日独シンポジウム 「カルチュラル・コミュニケーション――新しい時代のコミュニケーション・ツールと国際文化交流の今後」 実施報告書

近年、ソーシャルメディアをはじめとする新たなコミュニケーション・ツールの発達に伴い、市民による相互の情報発信が盛んに行われるようになり、情報は瞬く間に世界を駆け巡るようになりました。インターネットを通じた情報発信は、外交のあり方、国際文化交流のあり方に大きな影響を与えています。

本シンポジウムでは、ソーシャルメディアをはじめとする新しいコミュニケーション・ツールが日独ひいては世界でどのように利用され、国のイメージ形成や社会・マスメディアのあり方にどのような影響をあたえているのか比較・検証を行いました。加えて、ソーシャルメディアを用いた、国際文化交流への市民参画の可能性についても触れ、未来の社会や国際文化交流の方向性について議論を重ねました。

デジタル・ディプロマシーについて発表するアニャ・トュルカン氏の写真

デジタル・ディプロマシーについて発表するアニャ・トュルカン氏

当日の会場の様子の写真

当日の会場の様子

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム 担当:小出
電話 : 03-5369-6071 FAX: 03-5369-6041
Eメールアドレス:Q_europe_mideast_africa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る