KAKEHASHIプロジェクト / Carnegie Endowment for International Peace(カーネギー国際平和財団)

2014年11月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第10陣
Carnegie Endowment for International Peace(カーネギー国際平和財団)

日程 : 2014年11月9日~11月19日
地方訪問先 : 宮城
参加人数 : 8名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

日本国際問題研究所の写真
日本国際問題研究所

外務省の写真
外務省

江戸東京博物館の写真
江戸東京博物館
(日本の歴史・文化理解)

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

資源エネルギー庁の写真
資源エネルギー庁

ジェトロ・アジア経済研究所の写真
ジェトロ・アジア経済研究所

宮城県庁の写真
宮城県庁
(震災復興講義・意見交換)

災害科学国際研究所の写真
災害科学国際研究所
 

東日本大震災学生ボランティア支援室の写真
東日本大震災学生ボランティア支援室

東北大震災 被災地域の写真
東北大震災 被災地域

株式会社 行場商店の写真
株式会社 行場商店
 

南三陸町入谷地区の写真
南三陸町入谷地区
(地域住民との交流)

防衛省の写真
防衛省

三菱商事株式会社の写真
三菱商事株式会社

政策研究大学院大学の写真
政策研究大学院大学

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本が高い生活水準、社会の団結力、誠実さを保持していることは素晴らしいと思います。日本が将来に渡る持続的な発展のために投資をしたこと、そしてほとんどの日本人が他国の社会について、また自分達自身が他からどのように見られているかを学びたいと思っていることは明らかです。地域社会や様々なレベルの行政機関が持っている、国家的危機を切り抜ける能力は賞賛に値します。日本の持つソフト面でのスキルは素晴らしく、日本の強みであると言えます。
  • 日本の強みとは、市場における強力な存在感、発展途上国における投資、ルールを遵守した国際的法整備へのアプローチ、そして他国と協力しようとする意志だと思います。さらに科学と技術開発力もまた強みであると思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • 日本に来る前は日本の諸事情に関する経験はほとんどなかったため、今回の視察は自分にとって大きな出来事でした。日本は柔軟性を備えた国であり、今後その対外政策や経済開発における新たな取り組みにより、アジア地域を安定させる国家になりうると思います。
  • 対外協力、安全保障、経済発展などの国際問題における日本の優先事項に関して、より理解を深めることができました。また、東南アジアにおける日本の意図や国益についてより明快な理解を得ることが出来ました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 日本のエネルギー政策と、経済や天然資源を取り巻く状況を踏まえた気候変動への取り組みに興味があります。また、日本の政党とそれらの国内及び国際問題に関する政策についてもっと学びたいと思います。
  • 外交政策と安全保障の分野に偏っている私の知識のバランスをとるために、日本の歴史と文化についてもっと本を読んでみたいと思います。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 友達と家族に今回の視察のエピソードや写真を共有します。特に、個人的あるいは仕事上の人々との関わりの中で、日本の国としての個性や魅力について私のポジティブな印象を共有します。私の仕事は日本と関わりがあるので、日米間の官民連携促進にも努めたいと思います。
  • 私が学んだことを、開発・外交政策の分野の同僚や他の人々と共有します。また、ワシントンD.C.の人々に向けて、日米及び東南アジア諸国に関する教育プログラムを開発しようと思います。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • このプログラムは私の日本に対する理解を再考するのに素晴らしい機会でしたし、日本についてじっくり考えるのに十分な時間(10日間)を過ごすことができました。
  • 私は今回KAKEHASHIプロジェクトに参加して初めて日本を訪問し、たくさんの人や専門家にお会いすることができたことに本当に感謝しています。特に週末の東北地方訪問が印象的でした。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る