KAKEHASHIプロジェクト /テーマ別プログラム(若手研究者交流)2014年5月実施 若手研究者招へい・第6陣 ジョージタウン大学/アレクサンダー教授

2014年5月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第6陣
ジョージタウン大学/アレクサンダー教授 (Georgetown University/Professor Alexander

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 広島
参加人数 : 10名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

秋葉原(クールジャパン理解)の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

広島市役所の写真
広島市役所
 

広島市立大学広島平和研究所(平和構築理解)の写真
広島市立大学広島平和研究所
(平和構築理解)

中国醸造株式会社(地方の産業理解)の写真
中国醸造株式会社
(地方の産業理解)

厳島神社(地方の歴史・文化理解)の写真
厳島神社
(地方の歴史・文化理解)

宮島彫り(地方の伝統文化体験)の写真
宮島彫り
(地方の伝統文化体験)

広島平和記念公園(平和構築理解)の写真
広島平和記念公園
(平和構築理解)

広島平和記念資料館(平和構築理解)の写真
広島平和記念資料館
(平和構築理解)

ジェトロ・アジア経済研究所の写真
ジェトロ・アジア経済研究所
 

独立行政法人経済産業研究所の写真
独立行政法人経済産業研究所

慶應義塾大学の写真1
慶應義塾大学

慶應義塾大学の写真2
慶應義塾大学
 

自由研究(JPモルガン証券株式会社)の写真
自由研究
(JPモルガン証券株式会社)

日本科学未来館(最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(最先端技術理解)

東京証券取引所の写真
東京証券取引所
 

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の強み・魅力は交通機関、リサイクルシステム、電気使用などの効率の良さにあると思います。また礼儀正しく、教養があり、勤勉であるという日本人の気質も魅力の一つです。さらに、質の高いサービスは観光地として大きな強みになると思います。もちろん日本にはその他に美しい名所旧跡、多様な地域・都市部も存在しています。
  • 日本の強みは国の全体的な発展レベルの高さにあると思います。今回のプログラムの講義の中で「日本は急速に発展しその後『失われた20年』を経験した」というお話がありました。それでも私は、日本は世界のトップの国々の中に入ると思います。特に発達したインフラと効率性の高さが素晴らしいと思いました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 経済や社会、文化など様々な視点からの経験は日本に対する私の理解をより深めてくれました。
  • 私は7年前初めて日本に来た時、日本文化を学ぶことに興味を持ちました。その時芽生えた日本文化への興味・関心は今でも変わりません。しかし今回の訪問では政治・経済分野での日本についてさらに理解を深めることができました。日本社会の全体像がよくわかり、世界の中の日本の動向について理解するのに役立ちました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 帰国後は、アジア地域の安全保障構築における日本の役割についての理解を深め、私の専門分野である中国・台湾関係に日本も加えたいと思っています。KAKEHASHIプロジェクトに参加して、日本は私が思っていたよりも大きな役割を果たしているということがわかりました。また、広島へ行って日本の芸術や文化についても素晴らしいと思うようになりました。
  • 日本のすべてについてもっと学びたいと感じています。来日前から、私にとって日本は惹きつけられるものがある国でしたが、実際に来日してより一層好きになりました。私はこれまで経済について学んできましたが、引き続きさらに理解を深めたいと思っています。また、日本の歴史や文化についてもさらに理解を深めたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 私はジョージタウン大学でアジア関係の研究をしている大学院生として、今まで特に中国を中心に勉強してきました。帰国後はKAKEHASHIプロジェクトで学んだことを生かし、日米関係を含めた範囲に研究分野を広げていきたいと思っています。
  • 帰国後はKAKEHASHIプロジェクトで学んだこと、特に前回の来日時との比較について友人や家族に話したいと思います。また今回のプロジェクトのなかでお会いした専門家の方々から学んだこと、伺ったことについて記事を書くつもりです。そしてKAKEHASHIプロジェクトで直接話を聴くことができなかった人にも、日本の政治について知ってもらいたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは、たくさんの人に出会い、さまざまな視点から日本について学ぶ素晴らしい機会でした。日本滞在中は、中身の濃い日々を過ごすことができました。
  • KAKEHASHIプロジェクトに参加して日本の経済・政治についてたくさんの事を学ぶことができました。広島や東京でさまざまな場所に行くことができ、とても興味深い体験でした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る