KAKEHASHIプロジェクト / 2014年5月実施の招へい事業(米国日系人青年招へいプログラム)米国日系人青年短期招へい 第1陣

2014年5月実施の招へい事業

米国日系人青年短期招へい 第1陣

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館 (日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

国際交流基金関西センター(和太鼓体験)の写真
国際交流基金関西センター
(和太鼓体験)

東映京都撮影所(地方の産業理解)の写真
東映京都撮影所
(地方の産業理解)

同志社大学(学校交流)の写真
同志社大学
(学校交流)

伏見稲荷(日本の歴史・文化理解)の写真
伏見稲荷
(日本の歴史・文化理解)

東福寺(日本の歴史・文化理解)の写真
東福寺
(日本の歴史・文化理解)

舞扇堂(地方の伝統技術体験)の写真
舞扇堂
(地方の伝統技術体験)

祇園(地方の歴史文化理解)の写真
祇園
(地方の歴史文化理解)

春光院(座禅と抹茶体験)の写真
春光院
(座禅と抹茶体験)

金閣寺(日本の歴史・文化理解)の写真
金閣寺
(日本の歴史・文化理解)

二条城(日本の歴史・文化理解)の写真
二条城
(日本の歴史・文化理解)

皇居(日本の歴史・文化理解)の写真
皇居
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治学院大学歴史資料館(日本の歴史・文化理解)の写真
明治学院大学歴史資料館
(日本の歴史・文化理解)

泉岳寺(日本の歴史・文化理解)の写真
泉岳寺
(日本の歴史・文化理解)

明治学院大学(学校交流)の写真
明治学院大学
(学校交流)

舞岡公園(日本の自然文化理解)の写真
舞岡公園
(日本の自然文化理解)

JICA横浜 海外移住資料館(日本の歴史・文化理解)の写真
JICA横浜 海外移住資料館
(日本の歴史・文化理解)

日本アイ・ビー・エムの写真
日本アイ・ビー・エム

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 私にとって日本を魅力的にしているのは、親切な人々、とてもおいしい食事、そして東京のような近代的な大都市でさえも緑が多いという事だと思います。日本の強みはいろいろありますが、素晴らしい科学技術産業や、多くの人が「自分がして欲しい」と思うように他人に接していることなどです。
  • 日本は伝統文化と近代的技術が独特に交ざりあっていて、これが日本をとても魅力的にしていると感じました。たとえば伝統的な価値観がとても強く、礼儀正しく、また細部にまで気を配り、最高のおもてなしをしてくれます。その一方で近代的な便利さや技術革新によって高い生活水準も保っています。このように日本は伝統を大切にしつつも近代的な視点を持つことで発展し、かつ魅力ある国になっていると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加する以前、私の日本に関する知識は大衆文化、特に近代ハリウッド映画から得たものばかりだったため、日本についてはある種の固定観念を持っていました。しかしKAKEHASHIプロジェクトに参加したことで日本の人々、文化、経済に対する理解が深まり、ハリウッド映画から来るありきたりな固定観念ではなく実際の経験から得た知識に変えることができました。
  • KAKEHASHIプロジェクトで来日する前、私は「日本とアメリカは大きく違うものだ、自分は日本人とは全く違う人間だ」と思っていました。しかしKAKEHASHIプロジェクトに参加してたくさんの人に会い、様々なところを訪問し、私と日本に住む人々はあまり違わないということに気が付きました。私たちは同じ音楽を聞き、似たような経験をし、同じような価値観を持っているのです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 米国に帰国したら日本についてもっとたくさんのことを学びたいと思っています。中でも一番勉強したいのは日本語です。日本語は美しい上に、日本について理解するのに役立つと思います。また、私はいつか日本に留学をしたいと考えています。そのため日本語が出来ればより多くの経験ができ、より活発な交流をすることができると期待しています。
  • 私は今回訪問した東京や京都だけでなく、もっとたくさんの日本の地域について、特に郊外や農村地域について学びたいと思っています。東京などの大都市が短期間に急速に発展してきた中で、郊外や農村・田園地域はどのように変化してきたのか、さらにこういった地域の現在とこれからについて考えることに興味があります。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • KAKEHASHIプロジェクトのような学生のためのプログラムをボランティアとしてサポートをしたいと考えています。また、日本についてよりよい理解を得られたので、友人、同僚、知り合いに、研究や旅行の対象としてもっと日本を紹介していきたいと思います。
  • 米国と日本の関係を促進させる方法はいろいろあると思いますが、私は日本の強みや魅力についてもっと学ぶための経験・体験が必要だと感じました。そこで米国と日本の関係について大学で学び、日系米国人市民連盟などの活動に協力して、日米のつながりを強化する国際プログラムに参加したいと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトに参加して、私は将来日本に住みたいと思うようになりました。「日本に戻ってくるために何ができるか」を考えています。
  • KAKEHASHIプロジェクトは、私が「日系人である」ということに対する強い自信を持つことができた初めての機会でした。一つ一つのプログラムで日本の文化、伝統、価値観について今までよりもっと理解することができました。今回の訪問で日系人としての誇りを増すことができました。帰国後は、より多くの日本的な行事、生活様式をしっかりと取り入れていきたいと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る