KAKEHASHIプロジェクト / モントクレア州立大学(ニュージャージー州)

2014年6月実施の招へい事業

学生クリエーター交流
モントクレア州立大学(ニュージャージー州)

日程 :
2014年6月9日~6月19日
地方訪問先 :
石川(金沢)
参加人数 :
13名

プログラム記録写真

オリエンテーション(津軽三味線演奏家浅野祥氏による邦楽レクチャーデモンストレーション)の写真
オリエンテーション
(津軽三味線演奏家 浅野祥氏による
邦楽レクチャーデモンストレーション)

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草
(日本の歴史・文化理解)

東京芸術大学大学交流1の写真
東京芸術大学 大学交流

東京芸術大学大学交流2の写真
東京芸術大学 大学交流

 お台場(クールジャパン理解)の写真
お台場
(クールジャパン理解)

輪島裕介氏によるJ-POPレクチャーの写真
輪島裕介氏によるJ-POPレクチャー

国立劇場で歌舞伎鑑賞(日本文化理解)の写真
国立劇場で歌舞伎鑑賞
(日本文化理解)

卯辰山工芸工房藍染体験(地方文化理解)1の写真
卯辰山工芸工房 藍染体験
(地方文化理解)

卯辰山工芸工房藍染体験(地方文化理解)2の写真
卯辰山工芸工房 藍染体験
(地方文化理解)

ひがし茶屋街(地方文化理解)の写真
ひがし茶屋街
(地方文化理解)

兼六園(地方文化理解)の写真
兼六園
(地方文化理解)

金沢能楽美術館(地方文化理解)の写真
金沢能楽美術館
(地方文化理解)

武家屋敷跡野村家にて抹茶体験(地方文化理解)の写真
武家屋敷跡野村家にて抹茶体験
(地方文化理解)

金沢美術工芸大学大学交流1の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

金沢美術工芸大学大学交流2の写真
金沢美術工芸大学 大学交流

日本デザイン振興会の写真
日本デザイン振興会

報告会1の写真
報告会

報告会2の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の最大の強みは、自然だと思います。それは単に美しい景色だけではなく、日本人の特質を意味します。外国に行って治安がよく、歓迎を受けることは非常にまれなことです。街は清潔で、人々は優しく、彼らの自然に対する愛、尊敬、配慮は本当に驚くべきことです。
  • 私は日本の強みは人々の礼儀正しさと立ち居振舞いだと思います。神社のような伝統的な建築物が近代的なビルと融合しているのはとてもクールで面白かったです。食べ物については、慣れるのが難しいものもありましたが、美味しいものばかりでした。また電車のシステムは素晴らしいです。美しく心地よい所でした。

2.KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今回の日本滞在では、日本人がどういう人達なのかをより良く理解することができました。来日する前は、こんなに礼儀正しい人たちとは想像していませんでした。来日するまで、日本では英語を話す人達に対してどういう見方をするのかについてよく分かりませんでした。今では、ここで大歓迎を受けたということが分かります。
  • 私の日本に対する理解は当初、国際的なポップカルチャーというレンズを通して完全に形作られていました。この国を実際に体験した今は、礼儀、寛容、美意識、自然等を重んじる日本と日本人の姿勢や価値をもっと理解することができます。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本語をもっと学ぶことに大きな関心があります。帰国したらぜひ日本語のクラスを受講してその知識を深めたいです。また、滞在中に聴いた音楽にも非常に興味を持ちました。日本人のアーチストを調べて聴きたいと思います。
  • 私は、このプログラム中に学んだこと以上に日本の美術史についてもっと学びたいです。音楽の専攻ではないのですが、音楽についても学びたいと思います。そしてもっとも重要なことは、日本の様々な社会システム―例えばビジネスのシステムから人々の出会い、友情の深め方まで―について学びたいです。また将来は日本に住みたいので、日本語を学び、より完全なものにしたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • いつかまた日本に帰ってきて、もっと学びたいです。また私が今回の日本滞在で得た知識と経験を周りの人々に伝えます。日本に対する見識を得ることができたので、いつか、KAKEHASHIプロジェクトと協働して、日本の素晴らしい文化、歴史、特色、総合的な美を世界中に広めたいです。
  • ひとつには、日本が持つ最高レベルの配慮と美に対する価値観を広めたいです。私は日本とその価値観が大好きです。すべての人が日本人のように互いを尊重すべきです。私は日本の美を美術作品や写真(特に絵画)を通して世界に広めていきたいです。今回の旅行で得たインスピレーションはこの世のものとは思えないほど素晴らしいものでした。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 日本滞在中は素晴らしい時を過ごしました。皆が優しく礼儀正しいことに本当に驚きました。今回の旅行や美術館訪問でとても多くのことを学びました。できたら帰りたくないです。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加できたことはとても素晴らしいことでした。私は5年生のころから日本に行きたいと思っていました。だから、ここに来てその食べ物、文化、言語、歴史を体験できて、私の夢がかないました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マーク に変更してください)

ページトップへ戻る