KAKEHASHIプロジェクト /ウィンストン・チャーチル高校/ジョンソン高校(テキサス州)

2014年7月実施の招へい事業(沖縄プログラム 第2陣)

ウィンストン・チャーチル高校/ジョンソン高校(テキサス州)

日程 : 2014年7月14日~24日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立豊見城高校の写真
沖縄県立豊見城高校
(学校交流)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

沖縄県立博物館の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

ホームステイ対面式の写真
ホームステイ対面式
 

ホームステイの写真
ホームステイ
 

嘉数高台公園の写真
嘉数高台公園
(日本の歴史・文化理解)

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問
 

平和祈念公園の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

原宿の写真
原宿
(クールジャパン理解)

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強さは「私たち」の国であることです。「一つより二つがよい」という言い習わしが示すように、日本の人々は他の人との結びつきを持っています。このことわざは、まさにその通りだと思いました。
  • 日本には神社仏閣、海、博物館などたくさんの人を惹きつけるさまざまな魅力があります。日本が現代社会で技術力を駆使していることは明らかであり、とてもすばらしいと思います。そして日本の人々も日本を強いものにしています。日本人は礼儀正しく、他の人がより心地よくなるように一生懸命尽してくれます。人々と共存する多様な日本文化と科学技術が日本をとても魅力的な国にしていると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私は来日前、日本をマンガ、アニメ、音楽などのポップカルチャーの側面だけから見ていました。しかし今では日本の家庭生活や謙虚さの文化をありのままに見ることができています。私の日本に対する見方は、空想的だったものから現実的なものへとなりました。これまで以上に私は日本を愛し、尊敬し、この国と関わることができました。
  • 来日前、私は日本がとても伝統的で保守的な国だと思っていました。しかしこのプロジェクトに参加できたおかげで、日本はとても創造的な国だとわかりました。住んでいる人たちは自分の国のことを大切にしています。それぞれの日本人は、日本の誇りである国を愛するという共通価値のもと、一つに結ばれています。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 米国に帰ったら日本の各県のさまざまな伝統や風習について学びたいと思います。沖縄が日本の他の場所とはまったく違う歴史をもっていると知りとても驚いたので、日本の各県の習慣についてもっと勉強したいです。
  • 日本の歴史と古い文化についてもっと深く知りたいと強く思います。以前は芸術分野に興味を持っていましたが、今は昔の日本、特に江戸時代に惹かれています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本語と日本の文化に興味をもっている人たちに、私の日本を愛するこの気持ちをぜひ伝えたいです。大学で英文学を専攻し、JETプログラムに参加できるように日本語を上達させたいと思っています。私の夢は、日本学生のための英語教師になることです。
  • 米国の人々が日本の本当の姿を深く理解できるように、私の日本での経験が発信され、それが人々の記憶に残り、また別の人に伝わっていくように尽力したいと思います。日本に対してステレオタイプなイメージを持っている人は多いですが、そのような人たちに対して、誤解し続けるのではなく本当の日本の姿を理解してもらうことを、私の目標としたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私は信じられないほどすばらしい経験をしました。おいしい家庭料理を味わうことができたばかりでなく、実際の日本の高校生活も体験できました。ホストファミリーと一緒に過ごした時間はとても楽しく、最後にはお別れしたくないほどでした。ホームステイはKAKEHASHIプロジェクトの中で間違いなく一番すばらしいプログラムだと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加することよって、外国はそれほど恐れるところではなく、受け入れてもらえるところであることがわかりました。今回の訪日で親友や仲間とのつながりができ、すでにまた会いたいと思っているほどです。日本で出会った人たちはとても親切で、一人ひとりにきちんとお返しすることはできないでしょう。このようなすばらしい経験ができてとても感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る