KAKEHASHIプロジェクト / テーマ別プログラム(若手研究者交流)2014年5月実施 若手研究者招へい・第6陣 ジョージタウン大学/チャ教授

2014年5月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第6陣
ジョージタウン大学/チャ教授 (Georgetown University/Professor Cha

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 13名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺(日本の歴史・文化理解)の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換

国会議員訪問(前原誠司議員)の写真
国会議員訪問
(前原誠司議員)

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

秋葉原の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

立命館大学の写真
立命館大学
 

立命館大学院生との意見交換会の写真
立命館大学院生との意見交換会
 

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

伏見稲荷大社の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

清水寺の写真
清水寺
(地方の歴史・文化理解)

毘沙門堂勝林寺の写真
毘沙門堂勝林寺
(座禅体験)

祇園の写真
祇園
(地方の歴史・文化理解)

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

古代友禅苑の写真
古代友禅苑
(地方の伝統技術体験)

茶室 古香庵の写真
茶室 古香庵
(抹茶体験)

ジェトロ・アジア経済研究所の写真
ジェトロ・アジア経済研究所
 

政策研究大学院大学の写真
政策研究大学院大学

公益財団法人東京財団の写真
公益財団法人東京財団

自由研究(一般社団法人日本経済団体連合会)の写真
自由研究
(一般社団法人日本経済団体連合会)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(最先端技術理解)

東京証券取引所の写真
東京証券取引所

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本はアジアにおける最も重要なアメリカの同盟国です。国は大変良く治められ、犯罪も少なく、汚職もなく、物事を調整しながら前進する国です。日本は科学技術のリーダーです。日本の人々は良いマナーを身に着け、振る舞いも大変優れています。アメリカ人はこれらの点について日本人から学ぶべきだと思います。
  • 日本の強みは文化と礼儀正しさです。日本社会は非常にレベルの高い社会です。そしてその中で個人や国家に対する尊敬の心が生まれるのです。このことが自分本位でなくお互いの役にたとうという意識を育てているように見受けられます。日本はこれまで自分が訪ねた国々の中で最も清潔で自立した国のひとつであると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本に興味を持ち続けたいと思います。日本の生徒や学識者たちとの交流は特に助けられました。また自由研究日も大変楽しみました。
  • 西洋人は日本を単調な単一民族と見ていますが、日本の人々はいろいろな信念を持っていました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の現代文化と伝統的宗教の両方に大変惹かれます。そして将来的には読書や訪問を通して両方を探索したいと思います。専門家の観点からは私は日本の東南アジアでのODAと投資政策について検討したいと思います。
  • 日本のエネルギーの未来について学び、エネルギー混合の選択肢について研究していきたいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • わたしは米国政府で安全保障にかかわる仕事に就き日米同盟を促進し、日本側のカウンターパートからも学びたいと思っています。
  • ジョージタウン大学で、日本の歴史に関する講義を受講します。また、日本大使館が主催する文化イベントにも出席したいです。さらに、可能であればいつか自分の母を日本へ連れて行きたいと思います。きっと、母はとても喜んでくれると思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私は現代のアジア文化を小学校・中学校・高校の教師たちに教えており、今回学んだことをその授業に取り入れていきたいと思います。そしてその教師たちが、私が伝えた情報を生徒に伝えていってほしいです。また、大学院の生徒たちにはアジアに関する文献を読むことを薦め、日本が自身の研究における重要な国であることを伝えていきます。また将来的には、市民社会における能力開発の東西連携を強化していきたいと思います。
  • KAKEHASHIプロジェクトから多くのことを学びました。本プロジェクトを通して、私は日本の歴史や文化、政治や経済への洞察力を深めることができました。この機会なくしては私の日本に対する知識は読書を通してのみのものであったでしょう。今回の体験を通し、日本への興味はさらに深まりました。加えて、今回のプログラムは楽しく、文化的に重要な人々や場所を訪ねることができたことにも感謝しております。どうもありがとうございました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る