KAKEHASHIプロジェクト / カトーバ カレッジ(ノースカロライナ州)

2014年6月実施の招へい事業

学生クリエーター交流
カトーバ カレッジ(ノースカロライナ州)

日程 :
2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 :
石川(金沢)
参加人数 :
13名

プログラム記録写真

オリエンテーション(津軽三味線演奏家浅野祥氏による邦楽レクチャーデモンストレーション)の写真
オリエンテーション
(津軽三味線演奏家 浅野祥氏による
邦楽レクチャーデモンストレーション)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

東京芸術大学大学交流1の写真

東京芸術大学 大学交流

東京芸術大学大学交流2の写真
東京芸術大学 大学交流

東京芸術大学大学交流3の写真
東京芸術大学 大学交流

輪島裕介氏によるJ-POPレクチャーの写真
輪島裕介氏によるJ-POPレクチャー

国立劇場で歌舞伎鑑賞(日本文化理解)の写真
国立劇場で歌舞伎鑑賞
(日本文化理解)

卯辰山工芸工房藍染体験(地方文化理解)1の写真
卯辰山工芸工房 藍染体験
(地方文化理解)

卯辰山工芸工房藍染体験(地方文化理解)2の写真
卯辰山工芸工房 藍染体験
(地方文化理解)

卯辰山工芸工房藍染体験(地方文化理解)3の写真
卯辰山工芸工房 藍染体験
(地方文化理解)

ひがし茶屋街(地方文化理解)の写真
ひがし茶屋街
(地方文化理解)

兼六園(地方文化理解)の写真
兼六園
(地方文化理解)

金沢能楽美術館(地方文化理解)の写真
金沢能楽美術館
(地方文化理解)

武家屋敷跡野村家にて抹茶体験(地方文化理解)の写真
武家屋敷跡野村家にて抹茶体験
(地方文化理解)

武家屋敷跡野村家(地方文化理解)の写真
武家屋敷跡野村家
(地方文化理解)

金沢美術工芸大学大学交流1の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

金沢美術工芸大学大学交流2の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

金沢美術工芸大学大学交流3の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

金沢美術工芸大学大学交流4の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

日本デザイン振興会1の写真
日本デザイン振興会

日本デザイン振興会2の写真
日本デザイン振興会

明治神宮(日本の歴史・文化理解)1の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

明治神宮(日本の歴史・文化理解)2の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

マーティ・フリードマン氏によるJ-POPレクチャーの写真
マーティ・フリードマン氏によるJ-POPレクチャー

報告会1の写真
報告会

報告会2の写真
報告会

報告会3の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 私にとっての日本の魅力は、とても親切で、おもてなしの心を持つ日本の人々、とても清潔に維持されている街の環境、お互いに他者を敬う文化、そして日本の伝統音楽です。日本の伝統音楽は決定的に美しく、恋に落ちました。
  • 日本の強みは伝統的なマナーと音楽で、魅力は美しい植物や緑です。

2.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 来日前は日本についての知識はほとんどありませんでしたが、今は日本について多くの事を知るようになりました。日本を大変好きになりましたし、いつか日本に住んでみたいとさえ思うようになりました。
  • 私は来日前から日本について良い印象を持っていましたが、こうして日本を体験したことで、私の日本についての印象は更に良いものとなりました。私は日本、そして日本文化が大好きです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 音楽(J-POP)、日本語、さらに日本の文化について、もっと調べてみたいです。
  • 日本語を学んで日本語のエキスパートになり、3カ国語を操れる人になりたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は帰国したら友人や家族に私の日本での体験について話し、共有しようと思います。そしてそのおもてなしの心にどれだけ感動したかを説明します。
  • 日本で何百枚もの写真を取ったので、この写真を友人や家族と共有するのはもちろんのこと、ソーシャル・メディアにも投稿します。そして日本で経験したこと全てを話し続けることになると思います。話すなと言われても止めるのは難しいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私の日本での経験は本当に奇跡のようなものでした。私はこの旅行で出会った人みんなが大好きです。すべての活動を楽しむことができました。そして音楽、芸術、デザインについても多く学ぶことができました。
  • KAKEHASHIプロジェクトは一生に一度の経験として心に残り続けることになるでしょう。プログラムは大変うまく構成されていましたし、参加後、私の日本文化、景観についての考えを変えるものとなりました。このプログラムに参加する機会を得たことに感謝し、今後も同様の機会が他の人達にも提供されてほしいと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る