KAKEHASHIプロジェクト / テーマ別プログラム(若手研究者交流)2014年5月実施 若手研究者招へい・ジョージ・ワシントン大学/モチヅキ教授

2014年5月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第6陣
ジョージ・ワシントン大学/モチヅキ教授 (The George Washington University/Professor Mochizuki

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 広島
参加人数 : 13名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

秋葉原の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

広島市役所の写真
広島市役所
 

広島市立大学広島平和研究所の写真
広島市立大学広島平和研究所
(平和構築理解)

中国醸造株式会社の写真
中国醸造株式会社
(地方の産業理解)

宮島彫りの写真
宮島彫り
(地方の伝統文化体験)

 />広島平和記念資料館の写真
広島平和記念資料館
(平和構築理解)

東京大学法学部の写真
東京大学法学部

防衛省の写真
防衛省

防衛省防衛研究所の写真
防衛省防衛研究所

政策研究大学院大学の写真
政策研究大学院大学

自由研究(一般財団法人平和・安全保障研究所)の写真
自由研究
(一般財団法人平和・安全保障研究所)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(最先端技術理解)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本滞在中は、ホテルの部屋、食事の提供のされ方、地下鉄の車両サイズなどいたるところで、空間や資源の利用のされ方が非常に効率的だと感じました。また日本の建築物はとても印象的かつ個性的であり、一軒一軒の建築物すべてを写真に撮りたいと思いました。
  • 今回の訪問で様々な組織の方々とお話し、日本社会の持つ透明性は、今後も受け継がれるべき重要なものだと感じました。他国と協調しようという姿勢はこれからの時代に必要不可欠だと思います。身近なレベルで言うと、私が日本で体験したおもてなしは、私の期待を超えるものでした。また、KAKEHASHIプロジェクトで、こんなにもたくさんの日本の組織や団体とかかわりを持てるとは思いませんでした。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私はKAKEHASHIプロジェクトを通して、日本がアジアにとって、そして米国にとって、いかに重要な存在であるかを知りました。日本の経済的、政治的成功には深く感銘を受けます。またどの国であっても近代化と伝統文化を両立させることや、必要な主張はしつつも、他国との関係を大切にすることの両立はできるのだということを、実感することができました。日本に来てはじめて、日本という国とそこに暮らす人々がいかにすばらしいかを知りました。
  • 私の日本に対する見方は、日本の政府職員、研究者、学生らと積極的に関わることによって大きく変わりました。今回のこの出会いを大切にし、これからも良好な関係を継続して発展させることができれば、今後私の日本への理解はより一層深まるものと思います。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 私はこれから日中関係史についてもっと学びたいと思っています。また、来日期間中に日本で学んだことについても、継続して情報を集め、さらに理解を深めたいと思います。
  • 日本の諸外国支援戦略とその具体的プログラムについて、もっと学びたいと思います。また将来的に、日本語の語学研修を受けてみたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 帰国後は、ワシントンD.C.で米国人向けに日本に対する理解を深めるべく活動をしている文化的有志団体に参加したいと考えています。さらにKAKEHASHIプロジェクト、JETプログラムの修了者として日米間のつながりを大切にします。将来的には政府関連機関に就職し、日本と米国のよりよい関係を強化する努力を続けたいと思っています。
  • 日本での経験を周りの人に話し、撮影した写真も共有したいと思います。また、日本で出会った人たちと引き続き連絡を取り合うつもりです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • KAKEHASHIプロジェクトは非常に有益なプログラムであり、私自身も心ゆくまで楽しむことができました。また、実際の日本の政治の姿を理解するのに非常に役立ちました。このようなすばらしい機会を提供してくださって、本当にありがとうございました。
  • このプロジェクトはすばらしい体験でした。教育的、専門的、文化的なイベントのそれぞれが含まれていて、参加者の興味に合わせて日程が組まれていたことに感謝します。日本食はすばらしく、また、広島への週末の旅も楽しかったです。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る