KAKEHASHIプロジェクト / 東西センター

2014年7月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第7陣
東西センター

日程 : 2014年7月6日~7月16日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 10名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

オリエンテーションの写真
オリエンテーション

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

防衛省の写真
防衛省
 

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

獨協大学の写真
獨協大学

公益財団法人 東京財団の写真
公益財団法人 東京財団

公益財団法人 東京財団の写真
公益財団法人 東京財団
 

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

京都大学東南アジア研究所の写真
京都大学東南アジア研究所
 

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

友禅染体験の写真
友禅染体験
(地方の伝統文化理解)

抹茶体験の写真
抹茶体験
(地方の伝統文化理解)

座禅体験の写真
座禅体験
(地方の伝統文化理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

伏見稲荷大社の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

公益財団法人 トヨタ財団の写真
公益財団法人 トヨタ財団
(自由研究)

公益財団法人 日印協会の写真
公益財団法人 日印協会
(自由研究)

外務省の写真
外務省
 

外務省の写真
外務省

政策研究大学院大学の写真
政策研究大学院大学

政策研究大学院大学の写真
政策研究大学院大学

報告会の写真
報告会

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の人たちは外国人に対してとても親切でフレンドリーでした。特に印象深かったのは、私たちが滞在した東京や京都の街中のどこであっても、とても綺麗だったことです。私たちがお会いした日本人の専門家の方々は国際関係問題について豊富な知識と情報を持ち、また回答が難しい時には率直にそう言ってくださいました。今後はこれらの問題について誰かの意見を聞きたい時には、日本人の同僚にお願いしたいと思っています。日本は今後アジア太平洋、特に東南アジアにおける多国間関係に重点を置こうとしているように思えますが、私はその考えに賛成です。
  • 積極的かつ大いなる意気込みでいくつかの改革を行い、経済的な問題に対処したことによって、日本経済にはっきりと自信が生まれてきたように思えます。これが成功すれば、今後の投資環境がより良くなっていくでしょう。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本の歴史、文化、安全保障政策そして経済について多くを学ぶことができました。また、課題に対する日本の考え方、見方についても理解することができました。滞在中に感じた日本人のおもてなしの心をとてもうれしく思っています。
  • 経済、人口、安全保障、防衛など日本が直面している課題について自分の知識を大いに増やすことが出来ました。また、これらの課題に対処しようとする現在の日本政府の、または日本人の意志の力を感じることができました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本の歴史と将来のビジネスの機会について、もっと学びたいと思っています。
  • 日本の安全保障政策と集団的自衛権についての議論の行方など、今後の動きを追っていきたいと思います。また、アベノミクスの3本の矢の政策と日米二国間、あるいはもっと広い地域での経済協力についても、引き続き注意深く見守っていきたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 今回の滞在で日本政府の方針、将来の展望と考え方について多くを学んだので、防災・災害対策に関わる二国間協力を深める機会を模索したいと思っています。例えば防災・災害対策における地域のリーダーとなるべく、東日本大震災などの過去の災害からお互いに学び、日米関係の戦略に関しての協力を深めたいと思っています。
  • 今後もっと日本映画を観たり、東南アジアで一緒に働くための日本人のパートナーを見つけたりしたいと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このKAKEHASHIプロジェクトの一員になれたことに感謝しています。このプロジェクトは細部に至るまでとても良く準備・運営されていました。
  • 今回の視察は全て楽しめました。日本政府関係者、大学関係者、研究員との意見交換を通して、日本と米国がいかに密接であるかということに気付き、強く印象付けられました。両国ともこの関係によって多くの恩恵を受けていますし、民主主義、法治主義、人権の尊重という同じ価値観を共有しています。米国も日本も世界のリーダーであるということは疑いのないところですし、またそうあるべきと思っています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る