KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow- 基本プログラム(中学・高校生交流及び大学生交流)2014年7月実施 高校生・第5陣 スプリング・バレー高校(ネバダ州)

2014年7月実施の招へい事業

高校生・第5陣
スプリング・バレー高校(ネバダ州)

日程 : 2014年7月8日~17日
地方訪問先 : 長野県白馬村
参加人数 : 26名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の伝統文化理解)の写真
浅草寺
(日本の伝統文化理解)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

善光寺(日本の伝統文化理解)の写真
善光寺
(日本の伝統文化理解)

松本城(日本の伝統文化理解)の写真
松本城
(日本の伝統文化理解)

石井味噌(日本の伝統文化理解)の写真
石井味噌
(日本の伝統文化理解)

塩の道ちょうじや(日本の伝統文化理解)の写真
塩の道ちょうじや
(日本の伝統文化理解)

ホームステイ(対面式)の写真
ホームステイ
(対面式)

餅つき体験(日本の伝統文化理解)の写真
餅つき体験
(日本の伝統文化理解)

白馬ジャンプ競技場の写真
白馬ジャンプ競技場
 

長野県白馬高等学校(学校交流)の写真
長野県白馬高等学校
(学校交流)

座禅体験(日本の伝統文化理解)の写真
座禅体験
(日本の伝統文化理解)

ホームステイ(歓送会)の写真
ホームステイ
(歓送会)

皇居の写真
皇居
 

東京都立杉並総合高校(学校交流)の写真
東京都立杉並総合高校
(学校交流)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本のいいところは礼儀正しく、相手を重んじるところと、清潔なところだと思います。美しい景色や自然は日本の魅力です。私が住んでいる町と比べると日本には緑が多いと思います。特に地方にはさまざまな植物があり、目にも鮮やかでした。
  • 日本人の良いところは、思いやりと信頼だと思います。ぼくは高価なものを長野でバスの中に忘れましたが、翌朝には戻ってきました。この話をまわりの人に伝えようと思います。知らない人たちの中にいてもあまり警戒しなくてもいいのです。都会から離れると、よりきれいな景色が見られるのも日本の魅力です。白馬村で見た緑の美しさは、これまで見たことのないほど美しいものでした。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 来日前、日本に対しては第二次世界大戦のイメージがありましたが、KAKEHASHIプロジェクトに参加して実際に来てみると、日本と米国は今ではいちばん親しい同盟国であり、相互に大切な存在であるのだとわかりました。
  • 日本に対する見方が、実際に日本に来てみてずいぶん変わりました。私が想像していたのと違っていました。東京はとても発展していてたくさんの人が集まっているにもかかわらず、町全体はきれいで、ほとんどゴミもありませんでした。また日本人は魚を多く食べていると思っていましたが、そうではありませんでした。日本にいる間は鶏肉を食べる機会も多く、とてもおいしかったです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私は侍がいた江戸時代の歴史についてもっと知りたいと思います。また、桂小五郎、高杉晋作、坂本龍馬などについても知りたいです。幕末について勉強したいと思っています。
  • 日本の宗教、ファッションカルチャーはどこから影響をうけているのか、いろいろな食べ物、日本が清潔な理由などについてもっと知りたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は高校を卒業したらマサチューセッツ工科大学に進学したいと思っており、さらに留学する機会があればぜひ日本で勉強したいと思います。それは、日本の学校の雰囲気がわかっているし、もう一度来た時には、家に帰ったように懐かしく感じられると思うからです。
  • 私が日本で経験したこと、エスコートガイドやホストファミリーから教えてもらったこと、お寺や博物館など訪れた場所のことを周りの人に話そうと思います。そうすれば、私の友達も日本の歴史や文化に興味を持つと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 日本に来られたことは、私の人生で最高の経験でした。いろいろなところを訪問して写真を撮ったり、新しい友だちがたくさんできました。一番よかったことは、同年代の日本の学生と交流できたことです。この交流のおかげで日本語をもっと勉強し、日本文化をさらに理解しようという気持ちが強くなりました。
  • このプロジェクトに参加する前は、両親と一緒ではなくひとりで海外に行くことが不安でしたが、実際に来てみてこの10日間は一生思い出に残るものとなりました。学校交流は、日本の文化や生活を知るために素晴らしい経験でした。ホームステイも忘れられない経験です。ホスト・ファザーはとても親切で、さよならを言う時はつらかったです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る