KAKEHASHIプロジェクト / トルーマン国家安全保障プロジェクト

2014年7月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第7陣
トルーマン国家安全保障プロジェクト

日程 : 2014年7月6日~7月16日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 9名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

防衛省の写真
防衛省
 

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

日本放送協会(NHK)
日本放送協会(NHK
 

東京大学の写真
東京大学

一般財団法人 日本エネルギー経済研究所の写真
一般財団法人 日本エネルギー経済研究所

同志社大学の写真
同志社大学
 

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

友禅染体験の写真
友禅染体験
(地方の伝統文化理解)

抹茶体験の写真
抹茶体験
(地方の伝統文化理解)

座禅体験の写真
座禅体験
(地方の伝統文化理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

伏見稲荷大社の写真
伏見稲荷大社
(地方の歴史・文化理解)

公益財団法人 世界平和研究所の写真
公益財団法人 世界平和研究所
(自由研究)

外務省の写真
外務省

内閣サイバーセキュリティセンターの写真
内閣サイバーセキュリティセンター

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本は、世界が羨む素晴らしい文化が息づくところでした。そして日本人は伝統をとても大切にしています。だからこそ日本は何千年もの間繁栄し存続できたのだと思います。アジアの勢力のバランスが変わりつつある時代に日米関係を保っていくには、日本文化や伝統を理解することは欠かせないことだと感じました。
  • 日本は法治国家であり、安全で礼儀を重んじる国だと感じました。秩序があり、予定通りに物事が進められていき、旅行をするにもビジネスをするにも最適な国です。昔からの習慣を大切にしながら、新しいものや便利なものを取り入れていく文化が根付いていました。他人を思いやる心を持ち勤勉で、様々な意見がありながらも、日本の進むべき道に向かって一丸となって努力しているように見えました。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本人が国内の動きや世界情勢について、どのように考え、感じているのかを学ぶことができました。現在、日本政府が改革に取り組もうとしていることは素晴らしいことだと思います。政府、大学、シンクタンク、メディアの方々から、日本の取り組み、世界情勢への対応や考え方を学び、自分の理解、知識を深めることができました。そして現代社会にあっても、日本文化や伝統が生活に深く根ざしていることにも驚きました。若い人たちが浴衣を着て神社や寺院に行くところを見て、驚きと同時に日本の伝統が守り伝えられていることが素晴らしいと思いました。
  • 戦後の日本史に関する知識はありましたが、これほど自国の伝統を大切にし、現代にまでその伝統が文化の一部として残っているとは思っていませんでした。今回の訪問で、域内の安全保障、経済問題、サイバーセキュリティー、エネルギー問題について、日本の考え方や取り組みを学ぶことができ、非常に有意義でした。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 変わりつつある日米二国間関係について、特に安全保障協力と貿易分野において、引き続き注意深く動向を追っていきたいです。さらに今回の訪問では、サイバーセキュリティーやエネルギー技術の分野、気候変動政策等の他の政治協力の分野についても新たに関心を持ちました。個人的には、日本の歴史と文化をもっと深く学びたいと思うようになりました。
  • 帰国したら、日本の歴史に関する文献を沢山読みたいです。これまで何冊も読んでいますが、読んでからかなり時間が経ってしまったので、読み返したいと思います。また、日本の政治動向についても注意深く見守っていきたいと思います。今回の訪問で学んだことが基礎知識となり、今後日本に関する文献を読み、日本の動向を追う際に、今までよりも理解が深められると感じています。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 帰国したら、友人や同僚に日本で経験したこと、日本の考え方を伝えていきたいです。
  • 私が率いる組織では、将来の日米関係の強化に取り組んでいます。今回の訪問で得た新しい視点や考え方を、現在進めている関連事業、出版物やメディア事業に活かしていきたいです。特に、アジア政策センター事業について、日本側パートナーと協力して飛躍的に拡大していきたいと考えています。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 期待していた以上に素晴らしいプログラムでした。日本の歴史、文化、経済、そして日米の緊密な関係について理解を深めることができました。
  • 素晴らしいプログラムでした。ぜひこれからも続けてほしいです。日米関係において、人と人との繋がりは、政府間の関係と同様に重要だと思います。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る