第4回「日中韓文化交流フォーラム」

1. 日時

2008年11月27日

2. 会場

韓国・済州島 ヘビチ・リゾート・ホテル(Haevichi Hotel)

3. 出席者

日本

委員長:
小倉 和夫(国際交流基金理事長)
委員:
松尾 修吾(国際交流基金理事、日本語国際センター所長)
委員:
玉井 賢二(文化財保護・芸術研究助成財団専務理事)
委員:
酒井 誠(文化財保護・芸術研究助成財団参与、日中友好協会常務理事)
委員:
大海渡 憲夫(国際交流基金日米センター参与)
委員:
本田 修(国際交流基金ソウル日本文化センター所長)
委員:
長谷川 聡(国際交流基金アジア大洋州課課長)

中国

委員長:
劉 徳有(中国対外文化交流協会常務副会長)
委員:
王 運澤(中韓友好協会常務副会長、中国人民対外友好協会副会長)
委員:
井 頓泉(中日友好協会常務副会長、中国人民対外友好協会副会長)
委員:
関涌 (中日友好協会友好交流部長)
委員:
孫 学慶(中韓友好協会副書記長)
委員:
洪磊 (中韓友好協会職員)

韓国

委員長:
金 容雲(韓日文化交流会議委員長)
委員:
朴 三求(韓中友好協会会長、錦湖アシアナグループ会長)
委員:
崔 成泓(元外交通商部長官)
委員:
李 元泰(韓中友好協会副会長)
委員:
徐 淵昊(韓日文化交流会議事務局長)
委員:
李 鎮夙(韓日文化交流会議事務局)

4. 各国委員発言概要

(1) 「文化交流の日」を設置し、象徴的なイベントを行う。

(2) 「文化奨励賞」を制定し、功労者を表彰する。

(3) 日中韓文化交流フォーラムは触媒・プラットフォームの機能を果たす。

(4) 東京藝術大学では、三カ国の若者による映画製作も行っている。そのような取り組みを、フォーラムとして支援する。

(5) 若手芸術家の交流を促進し、共同制作の可能性を検討する。

(6) 文化三国史、映画、語学教師交流等、実施可能なことをまずは「実験的」に行う。

(7)(社会貢献活動の一環として)企業の参画を促す。

ページトップへ戻る