KAKEHASHIプロジェクト / National Economists Club

2014年7月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第7陣
National Economists Club

日程 : 2014年7月6日~7月16日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 12名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

日本銀行の写真
日本銀行
 

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

日本経済研究センターの写真
日本経済研究センター
 

一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)の写真
一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)

公益社団法人 経済同友会の写真
公益社団法人 経済同友会

公益社団法人 地球環境産業技術研究機構の写真
公益社団法人 地球環境産業技術研究機構
 

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

友禅染体験の写真
友禅染体験
(地方の伝統文化理解)

友禅染体験の写真
友禅染体験
(地方の伝統文化理解)

抹茶体験の写真
抹茶体験
(地方の伝統文化理解)

抹茶体験の写真
抹茶体験
(地方の伝統文化理解)

座禅体験の写真
座禅体験
(地方の伝統文化理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

伏見稲荷大社の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)の写真
東京地下鉄株式会社(東京メトロ)
(自由研究)

外務省の写真
外務省
 

トヨタ自動車株式会社 東京本社の写真
トヨタ自動車株式会社 東京本社

トヨタ自動車株式会社 東京本社の写真
トヨタ自動車株式会社 東京本社

報告会の写真
報告会

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 力強さ、互いを尊重し礼儀正しい国民性、驚くほど清潔かつコンパクトな東京の街、目標達成への献身と責任が国全体に共有されていることです。
    • 先端技術
    • 外国人に対してオープンであること
    • 活力ある経済と経済の若返りの可能性
    • 整備された公共交通機関
    • 互いに尊敬・尊重し合う日本人の国民性
    • 女性の労働市場への積極的な取り込みが、今後活発化する可能性
    • 多様な観光資源(地方都市、歴史ある寺社、公園)
    • 歴史・伝統文化

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 私はかねてより日本がインフラ整備、研究機関、文化、ガバナンス、経済市場等において先進国であると同時に、まだ発展の余地が残る、大きな潜在性がある国だとも思ってきました。日本の皆さんがその可能性をより発揮するために、もっと柔軟になれることを願っています。今回の訪日で、私は日本社会が直面する新たな諸問題や、米国と日本が協力し得る分野について理解することが出来ました。
  • 高齢化と都市部への人口集中に対応する移動手段の検討や、環境的にも持続可能な経済発展をどう達成するかなど、米国が現在直面している多くの問題と同じ問題に日本も直面している様子を直接見て学べた事が大変興味深かったです。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 中小企業向けベンチャー・キャピタルを今の静的な状態からより動的なものに変化させるために、安倍政権の政策努力がどのように展開していくか、その経過を追って行くつもりです。
  • 今回訪れなかった他の地方都市がどのような所なのか、また人口減少と人口の移動が地方都市にどのように影響を与えるのか、その関連性について学びたいと思っています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 所属する組織で日本での経験や学んだこと全てをプレゼンテーションする予定です。また、友人や家族とは個人的な日本での体験を共有するつもりです。
  • 所属するNational Economists Club(NEC)と日本大使館との関係強化を図り、日本文化の紹介や、日米間の自由貿易の重要性について理解促進に努めます。日本人エコノミストや専門家を招致してNECやワシントンD.C.でプレゼンテーションも行います。また、日本の歴史・文化に関する文献をもっと読み、日本のビジネス界、日本政府との関係強化を進めるつもりです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 大変素晴らしい経験でした。関係者の皆さんはとても親切でした。特に学者や研究者の方々との率直な意見交換からは多くの事を学びました。また、政府や民間企業との対話でも多くの情報を得ました。このプロジェクトは間違いなく成功でしたし、今後も継続されるものと信じています。
  • 各訪問や視察、提供された食事には満足しましたし、自由研究は大変充実したものとなりました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る