KAKEHASHIプロジェクト / マサチューセッツ芸術大学(マサチューセッツ州)

2014年6月実施の招へい事業

学生クリエーター交流
マサチューセッツ芸術大学(マサチューセッツ州)

日程 :
2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 :
岐阜
参加人数 :
13名

プログラム記録写真

オリエンテーション(津軽三味線演奏家浅野祥氏による邦楽レクチャーデモンストレーション)の写真
オリエンテーション
(津軽三味線演奏家 浅野祥氏による
邦楽レクチャーデモンストレーション)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

東京芸術大学大学交流の写真
東京芸術大学 大学交流

株式会社コルグ(企業訪問)の写真
株式会社コルグ
(企業訪問)

国立劇場で歌舞伎鑑賞(日本文化理解)の写真
国立劇場で歌舞伎鑑賞
(日本文化理解)

真桑人形浄瑠璃体験(地方文化理解)の写真
真桑人形浄瑠璃体験
(地方文化理解)

岐阜正法寺大仏殿(地方の歴史・文化理解)の写真
岐阜正法寺大仏殿
(地方の歴史・文化理解)

美濃市うだつの上がる町並み(地方の歴史・文化理解)の写真
美濃市うだつの上がる町並み
(地方の歴史・文化理解)

旧今井家住宅(地方の歴史・文化理解)の写真
旧今井家住宅
(地方の歴史・文化理解)

美濃和紙の里会館和紙作り体験(地方の文化理解)の写真
美濃和紙の里会館 和紙作り体験
(地方の文化理解)

大須からくり人形(地方の文化理解)の写真
大須からくり人形
(地方の文化理解)

名古屋市立大学大学交流の写真
名古屋市立大学 大学交流

名古屋城(地方の歴史・文化理解)の写真
名古屋城
(地方の歴史・文化理解)

東京駅(日本の歴史・文化理解)の写真
東京駅
(日本の歴史・文化理解)

日本デザイン振興会の写真
日本デザイン振興会

東京国立近代美術館(日本文化理解)の写真
東京国立近代美術館
(日本文化理解)

明治神宮(日本の歴史・文化理解)の写真
明治神宮
(日本の歴史・文化理解)

東京国立近代美術館(日本文化理解)の写真
東京国立近代美術館
(日本文化理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の人々は我々をとてもあたたかく迎え入れてくれましたし、何事に対しても意欲的だと思いました。また、人々はとても礼儀正しいので、とても居心地良く感じました。日本の持つ、外部から事物を取り入れて自分たちの持つ文化に適用していく様は、世界的に見ても特筆されるべき強みだと感じます。今回の旅で目にした風景はどこも美しく、インスピレーションを与えられました。また、日本の芸術と建築物の美しさにも魅了されました。
  • 日本の人々は、私が訪れたことのある国々の中でも最も礼儀正しく親切だと思います。訪ねたところではどこでも、友好的な挨拶をされ、一度たりとも歓迎を受けなかったと感じたことはありませんでした。日本人はまた、私が今まで見たことの無いレベルで、モノ作りとそのディテールにこだわりをもっていると思います。

2.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私は日本と米国の都市は似ているものだと思っていました。しかし実際に来てみると、建築物と都市計画については違うものであることに気付きました。日本におけるすべてのものはさまざまなことに配慮されています。日本の都市は、街づくりについてどのようなことに気をつけたらよいのかを示すよい見本となっています。
  • 来日前、私が知っている日本についての知識はほんのわずかなものでしたが、この素晴らしいプロジェクトは私に日本についてたくさんのことを教えてくれました。東京は大都市であるにも関わらずとても美しく、人々が自分の居場所としていました。また予想していたよりもたくさんの植物があり、美しい緑を楽しむことができました。さらに、米国では建物を建てるときにはまず建築し、そこに人が馴染むようになりますが、日本ではまず人ありきで、使う人に合わせて設計されていました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 米国に帰ったら、日本をすぐまた訪れることができるように、日本語についてもっと学びたいと思います。そして、日本に戻る機会が訪れたら、礼儀正しくあれるように、日本の文化についてできるだけ学びたいと思います。またデザイナーとして、日本の美術、デザイン、思考、哲学などについてもっと学ぶことができればと思います。
  • 日本にいる間、日本語を話すことが楽しかったので、もっと学ぶことができればと思いました。そして警察署など政府機関がマスコット・キャラクターを利用し、親しみ易さを演出していることについて、そのコンセプトを学びたいと思いました。アメリカでは見られない試みであり、とても興味深いと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 岐阜の美濃を訪れた際に目にしたデザインにインスピレーションを受けたイメージを基に、伝統的な紙のランプを作成し、コンテストに応募してみたいと思います。創ってみたいのは、縁に装飾した木の素材を用いた和紙のランプです。また、帰国後大学の仲間に、日本の文化や我々が日本で経験したことを伝えるため、ビデオ・ドキュメンタリーと共にギャラリー・ショーを開催したいと思っています。
  • 日本に居る間、私は自分の中で一生忘れることのできない、たくさんの経験をしました。たった10日間で私は大きな変化を遂げることができました。人々の優しさを経験したことで、同じような人に対する接し方を他の場所にも広めたいと思います。私が経験したことを皆に話したいです。また他の人々に日本を訪れ、私と同じように様々なものに触れることを薦めたいと思います。将来的に他の人々がこのような交換プログラムに参加できるような活動もしたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプログラムはとてもよく計画されており、深い文化的な経験を与えてくれる内容だったと思います。おかげで私の日本体験はとても深いものになりました。三味線の演奏や歌舞伎などを見ることによって、自分たちとは異なる文化を身近に感じました。日本についてもっと多くを知る為にまた戻ってきたいと思いますし、場合によっては日本の大学院に進学したいと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトのおかげで、自分自身がこれまで文化的なつながりを感じ、またインスピレーションを受けてきた国である日本をついに訪れることが出来ました。予想できたこともたくさんありますが、体験したことのほとんどが驚きに満ちていたと言えます。特にアメリカ人として、また自分のクラスメートと共にプログラムに参加できたことはとてもよかったですし、デザイナーの視点でこれらを体験できたことは、このプログラムを通じて初めて成し得たことだと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る