KAKEHASHIプロジェクト / テーマ別プログラム(若手研究者交流)2014年5月実施 若手研究者招へい・第6陣 フォーリン・ポリシー・イニシアティブ

2014年5月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第6陣
フォーリン・ポリシー・イニシアティブ (Foreign Policy Initiative

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 広島
参加人数 : 11名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

国家安全保障局の写真
国家安全保障局

外務省の写真
外務省

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換

笹川平和財団主催 昼食会の写真
笹川平和財団主催 昼食会
 

東京国立博物館(日本の歴史・文化理解)の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

広島市役所の写真
広島市役所
 

広島市立大学広島平和研究所(平和構築理解)の写真
広島市立大学広島平和研究所
(平和構築理解)

中国醸造株式会社(地方の産業理解)の写真
中国醸造株式会社
(地方の産業理解)

厳島神社(地方の歴史・文化理解)の写真
厳島神社
(地方の歴史・文化理解)

宮島彫り(地方の伝統文化体験)の写真
宮島彫り
(地方の伝統文化体験)

広島平和記念公園(平和構築理解)の写真
広島平和記念公園
(平和構築理解)

防衛省の写真
防衛省

一般財団法人日本エネルギー経済研究所の写真
一般財団法人日本エネルギー経済研究所

公益財団法人東京財団の写真
公益財団法人東京財団
 

自由研究(公益財団法人日本国際問題研究所)の写真
自由研究
(公益財団法人日本国際問題研究所)

日本科学未来館(最先端技術理解)の写真
日本科学未来館
(最先端技術理解)

報告会の写真
報告会
 

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本には国全体に共通した国家観や文化があります。そのため他の国と比べて様々な意思決定を、より円滑に進めることができているように感じました。この文化は外国人にとって大変興味深いことです。
  • 日本の交通インフラと鉄道網は世界で最も優れているものだと思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本では一人ひとりの政治・社会に対する意識や能力が高く、日本の社会をより良くしていこうという気概を感じました。今後、こういった気概と政治の力が相互作用的に発展していけば、日本はさらに発展する可能性、力があるのだということが理解できました。
  • KAKEHASHIプロジェクトで来日する前私は、日本には恥ずかしがりの人が多い国だと思っていました。しかし今では日本人は外国人にとても優しく、親しみやすい人たちだと思うようになりました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私は特に日本女性の社会進出について興味を持ちました。
  • 2003年~2004年に行われた量的規制緩和の日本経済への効果について、今後もっと理解を深めたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本滞在中の素晴らしい体験について広めたいと思います。友人や職場の同僚にもこういった体験を話し、共有します。広島訪問についても話すつもりです。
  • 日本についての学習を深め、今回の訪問についてのレポートを作成し、さらにいくつかの記事を書くつもりです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 私にとってはどのプログラムもとても有意義なもので、今回の日本滞在はとても楽しく過ごすことができました。国家安全保障局と防衛省の訪問が特によかったです。
  • 今回の訪問で私は素晴らしい人々に出会い、専門家の皆さんからは質の高い講義をしていただきました。これは日本を知る第一歩として最高の機会でした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る