KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 高校生・第5陣 エルキンズ・ポイント・ミドルスクール(ジョージア州)

2014年7月実施の招へい事業

高校生・第5陣
エルキンズ・ポイント・ミドルスクール(ジョージア州)

日程 : 2014年7月8日~17日
地方訪問先 : 福井県越前市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の伝統文化理解)の写真
浅草寺
(日本の伝統文化理解)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

福井県庁表敬訪問の写真
福井県庁表敬訪問
 

養浩館庭園(日本の伝統文化理解)の写真
養浩館庭園
(日本の伝統文化理解)

福井県立武生東高等学校(学校交流)の写真
福井県立武生東高等学校
(学校交流)

越前和紙の里会館(日本の伝統文化理解)の写真
越前和紙の里会館
(日本の伝統文化理解)

餅つき体験(日本の伝統文化理解)の写真
餅つき体験
(日本の伝統文化理解)

うるしの里会館(日本の伝統文化理解)の写真
うるしの里会館
(日本の伝統文化理解)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

武生ナイフビレッジ(日本の伝統文化理解)の写真
武生ナイフビレッジ
(日本の伝統文化理解)

東京都立三鷹中等教育学校(学校交流)の写真
東京都立三鷹中等教育学校
(学校交流)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の魅力は、そこに住んでいる人々であると思います。日本の人々は親切で優しく、まるで自分の家にいるような快適さを感じさせてくれます。
  • 日本の一番の強みは、なんといっても昔からの慣習と伝統を大切にすることにより歴史を尊重し、さらには誠実な礼儀を創り出したという点でしょう。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本には素晴らしいものがいろいろあるということに気づきました。来日前は、日本の街はどこも最先端技術のものにあふれているであろうと想像していました。しかし実際に来てみて、自然豊かなところもたくさんあることがわかりました。日本は思っていたよりも美しいところでした。
  • 日本の子供たちはおしゃべりが好きで、恥ずかしがりではないということを発見しました。KAKEHASHIプロジェクトにより、私は日本をとても好きになりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の人々と日本の文化が米国とは随分違うということを知り、そのことについてもっと学びたいと思いました。また日本はどのようにしてこんなに効率の良い国になったのかを知りたいと思っています。
  • 日本の音楽と文化について更に学びたいと思います。そして日本の生活が一年を通して季節によりどのように変わるのかということを見るために、もう一度日本に来るかもしれません。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • KAKEHASHIプロジェクトをもっと盛り上げ、みんなが日本に来たくなるような動画を製作しようと思っています。
  • この旅の記録を毎日インターネットのブログにアップロードしています。帰国したら友達や家族にお土産をあげ、いつか日本に彼らを連れてきてあげたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • ホームステイが一番素晴らしかったです。日本の家庭での生活体験ができたことは、とても素敵な時間でした。朝、畳の部屋で目覚め、朝食には味噌汁とご飯を食べました。またすぐに日本に来たいです。
  • 私は日本が大好きです。できるなら帰国したくないと思っています。今回の訪日期間中の体験から、私は米国と日本の間に新しく橋をつくる必要はない、と思いました。なぜなら既に家族のように一つであると感じることができたからです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る