KAKEHASHIプロジェクト /パトリック・ヘンリー高校(カリフォルニア州)

2014年7月実施の招へい事業(沖縄プログラム 第2陣)

パトリック・ヘンリー高校(カリフォルニア州)

日程 : 2014年7月14日~24日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立博物館の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

首里城の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立那覇国際高校の写真
沖縄県立那覇国際高校
(学校交流)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問
 

平和祈念公園の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

原宿の写真
原宿
(クールジャパン理解)

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本はとても安全で、リラックスすることができました。日本の長所は、友達・同僚・ボランティアの人々・自然など、自分たちのまわりにある全ての人・ものへの強い思いやりの気持ちだと思います。このプログラムで印象的だったのは沖縄平和祈念公園・資料館において学んだ、沖縄の人々が悪夢のような戦争体験を通じて今もなお、よりよい世界を築くための努力を続けていることです。 また日本は過去の過ちを繰り返さないという強い意思を持つ国であるだけでなく、沖縄では人々が海などの自然には魂が宿ると信じていることが印象的でした。ホストファミリーと訪れた沖縄美(ちゅ)ら海水族館では、「美(ちゅ)ら」が美しいという意味であることを知りました。つまり「美(ちゅ)ら海」とは美しい海という意味であり、日本人が自分たちのまわりの環境にいかに誇りをもっているかを示していると感じました。
  • 日本が豊かな文化をもっていることが、このプログラムを通じてよくわかりました。にぎやかで刺激的な東京と、美しい南国の沖縄は完璧な組み合わせで、本当の日本を体験することができました。日本の強みは秩序と忍耐強さを伴った文化であり、それは学校交流やホームステイプログラムを通じて知ることができました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本はとても工業化が進んだ国というイメージをもっていました。しかし実際に来てみると、日本人は自然を大事にしており、フレンドリーな人々であることがわかりました。他国とは異なる日本人とその文化の独自性は、日本の歴史によって育まれたことがわかりました。
  • 今回の滞在を通して、日本の文化や人々の生活対する見方が変わりました。日本には多くの伝統がいまもなお残っており、人々は昔からのお祭りを祝ったりします。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 帰国後は日本の島々やその他の地域について学びたいです。私たちが訪れたのは沖縄と東京のみでしたので、帰国後は今回訪れることができなかった地域についてさらに学びたいです。
  • 日本とのビジネスの可能性について学び、日本と貿易を行う糸口となれるよう、日本語に一層みがきをかけたいと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 自分が経験したことをみんなに話し、伝えたいとおもいます。受入れをしてくれた日本の生徒とも連絡を取り合います。今後は大学に入ってJETプログラムに参加し、日本の子供たちの先生となり、その後米国に戻ってから、米国人生徒の先生になりたいと思っています。
  • 帰国後はこの日本の経験について大いに宣伝するつもりです。日本の写真を見せたり日本から持って帰ってきたお土産を配ったりしながら、家族や友達にたくさんのことを話そうと思っています。また私は歴史好きなので、日本の歴史についてのミニ講座を開催する予定です。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプログラムを本当に楽しむことができました。このプログラムでなければ決して見ることのできない日本の様々な側面を見ることができたと感じています。ホームステイでは、実際の日本について多くを学ぶことができ、日本のイメージが変わりました。
  • ホームステイと学校交流はまぎれもなく最高の経験でした。ここで築いた絆と思い出のおかげで、日本は私の第二の故郷となりました。日本を決して忘れることはないでしょう。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る