は、あっという間に終わりました。日本のさまざまな面を間近に見て経験することができたのは、KAKEHASHI プロジェクトのおかげです。日本についても、そして自分自身についても多くの発見があった忘れがたい機会となりました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る