"KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-"招へい事業:テーマ別プログラム(トモダチ・イノウエ・スカラーズプログラム) 第3陣 マサチューセッツ大学ボストン校(マサチューセッツ州)

2014年7月実施の招へい事業

トモダチ・イノウエ・スカラーズプログラム短期招へい 第3陣
マサチューセッツ大学ボストン校(マサチューセッツ州)

日程 : 2014年7月28日~8月7日
地方訪問先 : 広島県広島市
参加人数 : 25名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館(日本の歴史・伝統文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・伝統文化理解)

浅草寺(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

縮景園(地方の歴史・伝統文化理解)の写真
縮景園
(地方の歴史・伝統文化理解)

広島平和文化センター理事長 表敬訪問の写真
広島平和文化センター理事長 表敬訪問
 

被爆者語り部のお話(地方の歴史・文化理解)の写真
被爆者語り部のお話
(地方の歴史・文化理解)

酒造見学の写真
酒造見学
 

日本語講座(学校交流)の写真
日本語講座
(学校交流)

広島平和記念公園(地方の歴史・文化理解)の写真
広島平和記念公園
(地方の歴史・文化理解)

厳島神社(地方の歴史・伝統文化理解)の写真
厳島神社
(地方の歴史・伝統文化理解)

宮島彫り絵付け体験(地方の歴史・伝統文化理解)の写真
宮島彫り絵付け体験
(地方の歴史・伝統文化理解)

広島城(地方の歴史・伝統文化理解)の写真
広島城
(地方の歴史・伝統文化理解)

ハワイ移民史資料館仁保島村(イノウエ議員に関する理解を深める)の写真
ハワイ移民史資料館仁保島村
(イノウエ議員に関する理解を深める)

マツダミュージアム(日本の産業理解)の写真
マツダミュージアム
(日本の産業理解)

昭和女子大学(学校交流)の写真
昭和女子大学
(学校交流)

日本科学未来館(日本の最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

TOMODACHI Alumniコーディネーターとの意見交換の写真
TOMODACHI Alumniコーディネーターとの
意見交換

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の一番素晴らしいと思う点はコミュニティーの中に連帯感がある、ということです。地域の人同士のつながりが強いため、よい考え方が日本人の中に簡単に根付くことができるのだと思います。平和の原則についても、日本でうまく遵守されている理由はそこにあると思いました。
  • 日本の強みは、過去の悲しみを乗り越えて資源や物資のない中でも工夫して高度な技術を開発し、経済成長を素早く遂げることができたことと、多くの人が魅力を感じる日本の美しさです。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 今回日本に初めて来たのですが、来る前は日本人に距離を感じていました。でも実際に日本を体験して、日本人とアメリカ人はそんなに異なるわけではなく、私が思っていたよりも文化的にもかなり似ている点が多いことが分かりました。日本に滞在することは決して難しいことではないということを実感しました。
  • 日本が世界に向けて平和を広める努力をしているということがわかり、日本に対する見方が変わりました。日本の平和への努力は、米国が協力して後押しをすることでさらに世界に向けて力強く発信されると思います。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 近代において、米国がどのように日本との間に健全な関係を築き上げてきたのかということと、日米間の文化交流にどのように私たちが関わっていくことができるのか、ということについてもっと学びたいと思います。
  • 日本語と、人口減少の経済への影響についてもっと勉強したいと思います。また、日米の文化的相違を埋める架け橋となれるような日本や米国政府による他のプログラムについても知りたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私は日米関係の討論に参加したいと思っています。また日本からの留学生とも積極的にかかわりを持っていこうと思います。さらに加えて、今回の訪日で経験したことを周りの人に話すつもりです。
  • まずは今回の訪日で出会うことのできた人々とこれからも連絡を取り合いたいと思っています。そして今回日本に来ることのできなかった人々や周りの仲間たちと、私の日本での経験について共有します。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このような人生を変えるような経験をすることが出来て、感謝をせずにはいられません。しかしKAKEHASHIプロジェクトは日本滞在終了で終わりではありません。帰国したら、様々な角度から日米の関係について勉強を続けていきたいと強く思っています。
  • 予想もしなかったような多くの経験ができ、たくさんのことを学ぶことができました。広島に行ったことは特に感動的な経験で、それは日米関係を理解するには重要なことだと思いました。特に、日米間にたくさんのつらい出来事があった後でも、日本人が米国人に対して親愛の情を持っているということには感動しました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る