KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 大学生・第6陣 アリゾナ州立大学(アリゾナ州)

2014年7月実施の招へい事業

大学生・第6陣
アリゾナ州立大学(アリゾナ州)

日程 : 2014年7月28日~8月7日
地方訪問先 : 宮城
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真 1
オリエンテーション

オリエンテーションの写真 2
オリエンテーション

東京国立博物館(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・伝統文化理解)

浅草寺(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
浅草寺
(日本の歴史・伝統文化理解)

東北大学オープンキャンパス(学校交流)の写真
東北大学オープンキャンパス
(学校交流)

東北大学ボランティア支援室講義(学校交流)の写真
東北大学ボランティア支援室講義
(学校交流)

宮城県庁表敬訪問の写真 1
宮城県庁表敬訪問

宮城県庁表敬訪問の写真 2
宮城県庁表敬訪問

東北大学仙台市内街歩き(学校交流)の写真
東北大学仙台市内街歩き
(学校交流)

東北大学学生との交流会(学校交流)の写真
東北大学学生との交流会
(学校交流)

南三陸語り部講話(防災学習)の写真
南三陸語り部講話
(防災学習)

ひころの里 (地域交流)の写真 1
ひころの里
(地域交流)

ひころの里 (地域交流)の写真 2
ひころの里
(地域交流)

きりこ製作(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
きりこ製作
(日本の歴史・伝統文化理解)

及善かまぼこ店登米工場(地場産業)の写真
及善かまぼこ店登米工場
(地場産業)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

明治神宮(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
明治神宮
(日本の歴史・伝統文化理解)

原宿の写真
原宿
 

NHK放送センターの写真
NHK放送センター
 

江戸東京博物館(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・伝統文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

報告会の写真
報告会
 

修了証授与の写真
修了証授与

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本はとても堅固な歴史と文化を持ち、また科学、技術、未来にもしっかりと焦点を合わせています。日本経済は強固で、数多くのビジネスチャンスを生み出しています。長い歴史を反映した建築物は現代日本に多くの影響を与えながら、一方では独自性や歴史的魅力も保持し続けています。
  • 滞在中に驚いたことは日本における共同体の意識の強さです。日本の人々は途方もない逆境に直面しても、信じられないくらいの連帯感を持っています。私が今回の訪日期間中に出会った人々の他者へのいたわりは、共同体に対する意識の絆を強くするものでした。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • この旅行で日本文化や日本の人々と接し、私にとっては両方ともが具体的なものとなり親しみをもてるようになりました。これまでは文化的にも地理的にも遠い国であると感じていましたが、日本に実際に来てみて、よくわかるようになりました。また日米関係と歴史についてもより良い理解を得ることができました。
  • 津波が襲った地域を訪れたのは最も衝撃的な出来事でした。来日前には、これほどまでに街が破壊されたとは認識していませんでした。それだけに今なお仮設住宅に住まれている皆さんを助ける為、その地域のお店で買い物ができて嬉しかったです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私は日本科学未来館で見ることができたロボット開発における日本の技術革新について、もっと学びたいです。そして将来はロボット開発の分野で働きたいと思っています。それほど日本の最先端技術は本当に私にとって魅力的なのです。加えて私は将来日本に帰ってきたいので、もっと日本語を勉強したいと考えています。
  • 今回の訪日では日本語に大変興味を持つに至ったので, これまで通り漫画を読みアニメを観ることに加えて、もっと日本の文化と社会について勉強したいと思います。僕がアリゾナ州立大学と日本人の交換留学生を繋げて日本で築いた関係を続けて強化していければと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 友達や家族とこの旅で見聞きしたことを共有します。日本について映画を作り、日本の強さと文化について、今回の訪日で見聞きした音楽、美術、映画から学んだことを作品に取り入れながら製作したいです。またここで会った人々とは(将来の再訪も期待しつつ!)連絡を取り合いたいと思います。
  • 一般的なアメリカ人に日本の強みをより正しく理解してもらう為に、私は日本の文化、歴史について今回の訪日で自分が理解できた事柄をできるだけ多くの人々に伝えたいです。そして、アメリカ人の持つ日本の歴史の混同や誤解を解いていきたいです。また日本文化や日本への旅を勧め、いろいろ手助けして、この国のことがもっと世界に正しく理解されることを期待しています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • それは3インチの紙には表現しきれないほど美しいものでした。何よりもKAKEHASHIプロジェクトにお礼を申し上げたいと思います。旅行は無償でしたが、上手く運営されていて、このような機会はいまだかつて得たことがありません。人生を大きく変えるようなこの経験を私の知るすべての人と分かちあいたいです。いつかまた日本に帰ってくることを楽しみにしています。
  • この旅は本当に私の人生の中での最良の経験のうちのひとつになりました。私は異文化や日本や日本語についてことが学ぶことが大好きです。今回の訪日で私の世界観が開かれ、変わりました。私は美術館見学や津波・地震の被災者の皆さんと過ごした時の経験に基づき、日本について必ずやもっと学んでいきたいと思っています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る