KAKEHASHIプロジェクト / テーマ別プログラム(若手研究者交流)2014年5月実施 若手研究者招へい・第6陣 笹川平和財団USA

2014年5月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第6陣
笹川平和財団USASasakawa Peace Foundation USA

日程 : 2014年5月19日~5月29日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 7名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

国会議員訪問(長島昭久議員)の写真
国会議員訪問
(長島昭久議員)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

外務省の写真
外務省
 

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

秋葉原の写真
秋葉原
(クールジャパン理解)

春光院の写真
春光院
(地方の歴史・文化理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

伏見稲荷大社の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

清水寺の写真
清水寺
(地方の歴史・文化理解)

毘沙門堂勝林寺の写真
毘沙門堂勝林寺
(座禅体験)

祇園の写真
祇園
(地方の歴史・文化理解)

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

古代友禅苑の写真
古代友禅苑
(地方の伝統技術体験)

茶室 古香庵の写真
茶室 古香庵
(抹茶体験)

一般社団法人日本経済団体連合会の写真
一般社団法人日本経済団体連合会

一般財団法人日本エネルギー経済研究所の写真
一般財団法人日本エネルギー経済研究所

特定非営利活動法人日本紛争予防センターの写真
特定非営利活動法人日本紛争予防センター
 

自由研究(インターサーチジャパン・ウォーターズアンドアソシエイツインク)の写真
自由研究
(インターサーチジャパン・ウォーターズアンドアソシエイツインク)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(最先端技術理解)

東京証券取引所の写真
東京証券取引所
 

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の一番の強みは優れたインフラ設備だと思います。都市交通の利用はとても簡単です。私は日本語があまりできませんが、何の心配もなく移動することができました。また、日本は自然の美しさに恵まれています。今までで、一番素晴らしい景色を京都で見ることができました。食べ物も最高でした。
  • 日本は清潔で、とても効率的です。簡単に安全に旅行することができます。また、日本の政治は開かれた民主主義で、社会はその恩恵を受けています。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本の文化は 東洋の伝統と西洋の民主主義とが融合した素晴らしい文化だということが分かりました。米国との同盟に対して、日本が深い敬意を払っていることに、来日して気付くことができました。
  • 行動的で革新的な経済界・政界のリーダーにお会いし、日本は経済成長のみならず、国際開発・NGO・地球規模の平和維持などの分野にも積極的に参加し、更にリーダーシップを発揮する力を持っていると感じました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の偉大な文化、素晴らしい人々や食べ物などについて著述したいです。また、日本の経済成長の研究をし、アベノミクスの成功を見守りたいです。
  • 多くの国の協力なしには解決しえない、地球規模で起こっている重要な課題について(気候変動、食糧、エネルギー安全保障、薬物耐性疾患の発症などの問題)日本がどのように取り組んでいくかを研究したいです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 日本について、そして滞在中の有意義な経験を友人、家族、同僚に話していきたいです。また、ウッドロー・ウィルソンセンターでの仕事に、日本に関する内容を加えていきたいです。
  • 日本語の学習を続け、日本での経験をできるだけ多くの人と共有していきます。来日中に得た人脈を仕事に生かし、日米の経済関係を推進していきたいです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 素晴らしい経験でした。沢山の事を学び、日本に対する関心が深まりました。また、貴重な専門家とお会いすることができました。大変よいプログラムです!この機会を得ることができ、とても幸運でした。
  • KAKEHASHIプロジェクトは素晴らしいです!このプログラムによって新しい道が開かれ、いままでになかった機会を得ることができました。将来もぜひこのプログラムを続けて下さい。スケジュールは大変バランスがよく、グループの大きさも理想的でした。私たちが再び来日し、更に長期的で堅固な日米関係を築くことができるよう、ぜひKAKEHASHI第二弾を検討してください。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る