KAKEHASHIプロジェクト / Korea Economic Institute of America (KEI)

2014年11月実施の招へい事業

若手研究者招へい・第10陣
Korea Economic Institute of America (KEI)

日程 : 2014年11月9日~11月19日
地方訪問先 : 京都
参加人数 : 9名

プログラム記録写真

オリエンテーションの写真
オリエンテーション
 

東京国立博物館の写真
東京国立博物館
(日本の歴史・文化理解)

日本国際問題研究所の写真
日本国際問題研究所

外務省の写真
外務省

外務省にて職員と意見交換の写真
外務省にて職員と意見交換
 

浅草寺の写真
浅草寺
(日本の歴史・文化理解)

資源エネルギー庁の写真
資源エネルギー庁

東京証券取引所の写真
東京証券取引所

日本科学未来館の写真
日本科学未来館
(日本の最先端技術理解)

妙心寺の写真
妙心寺
(地方の歴史・文化理解)

抹茶体験の写真
抹茶体験
(地方の伝統文化理解)

座禅体験の写真
座禅体験
(地方の伝統文化理解)

同志社大学の写真
同志社大学

同志社大学の写真
同志社大学

金閣寺の写真
金閣寺
(地方の歴史・文化理解)

月桂冠大倉記念館の写真
月桂冠大倉記念館
(地方の産業理解)

東大寺の写真
東大寺
(地方の歴史・文化理解)

興福寺の写真
興福寺
(地方の歴史・文化理解)

奈良市内の写真
奈良市内
(地方の歴史・文化理解)

防衛省の写真
防衛省
 

キヤノングローバル戦略研究所の写真
キヤノングローバル戦略研究所

一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)の写真
一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)

報告会の写真
報告会

ピックアップ プログラム参加者の声

1. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本の魅力や強みについてどのように考えましたか?

  • 日本の魅力のひとつはその近代的な社会でしょう。京都へ行くために乗った新幹線は素晴らしいものでした。日本人の多くは誠実で、自分たちが直面している問題点についても正直に向き合い、きちんと対応しています。このように人々が問題をしっかりと認識しているということは重要なことであり、他の多くの国では見られないことです。
  • 日本の強みには技術の発展や優秀な人材の存在、そして非常に発達したインフラがあります。日本のすばらしい食べ物や観光地のことなどを考えると、旅行者にとって魅力的な訪問先だと思います。

2. KAKEHASHIプロジェクトへの参加を通じて、日本に対する印象や考えはどのように変化しましたか?

  • このプログラムに参加して、日米両国は安全保障面だけでなく経済的繁栄のためにもどれほど相互の緊密な関係を必要としているかが分かりました。
  • 日本の経済や安全保障問題に対する考え方について多くを学ぶ機会を得ることができました。また東京だけでなくほかの主要都市を訪れたことによって、日本の文化を学ぶこともできました。

3. 帰国後、日本についてどのようなことを引き続き学びたいですか?

  • 個人的には日本語やファッション、そして日本社会における女性の役割についてもっと学びたいと思っています。仕事の面では、日中韓関係やFTAそして議会や選挙、消費税などについても学びたいと思いますし、沖縄やガイドラインの見直しなど日米同盟が直面している軍事的問題についても学びたいと思っています。
  • 日本の歴史と地域についてもっと学びたいと思っています。今回の訪日ではこれらについて十分には学ぶことができなかったので、今後個人的に調べてみるつもりです。

4. プログラム参加者は日米の「カケハシ」として、日米相互理解を増進させる役割が期待されています。日本の魅力や強みに対してアメリカで理解を深めていくために、あなたはどのようなことを行っていきたいと考えていますか?

  • 今後も日本経済に関する研究を続けたいと思います。特に技術革新や起業家精神などについて研究していきたいと思っています。
  • 米国の外交政策について研究を続けていくつもりなので、日米関係を一層強固なものにするために今後も日本人の仲間たちと交流を続けていくつもりです。

5. 参加者の感想(自由記述)

  • 今回の訪日では、すばらしい時を過ごすことができました。時間が許せばメディア、議会そして行政関係の組織にもっと訪問したかったのですが、滞在中に参加したすべてのミーティングは充実したものでしたし、日本について多くを学ぶことができました。今回の訪日はすばらしい経験となりました。
  • KAKEHASHIプロジェクトは日本の行政を知るためのすばらしい入門編であり、日本の外交政策に向ける各省庁のエネルギーを感じることができました。特に外務省の若手省員、シンクタンクの研究者、大学教授との意見交換はとても有意義なものであり、このような機会を得られた事に感謝しています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
青少年交流室
電話:03-5369-6022 ファックス:03-5369-6042
Eメール:infokakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る