TAFアカデミー高校

2014年6月実施の招へい事業(沖縄プログラム第1陣)

TAFアカデミー高校(ワシントン州)

日程 : 2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 26名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問

沖縄県立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城(日本の歴史・文化理解)の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

識名園(日本の歴史・文化理解)の写真
識名園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立向陽高校(学校交流)の写真
沖縄県立向陽高校
(学校交流)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

嘉数高台公園(日本の自然文化理解)の写真
嘉数高台公園
(日本の自然文化理解)

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問
 

平和祈念公園(日本の歴史・文化理解)の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館(日本の歴史・文化理解)の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂(日本社会理解)の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮(日本の歴史・文化理解)の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 私は今回の日本滞在で、日本の強みと魅力は日本人の人柄とその文化だと感じました。私が出会った人々は皆親切で、困っていれば助けてくれ、思いやりのある人たちでした。
  • 日本の強みは伝統文化を大切にしながら現代的技術も取り入れ、強い経済力と文化力のある国を作り出す能力だと思います。日本の魅力は日本人の人との関わり方と雰囲気です。人々は礼儀正しく親切で、彼らとの出会いは私の日本での経験を素晴らしいものにしてくれました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私はこのプロジェクトを通して、これまで知らなかった多くの新しいことを学びました。特に江戸時代について、そして沖縄戦で何が起きたかが印象的でした。私の考え方は今回学んだことによって、大きく変わりました。
  • 私は、日本はいつも寒い国だと思っていたのでこんなにも温かい国だとは知りませんでした。また、人々がこんなにも礼儀正しい国だとは思っていませんでした。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 米国に帰ったら伝統工芸品、伝統儀式、寺社などのような日本の歴史的なものについてもっと学びたいです。ただ日本語を理解するのではなく、より深く文化を理解できるようになることを目指します。
  • 米国に帰ったら、今よりもっと日本語をうまく話せるように勉強したいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は帰国したら日本がどんなに素晴らしかったかを周りの人に伝えたいです。また写真を見せて、日本にあるものがどんなに美しかったか、知ってもらうようにします。
  • 私は日本語の勉強を続けて、今年の夏にManga Languageとよばれるプログラムに参加するつもりです。また、沖縄の歴史に関する本を探すためにシアトルのインターナショナルディストリクトに行こうと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 日本ではどんなことも楽しむことができました。朝早く起きることですら、好きでした。「私は今日本にいるのだ」と考えるだけでじっとしていられず、起きたいと思ってしまうからです。ホームステイでは、日本文化を更に身近に感じることができました。
  • 日本でのすべての経験を、心から楽しむことができました。もっと長く日本にいられたら良いのにと思っています。ホストファミリーもとても良い人たちでした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る