KAKEHASHIプロジェクト / エル・アイ・エム カレッジ(ニューヨーク州)

2014年6月実施の招へい事業

学生クリエーター交流
エル・アイ・エム カレッジ(ニューヨーク州)

日程 :
2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 :
京都
参加人数 :
13名

プログラム記録写真

オリエンテーション(津軽三味線演奏家浅野祥氏による邦楽レクチャーデモンストレーション)の写真
オリエンテーション
(津軽三味線演奏家浅野祥氏による
邦楽レクチャーデモンストレーション)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

文化ファッション大学院大学大学交流の写真
文化ファッション大学院大学 大学交流

若手ファッションデザイナー(岩田亜希子氏、伴真由子氏)との交流の写真
若手ファッションデザイナー
(岩田 亜希子氏、伴 真由子氏)との交流

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

国立劇場で歌舞伎鑑賞(日本文化理解)の写真
国立劇場で歌舞伎鑑賞
(日本文化理解)

西陣織会館(地方文化理解)の写真
西陣織会館
(地方文化理解)

金閣寺(地方の歴史・文化理解)の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

提灯作り体験(地方文化理解)の写真
提灯作り体験
(地方文化理解)

伏見稲荷大社(地方の歴史・文化理解)の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

二条城(地方の歴史・文化理解)の写真
二条城
(地方の歴史・文化理解)

京都造形芸術大学大学交流の写真
京都造形芸術大学 大学交流

友禅染体験(地方文化理解)の写真
友禅染体験
(地方文化理解)

京都国際マンガミュージアム(クールジャパン理解)の写真
京都国際マンガミュージアム
(クールジャパン理解)

東京駅(日本の歴史・文化理解)の写真
東京駅
(日本の歴史・文化理解)

日本デザイン振興会の写真
日本デザイン振興会

東京国立近代美術館(日本文化理解)の写真
東京国立近代美術館
(日本文化理解)

原宿・表参道(クールジャパン理解)の写真
原宿・表参道
(クールジャパン理解)

報告会1の写真
報告会

報告会2の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強みはその能力と礼儀正しさです。たくさんの小さな最先端の機械がホテルやお店でみられ、それらが私たちの生活を円滑に進めてくれました。また、それらは環境に配慮されたものでもあります。さらに人々も素晴らしく、私はどこに行っても歓迎してもらえました。旅行に行くのにも最高の場所だと思います。
  • 日本は、交通、プロジェクト遂行など多様な面で非常に効率的であると思いました。技術およびイノベーションの部分、特に製品デザインにおいてとても進んでいます。さらに、非常に豊かな歴史を有していて、美しい建築とアートで満ちていると思いました。

2.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本人は良い人たちであると以前から思っていましたが、非常に礼儀正しく思いやりがあることを知りました。日本の景観と歴史は期待していたものとはかなり異なるものでした。米国の学校では日本についてほんの少し学びましたが、今回の訪日では日本の歴史、遺産について理解を深めることが出来ました。自然についても、思っていたよりもかなり雄大で美しいものでした。
  • 私はこのプロジェクトで日本に来るまで、日本のことはあまり良く理解していませんでした。実際に来てみて、日本は本当に規律を大切にする独自の文化を持った国だと感じました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • デザイン、芸術、宗教、食べ物についてもっと学びたいです。もちろん、工芸や建築にも関心を持っています。東京と京都では、たくさんの建物の写真を撮りました。
  • 訪日中、日本のファッションマーケットについて学び、日本人が今何に対して関心を抱いているかを知りました。帰国後、日本のファッション業界のあらゆる側面に関して学習しようと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は帰国したら友人や家族、研究室の友人、同僚に日本での経験について話します。今回の訪日は今までの人生の中でもとても素晴らしいものだったので、機会があればたくさんの人に伝えたいです。
  • 私は帰国後も学校交流で出会った大学の学生たちと連絡を取り合います。また、私の日本での素晴らしい体験を家族や友人に話します。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは米国人にとって日本を訪れ、素晴らしい体験をすることができるとてもよい機会だと思います。今回の滞在は本当に素晴らしく、日本食に挑戦したり、日本の文化を学んだり、素晴らしい人々と出会うことができました。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できたことを大変光栄に思います。学生の個人旅行ではこのような経験はなかなかできません。日本の文化を知ることは、とても意義のあることだと思います。プログラムで最も良かったのは日本の大学生との交流です。この先長きにわたり、築いた絆を保っていくつもりです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る