KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 高校生・第5陣 ポール・パブリック・チャータースクール(ワシントンD.C.)

2014年7月実施の招へい事業

高校生・第5陣
ポール・パブリック・チャータースクール(ワシントンD.C.)

日程 : 2014年7月8日~17日
地方訪問先 : 長野県白馬村
参加人数 : 20名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の伝統文化理解)の写真 1
浅草寺
(日本の伝統文化理解)

浅草寺(日本の伝統文化理解)の写真 2
浅草寺
(日本の伝統文化理解)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

善光寺(日本の伝統文化理解)の写真
善光寺
(日本の伝統文化理解)

松本城(日本の伝統文化理解)の写真
松本城
(日本の伝統文化理解)

石井味噌(日本の伝統文化理解)の写真 1
石井味噌
(日本の伝統文化理解)

石井味噌(日本の伝統文化理解)の写真 2
石井味噌
(日本の伝統文化理解)

塩の道ちょうじや(日本の歴史・文化理解)の写真
塩の道ちょうじや
(日本の歴史・文化理解)

八方尾根(日本の自然体験)の写真
八方尾根
(日本の自然体験)

餅つき体験(日本の伝統文化体験)の写真
餅つき体験
(日本の伝統文化体験)

座禅体験(日本の伝統文化理解)の写真
座禅体験
(日本の伝統文化理解)

長野県白馬高校(学校交流)の写真 1
長野県白馬高校
(学校交流)

長野県白馬高校(学校交流)の写真 2
長野県白馬高校
(学校交流)

白馬ジャンプ競技場の写真
白馬ジャンプ競技場
 

ホームステイ(歓送会)の写真
ホームステイ
(歓送会)

東京都立立川国際中等教育学校(学校交流)の写真
東京都立立川国際中等教育学校
(学校交流)

明治神宮(日本の伝統文化理解)の写真
明治神宮
(日本の伝統文化理解)

皇居の写真
皇居
 

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強さは人々の几帳面さ、街の清潔さ、環境の良さ、そして変化への対応力の高さにあると思います。自然も豊かで、地方では美しい山々に感動しました。私たちの滞在を支えてくれた多くの日本人に感謝しています。
  • 日本の強さは日本人そのものにあると思います。日本人は親切で、私たちを優しく受け入れてくれました。日本の魅力は自然の豊さにあると思います。日本の自然は素晴らしいものでした。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • KAKEHASHIプロジェクトで日本に来る前、私は日本に対してたくさんの間違ったステレオタイプなイメージを持っていました。食事はチャーハンやお寿司ばかりと思っていましたが、実際にはたくさんの種類のおいしい食べ物がありました。
  • 日本人は伝統文化を大切にします。日々の生活の中にも昔からの習慣や文化を感じることができました。来日前には、日本は建物の多い都市というイメージしか持っていませんでしたが、長野県では雄大な自然を満喫することができました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 帰国後は日本語を学びたいです。また日本に来る機会があれば、日本語を使って日本人を理解し、仲良くなりたいと思っています。日本の伝統・文化についても勉強し、長い歴史の中で日本人が伝統・文化をいかに受け継いできたかを詳しく知りたいと考えています。
  • 米国に帰国後は、日本語を学びたいと思っています。KAKEHASHIプロジェクトに参加し、たくさんの日本人と色々な活動を一緒にしましたが、言葉の壁を感じることが多くありました。日本語を勉強し、将来は米国と日本の架け橋になりたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本の強さと魅力をさらに理解するため、日本をまた訪れたいです。ホストファミリーとも連絡を取り、もう一度会いたいと考えています。日本での経験を友人に話し、KAKEHASHIプロジェクトの素晴らしさを伝えていきます。
  • 米国と日本の全ての学生がKAKEHASHIプロジェクトに参加し、互いの文化を理解できればよいと思います。日本での素晴らしい経験を友人や家族に話し、もし留学を考えている友人がいれば、日本を推薦します。私も再来日したいです。日本は広く、行ってみたい場所がたくさんあります。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 日本の歴史や文化を理解するために、多くの博物館や歴史的建造物を見学しました。来日前はあまり日本食を食べたことがありませんでしたが、滞在中に日本食の奥深さを発見することもできました。日本人は礼儀正しく、とても親切でした。素晴らしい経験ができました。また来日したいです。
  • 日本の伝統文化を学び、素晴らしい経験をすることができました。毎日がとても充実していました。もっと長く日本に滞在したかったです。日本人学生との交流も楽しかったですが、KAKEHASHIプロジェクトに参加している他の米国人学生と知り合えたこともよかったです。長野県の白馬村に行きました。山などの高いところは苦手なのですが、それを忘れるほど美しい場所でした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る