KAKEHASHIプロジェクト /ロナルド・レーガン高校(テキサス州)

2014年7月実施の招へい事業(沖縄プログラム 第2陣)

ロナルド・レーガン高校(テキサス州)

日程 : 2014年7月14日~24日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立博物館の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

沖縄県立開邦高校の写真
沖縄県立開邦高校
(学校交流)

ホームステイの写真
ホームステイ
 

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問
 

平和祈念公園の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄平和祈念資料館の写真
沖縄平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

原宿の写真
原宿
(クールジャパン理解)

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強さと魅力は、日本人の真摯に働く姿勢と、彼らがフレンドリーであることです。このような特性があるので日本人は意志疎通がうまく出来るし、将来もすばらしい活躍をすると思います。協同作業は進歩・発展に欠かせないことなので、日本人は将来に向けてしっかり準備が出来ていると思います。
  • 日本の強みは、日本人の働きぶりや深い理解力にあると思います。今回のプログラムを通して、たくさんの人に出会い、友だちになりましたが、みな親切で思いやりがありました。日本の魅力は、お寺、神社そして人々の信仰心です。もう一つの強さは、過去の苦しい時代を乗り越えて、立派に都市を再興していることです。彼らは立ち上がり、偉大で強い国になりました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今回の訪日で日本に対する考えは大きく変わりました。来日して、日本と米国の文化の違いについて深く理解できるようになりました。ホームステイをして日本の生活を経験し、生活スタイルで米国との相違点を発見しました。
  • このプロジェクトを通して、私の日本に対する見方はより評価の高いものになりました。これまでも日本の文化や歴史、そして日本語に興味を持っていましたが、さらに、そして強く興味を持つようになりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本経済についてもっと学びたいと思っています。環境問題についても知識を深めたいです。また日本は島国なので、資源はどのように確保しているのかも知りたいですし、貨幣の流通についても興味があります。
  • 米国に帰ってから、日本の文化、習慣についてもっと勉強したいです。米国と日本の関係や、両国の相違点、類似点についてもっと知りたいです。日本語ももっと勉強し、会話力を向上させたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私が経験したことについて、家族、友だち、学校の仲間、そして今回の訪日で私が得た情報が役に立つと思われる人たちと共有したいと思います。今回の経験がこれから私の勉強、仕事の可能性に役立つだろうということを話します。訪日前の私のような日本に関心を持っている人には、有意義な話になると思います。
  • 日本の強さと魅力についてもっと深く知るために、今回の訪日で直に経験した素晴らしさを共有する機会を出来るだけ多く持ちたいです。それだけでなく、学校の中で日本文化や歴史を勉強するクラブを立ち上げたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトでは素晴らしい経験をしました。新しい世界へ私の眼を開かせてくれましたし、私の実践的な日本語レベルをはかることもできました。ある程度は日本語で意思疎通を図ることが出来ましたが、期待していたほどではありませんでした。日本についてもっと勉強したいという気持ちが改めて湧き上がってきました。なぜならば、日本は行ったこともない遠い国という存在ではなくなり、日本は行ったことがありもう一度行きたい国になったからです。
  • 今回の訪日での経験は素晴らしいものでした。これほど多くの歴史的場所に行けるとは思っていませんでした。またホストファミリーに会う前はとても緊張していましたが、打ち解けてからの時間は本当に楽しいものでした!将来再びこの美しい国を訪れたいと、強く願っています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る