KAKEHASHIプロジェクト / シンシナティ大学(オハイオ州)

2014年6月実施の招へい事業

学生クリエーター交流
シンシナティ大学(オハイオ州)

日程 :
2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 :
岐阜
参加人数 :
13名

プログラム記録写真

オリエンテーション(津軽三味線演奏家浅野祥氏による邦楽レクチャーデモンストレーション)の写真
オリエンテーション
(津軽三味線演奏家 浅野祥氏による
邦楽レクチャーデモンストレーション)

オリエンテーション(日本語講座)の写真
オリエンテーション
(日本語講座)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

多摩美術大学大学交流1の写真
多摩美術大学 大学交流

多摩美術大学大学交流2の写真
多摩美術大学 大学交流

株式会社コルグ(企業訪問)の写真
株式会社コルグ
(企業訪問)

国立劇場で歌舞伎鑑賞(日本文化理解)の写真
国立劇場で歌舞伎鑑賞
(日本文化理解)

新幹線で岐阜へ移動の写真
新幹線で岐阜へ移動

真桑人形浄瑠璃体験(地方文化理解)の写真
真桑人形浄瑠璃体験
(地方文化理解)

岐阜正法寺大仏殿(地方の歴史・文化理解)の写真
岐阜正法寺大仏殿
(地方の歴史・文化理解)

美濃和紙あかりアート展(地方の文化理解)の写真
美濃和紙あかりアート展
(地方の文化理解)

美濃和紙の里会館和紙作り体験(地方の文化理解)の写真
美濃和紙の里会館 和紙作り体験
(地方の文化理解)

美濃市うだつの上がる町並み(地方の歴史・文化理解)の写真
美濃市うだつの上がる町並み
(地方の歴史・文化理解)

美濃市うだつの上がる町並み(地方の歴史・文化理解)の写真
美濃市うだつの上がる町並み
(地方の歴史・文化理解)

旧今井家住宅(地方の歴史・文化理解)の写真
旧今井家住宅
(地方の歴史・文化理解)

万松寺(地方の歴史・文化理解)の写真
万松寺
(地方の歴史・文化理解)

大須商店街(地方理解)の写真
大須商店街
(地方理解)

名古屋市立大学大学交流の写真
名古屋市立大学 大学交流

名古屋市立大学大学交流の写真
名古屋市立大学 大学交流

東京駅(日本の歴史・文化理解)の写真
東京駅
(日本の歴史・文化理解)

日本デザイン振興会の写真
日本デザイン振興会

東京国立近代美術館(日本文化理解)の写真
東京国立近代美術館
(日本文化理解)

原宿・表参道(クールジャパン理解)の写真
原宿・表参道
(クールジャパン理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本にはたくさんの強みがありますが、日本人の人柄はその強みの主なものです。もしも日本人が落ち着いていて礼儀正しく、優しく社交的でなかったら、私の日本での経験はまったく違うものになっていたと思います。
  • 日本の強みと魅力は勤勉であることの大切さに対する理解と、社会の一体感がうまく組み合わされていることだと思います。こうした考え方と他者に対する敬意、忍耐力などが小さな子供から大人まですべての人に浸透していることが日本の大きな強みの一つだと考えます。

2.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 来日前の私は、日本人はシャイな人が多いと思っていました。しかし来日後いろいろな日本人と接するようになってからは、日本人は礼儀正しくしようとしている人たちなのだとわかりました。今では、日本は私心のない人たちの国なのだと考えるようになっています。
  • 今回のKAKEHASHIプロジェクトで来日するまで、私は日本に対して伝統的な日本(天皇、サムライ、歌舞伎等)と新しい日本(アニメ、原宿、マンガ等)のニ分した見方をしていました。しかし来日してから日本は2つに分かれているのではなく、年齢に関わらず共有された価値観のある、一つのまとまりのある国であることがわかりました。(例えば年配の人でもアニメが好き!)

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 現在の私は、言葉の壁が日本での課題の一つとなっています。そのため帰国したら日本語を上達できるよう努力します。また日本の工芸品は最高だと思ったので、伝統的な工芸品、近代的な工芸品のどちらも作り方を学びたいです。
  • 日本の職人技、芸術、歴史、工芸について、もっと勉強したいと思います。それらが日本の日常をとても美しいものにしていることに気が付きました。たとえばシンプルなマグカップが見事な手作りのアート・デザイン作品になっています。米国とは違い、日本の歴史は日常生活に深く入り込んでいるので、日本の歴史についてもさらに知りたいと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は何かを理解するために一番よい方法は、まず自分自身で実際に経験することだと考えています。そのため私はできるだけ早くまた日本に来たいと思っています。私たちの引率の教授は日本に数年間住んだ経験があり、教授の日本に対する愛情と知識のおかげで今回の私の経験がより深いものになり、さらに来日前に考えていたよりもずっと楽しいものになりました。教授が私にしてくれたように、日本に対する愛情(または他のものすべて)をいつか私も他の人に伝えたいと思っています。
  • 将来は日本で、できれば多摩美術大学で、デザインの勉強をしたいと思います。それまでの間は、今回出会った日本の学生たちと連絡をとり合って、日本への理解をより深めたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 今回の日本滞在ではとても楽しい経験ができました。教室で教科書を手にしているのではなく私たち自身がいろいろな場所に出かけ、実際に体験し、言葉や生活についてたくさんのことを学ぶことができました。このプログラムのおかげで私たちは日本人でさえあまり訪問する機会がない多くの場所に行くことができました。また用意された食事からも日本人の生活を知ることができました。日本人が何を食べ、どうやって食べるかも実際に見て味わうことができました。
  • たった10日間で日本の様々な文化を経験することができ、KAKEHASHIプロジェクトはとてもすばらしいものでした。このプログラムのおかげで美濃市の伝統的なものから多摩美術大学の創造力に富むデザインまで深い洞察を得ることができました。また引率の教授は私たちが日本の文化にうまく溶け込むことができるように力を貸してくれました。教授とKAKEHASHIプログラムに対して、感謝の気持ちでいっぱいです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る