スノーデン国際高校

2014年6月実施の招へい事業(沖縄プログラム第1陣)

スノーデン国際高校(マサチューセッツ州)

日程 : 2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

沖縄県立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城(日本の歴史・文化理解)の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

識名園(日本の歴史・文化理解)の写真
識名園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立知念高等学校(学校交流)の写真
沖縄県立知念高等学校
(学校交流)

ホームステイの写真
ホームステイ

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問

嘉数高台公園(日本の自然文化理解)の写真
嘉数高台公園
(日本の自然文化理解)

平和祈念公園(日本の歴史・文化理解)の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮(日本の歴史・文化理解)の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

原宿(クールジャパン理解)の写真
原宿
(クールジャパン理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は米国に比べると面積も人口も小さな国であるにもかかわらず 、こんなにも多様な文化が存在するとは知りませんでした。例えば 沖縄には、沖縄独特の歌や踊り 、花があり ます。 それが日本の他の地域とは異なったアイデンティティをもたらしています。
  • 日本の強みは組織力だと思います。あらゆることが秩序立っていて入念に計画されているので、全てがとてもスムーズに行われます。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私はいつも日本が好きでした。そして、この旅行で私のその気持ちは全く変わりませんでした。沖縄のホストファミリーは私が思っていた通り、礼儀正しくそして愛情を持って迎えてくれました。
  • 日本とその伝統について、見方が大きく変わりました。以前は 日本といえば技術が全てで、伝統文化には日常生活で大きな役割はないと思っていました。しかし、私の考えは間違っていました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私はもっと日本の伝統的な文化について知りたいです。ホストファミリーが「おきなわワールド」という施設に連れて行ってくれたときには伝統的な太鼓のパフォーマンスを見ました。それはとても魅力的で、そのリズムが大好きになりました。日本のいろいろな土地の文化の違いについてもっと知りたいと思います。
  • アメリカに帰国したら、日本について もっと学びたいと思います。この旅行で日本についてたくさん学んだと感じていますが、まだまだ学ぶことがたくさんあります。再び日本を訪れた時に日本のみなさんと もっとコミュニケーションが取れるように、日本語の勉強を始めたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 帰国したら家族や友人、その他の周りの人々に私の日本での経験について話します。そしてSNSに日本がどれだけ美しい国であるかが分かる私のお気に入りの写真を載せます。日本の強みや魅力への理解を深めるために、本を読んだり、ホストファミリーをはじめとする日本の人と話したり、そしてできればまた実際に体験することによってもっと学んでいきたいと思います。
  • ホームステイ以外でも何人か友達ができたので、アメリカに帰国してからも連絡をとり続けたいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトでの経験は決して忘れられないものです。ホームステイは日本の文化を体験し日本語を実践できるとても素晴らしい時間でした。地球の 反対側にある 日本にやってきて、日本に対する新しい考え方が生まれました。異なる食べ物や文化について誰もがもっと学んだ方がいいと思いました。
  • 素晴らしい時間を過ごすことができました。日本に来て夢がかないました。日本は、私が期待していた通り、いえ、それ以上のところでした。人生で最高の経験ができました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る