KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 高校生・第5陣 エドワード・クラーク高校(ネバダ州)

2014年7月実施の招へい事業

高校生・第5陣
エドワード・クラーク高校(ネバダ州)

日程 : 2014年7月8日~17日
地方訪問先 : 群馬県高崎市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の伝統文化理解)の写真
浅草寺
(日本の伝統文化理解)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

群馬県庁展望室の写真
群馬県庁展望室
 

前橋市長表敬訪問の写真
前橋市長表敬訪問
 

卯三郎こけし絵付け体験(日本の伝統文化理解)の写真
卯三郎こけし絵付け体験
(日本の伝統文化理解)

七夕祭り(日本の伝統文化理解)の写真
七夕祭り
(日本の伝統文化理解)

高崎市立高崎経済大学付属高等学校(学校交流)の写真 1
高崎市立高崎経済大学付属高等学校
(学校交流)

高崎市立高崎経済大学付属高等学校(学校交流)の写真 2
高崎市立高崎経済大学付属高等学校
(学校交流)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

老神温泉、観山荘(日本の伝統文化理解)の写真
老神温泉、観山荘
(日本の伝統文化理解)

吹割の滝(自然体験)の写真
吹割の滝
(自然体験)

迦葉山弥勒寺(日本の伝統文化理解)の写真
迦葉山弥勒寺
(日本の伝統文化理解)

うどん打ち体験「たくみの里」(日本の伝統文化理解)の写真
うどん打ち体験「たくみの里」
(日本の伝統文化理解)

東京都立三田高等学校(学校交流)の写真 1
東京都立三田高等学校
(学校交流)

東京都立三田高等学校(学校交流)の写真 2
東京都立三田高等学校
(学校交流)

皇居の写真
皇居
 

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

報告会の写真 1
報告会
 

報告会の写真 2
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みと魅力は経済が好調であること、温かいもてなしの心があること、親切な人が多いこと、食べ物が美味しいこと、物の値段が手ごろなこと、高度な技術を持っていることです。
  • 日本の強みと魅力はアニメ、高度な技術を駆使した快適なトイレ、建築、気さくな人々、便利でどこにでもある自動販売機、美味しい食べ物、その他かわいいものがたくさんあること、ご当地キャラクター、観光地、美しい風景が見られることです。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私は今まで、東京のようなにぎやかな大都市という側面からしか、日本を見ていませんでした。このKAKEHASHIプロジェクトを通して、田園風景、滝、お寺など、美しい地方の風景に触れることができました。
  • 思っていたよりも日本はきれい(清潔)で、環境に優しい国でした。また想像していた以上に、日本人は気さくな人たちでした。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本文化と日本語をもっと勉強したいです。日本に来る前から、日本の文化をもっと勉強したいと思っていましたが、滞在中にお寺や博物館、美術館を訪れたことで、その思いが強くなりました。
  • 本当に帰りたくないですが、米国へ帰国したら、もっと日本食を食べて日本語の勉強も頑張ります。日本の文化、地理、歴史も勉強したいし、もちろんこれからもアニメを観たりマンガを読んだりします。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • クラーク高校の日本語クラスで勉強を続けます。興味を持って自分で色々調べていけば、日本独特な文化について理解が深まるし、なぜ日本はこんなに美しいのかについても答えが見つかると思います。
  • 日本で経験したことを友達に伝えます。ホストファミリーとこれからも連絡を取り合います。これからも日本の文化に興味・関心を持ち続け、注目していきたいと思っています。アニメを観たり、マンガを読んだりします。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • ホームステイや2回の学校訪問を通して、日本のティーンエージャーが何をしてどんなことを考えているのか知ることができて、とてもよかったです。友達もたくさんできたと思っていますし、ずっと興味があった日本の文化についてたくさん学ぶことができました。来日中の全ての体験は、私のこれからの人生を変えるほどのものでした。またとない素晴らしい機会を与えていただき、ありがとうございました。
  • KAKEHASHIプロジェクトで、忘れられない経験をすることができました。素晴らしい人たちとたくさん出会い、日本文化についてもたくさん学びました。このプロジェクトへ参加できたことに、本当に感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る