KAKEHASHIプロジェクト /サンディエギト・アカデミー高校(カリフォルニア州)

2014年7月実施の招へい事業(沖縄プログラム 第2陣)

サンディエギト・アカデミー高校(カリフォルニア州)

日程 : 2014年7月14日~24日
地方訪問先 : 沖縄
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県立那覇高等学校の写真
沖縄県立那覇高等学校
(学校交流)

沖縄県知事表敬訪問の写真
沖縄県知事表敬訪問
 

沖縄県立博物館の写真
沖縄県立博物館
(日本の歴史・文化理解)

首里城の写真
首里城
(日本の歴史・文化理解)

ホームステイ対面式の写真
ホームステイ対面式
 

ホームステイの写真
ホームステイ

在沖縄米国総領事公邸訪問の写真
在沖縄米国総領事公邸訪問

平和祈念公園の写真
平和祈念公園
(日本の歴史・文化理解)

沖縄県平和祈念資料館の写真
沖縄県平和祈念資料館
(日本の歴史・文化理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

明治神宮の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

外務省表敬訪問の写真
外務省表敬訪問
 

原宿の写真
原宿
(クールジャパン理解)

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

国会議事堂の写真
国会議事堂
(日本社会理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みは、結びつきの強い社会と豊かな文化だと思います。日本には、魅力的なものがたくさんありますが、そのなかでも特筆すべきものは、おもてなしの心だと思います。日本人は私達を心から歓待してくれます。日本人の家庭に滞在するのは楽しかったです。
  • 日本は大変魅力的だと思います。日本文化は非常に興味深く、観光や生活にいたるまですべてにおもてなしの心が浸透しているからです。日本独特の強みは、社会全体に行き届いている秩序だった、協力的な雰囲気だと思います。これが効率的で肯定的な環境を生み出し、より良い国を築いていると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今回の訪日で日本について学ぶまで、私の日本に対する知識は、性能の良い車と優れたサービスでした。また日本といえば、アニメ、漫画、可愛らしいふわふわしたものを思い浮かべていました。しかし沖縄戦について学び、博物館を訪問し、様々な講義を聴いたあとは、日本に対する認識が大きく変わりました。日本は単にかわいらしくふわふわとしているだけの国ではなく、困難を乗り越え、それまで起きてきたことを克服して立ち直ってきた国なのです。私は、このような過去を経験したにもかかわらず、日本とそして日本人は誰に対しても親切なことに大変感動しました。
  • いくつかの博物館を訪問したことで、様々な視点から日本の歴史を学ぶことができました。人間はさまざまな国と(特に米国と)の絆を強めたいと切に考えており、過去を忘れず、過去の出来事を後世に残していくことを理解しました。ホームステイでは、日本の家族の行事や交流のしかたが米国とよく似ていることに驚きました。たとえば、ホームステイ初日に皆でテレビゲームをしましたが、ホストファミリーはとても友好的で堅苦しくない雰囲気でした。このプログラムを体験するまでは、日本人はもっと厳しく、型にはまった感じかと思っていました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私は日本語の勉強を継続し、日本の外交関係の歴史についても学びたいと思います。何故なら日米間の関係が強化されることは、世界の国々の継続的な平和構築にもつながるからです。
  • 次に日本へ戻ってきた時、出会った人とコミュニケーションを取ったり、ちゃんと理解ができるようにしっかりと日本語を勉強したいです。また、日本の歴史や文化についても学びたいと思います。日本の文化はとても興味深く、アメリカの文化と大きく異なっているからです。日本の文化はみんなの幸せについて考えたり気にかけたりする文化であると思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は日本語学習を継続し、日本文化や政治についても学びたいと思います。そして将来的には教育する側の立場に立ち、より多くの米国人が日本についての関心をもつように情報発信をしたいと思います。学習を重ねて努力し、できることなら外交官を目指します。難しいとは思いますが、それが私の夢です。日本と共に、日米関係のために働きたいです。当面は私の学校のJNHS(National Honors Society for Japanese)の会長を務め、日米間の重要な関係について地域社会の教育に携わりたいと思います。今回知り合いになった日本人の友人とずっと連絡を取り合いたいと思います。
  • 私は友人や家族に私の経験について話し、日本を訪れるように説得します。私は平和が幸福な社会の鍵であるということを発信したいと思います。大学でも日本語をさらに学習したいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 今回の訪日はとてもよかったです。日本の様々な美術館や観光名所を訪問するのはとても面白かったです。特によかったのが、ホームステイです。日本人の学生とそのご家族に出会えたことで、このプログラムがとても楽しいものになりました。このホームステイで培った友情は生涯の宝になると思います。プログラムが瞬く間に終わってしまい残念ですが、今度は日本人の学生を私が米国に招待し、そしてまた日本を訪問することを楽しみにしています。
  • 今回のプログラムは日米関係を向上させるという点だけでなく、私にとっては日本文化を学ぶという点においても良いプログラムでした。また、友達ができその後も交流が続くという素晴らしい機会を得ることができました。このような経験をすることができ幸運だったと思います。生涯忘れることの出来ない思い出となると思います。ありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る