KAKEHASHIプロジェクト /レイクス高校(ワシントン州)

2014年7月実施の招へい事業(沖縄プログラム 第2陣)

レイクス高校(ワシントン州)

日程 : 2014年7月14日~24日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立博物館の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立八重山高等学校の写真
沖縄県立八重山高等学校
(学校交流)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

嘉数高台公園の写真
嘉数高台公園
(日本の歴史・文化理解)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

沖縄県平和祈念資料館の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問

平和祈念公園の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

明治神宮の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

原宿の写真
原宿
(クールジャパン理解)

国会議事堂の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みは、日本人がとても親切で平和を愛し、地域のために大きな貢献をしている点だと思います。もちろん美しい景色、驚くほどおいしい食べ物、最先端を行く電子機器といったものも、日本の魅力だと思います。
  • 日本の強みは、他人へ敬意を払う心と責任感だと思います。高校生でさえも毎日の学校掃除等を通して責任感を身に付けます。また他者や自然、自分の地域社会に敬意を示す心も、日本では重視されています。きれいな道路、礼儀正しく暖かく迎えようとしてくれる人々、そして沖縄県平和祈念公園等は、敬意を大事にする日本の姿勢を示していると思います。日本の魅力は、豊かな文化、見事な建築物、親切な人々です。暖かく親切な数多くの日本人と出会い、実にすばらしい建築物を目の当たりにし、そしてとても興味深い文化に触れることができ、とても幸せです。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 参加前は日本が高い技術を持っており、非常に発展した国だということぐらいしか知らなかったのですが、日本の文化を実際に経験し、日本人が日本の文化をとても大事にしていることを体で感じることができました。今では日本の文化や祭についての理解がとても深まったと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加して、日本に対する見方が劇的に変わりました。日本には今でも息づいている伝統的慣習が数多くあることを学びました。自分たちの文化を心から大事にしている人がたくさんいること、それ自体が素晴らしいと思います。日本人は私たちを暖かく迎えてくれ、人生最高の体験をさせてくれました。日本は世界中の多くの人々の関心をひく、実にすばらしい国だと思います。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の技術や歴史についてもっと調べてみたいです。多くの博物館を見学し、日本の技術革新についてもっと学びたいという気持ちが高まりました。そして、日本の豊かな歴史についてももっと調べていこうと思います。
  • 日本語については、国際交流基金のオンライン日本語講座(「エリンの挑戦」)を活用して日本語を学びたいです。ホームステイを受け入れてくれた生徒とその家族と連絡をとっていきたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 帰国後日本の魅力や強みに対する理解を深めるためにやろうと思っていることは、アメリカの人々の認識を高め、日本に対するステレオタイプなイメージを打開し、日本で私が実際に見て、感じた日本の真実の姿を伝えることです。
  • 私は今回の日本での経験を周りに伝えます。そして、ホストファミリーと連絡を取り続けようと思っています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトでは、日本の文化や文明、日本人についてとても多くのことを学びました。このプロジェクトは、僕の人生でもっともすばらしい経験のひとつです。仲間と一緒に多くの博物館を訪れ、日本の過去や現在だけでなく、未来についても学びました。ホームステイ体験では日本文化を直に体験できました。また、米国にいたら絶対食べないような食べ物にも挑戦し、学校訪問で交流した高校生たちとは一生忘れられない友情を結びました。この友情のおかげで僕の日本滞在経験はとてもすばらしいものになりました。これからもこの友情を育んでいきたいと思います。
  • 日本のファンである私にとって、アニメを通してだけではなく、より広い視点で日本文化を見ることができたのは刺激的でした。このプロジェクトを通じて多くのことを学び、どこに行ってもとても暖かく迎えてもらえました。日本では心を広く持つようになり、私にとっては初めての食べ物や慣習にも挑戦したいと思うことができました。特によかったのは、ホームステイです。ホストファミリーは本当に短い間に私の家族になりました。初めて会った人たちからこんなに愛を受けたことは今までありません。このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る