ノース・コブ高校

2014年6月実施の招へい事業(沖縄プログラム第1陣)

ノース・コブ高校(ジョージア州)

日程 : 2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

沖縄県立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城(日本の歴史・文化理解)の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

識名園(日本の歴史・文化理解)の写真
識名園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立普天間高等学校(学校交流)の写真
沖縄県立普天間高等学校
(学校交流)

ホームステイ対面式の写真
ホームステイ対面式

ホームステイの写真
ホームステイ

嘉数高台公園(日本の自然文化理解)の写真
嘉数高台公園
(日本の自然文化理解)

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問
 

平和祈念公園(日本の歴史・文化理解)の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の文化はすばらしいと思います。日本人はとてもフレンドリーで、一緒にいてくつろいだ気持ちにさせてくれます。日本はとても安全な国なので、気持ちよく過ごすことができました。
  • 様々な場所への訪問や違った文化の体験など、とても楽しみました。生活や技術進歩に関して言えば、日本はたくさんの強みを持っていると思います。技術や文化は奥が深くとても興味深いものだと思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本人がとても親切な人たちで、初対面の人であっても気持ちよく受け入れてくれるということを知りました。彼らのさりげない笑顔ひとつで大きく心を動かされます。今回の経験がなかったら、たくさんの日本人がこんなにも楽しい人たちで外国人に対して親切だということがわからなかったと思います。
  • 日本は人口密度 が高い にもかかわらず、街がとてもきれいだということを実感しました。日本人は想像していた以上にフレンドリーで、もしかすると多くの米国人よりもフレンドリーかもしれません。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 琉球王国や王家についてもっと学びたいと思っています。今回の滞在で学んだことは、ほんの一部だったと思っています。
  • 幕藩体制がどのように成立したかなど、歴史を学びたいと思っています。また今回の滞在で今後も日本語の勉強を続けようという気持ちになりました。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 大学在学中の早い時期に 留学をしようと考えています。そして卒業後はJETプログラムに参加したいと思っています。
  • 今後も日本語の勉強を続け、将来は仕事で日本にまた来たいと思っています。今回知り合ったホストファミリーとは今後も連絡を取り合うつもりです。そして日本の音楽、テレビ番組、ゲーム、マンガなども今まで通りに楽しみたいと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 最も楽しかったのはホームステイです。皆私がリラックスして心地よく過ごせるよう気を配ってくれたので、ホストファミリーの家に着くなりくつろいだ気分になれました。ホームステイ中に家族や友人たちとの夕食会に連れて行ってもらい、そこで料理をしたりおしゃべりをしたりしました。皆私のことを家族の一員のように受け入れてくれました。おいしい料理を食べ、大いに笑い、家族のことをいろいろと知ることができました。この経験を通して私は日本の文化や日本人の生き方を知ることができました。
  • KAKEHASHIプロジェクトの内容はすばらしいものでした。この経験を一生忘れることはないでしょう。生涯の友と呼べる友達もできましたし、たくさんのことを学び、多くのことを見ることができました。初めての食べ物に挑戦し、最新のファッションを見ることができました。中でも私が一番楽しんだのは、沖縄の音楽や神社仏閣などの文化体験です。私は将来JETプログラムに参加するかどうかを決める前に、 一度は日本に来たいと思っていたのですが、今は心が決まりました。絶対に参加するつもりです。どうもありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る