平成21(2009)年度 知的交流会議助成プログラム 助成対象事業一覧

世界地図 北米へリンク 大洋州へリンク 欧州へリンク 中東・アフリカへリンク 東アジアへリンク 東南アジアへリンク 南アジアへリンク 世界地図全体
東アジア | 東南アジア | 南アジア | 大洋州 | 北米
中南米 | 欧州 | 中東・アフリカ

*一覧表の団体名・事業名は、原則として助成を決定した時点での情報です。

東アジア

韓国
団体名 事業名称
東北アジア文化研究所 韓国・日本・中国における「海洋文学」の現在
東西大学校 日韓次世代学術フォーラム 第6回国際学術大会(福岡大会)
希望製作所 ソーシャル・デザイナーの育成と創造的・社会的変化のための日韓市民知的交流事業
社団法人韓国政治学会 2000年代日韓における政治・政策の環境変化に関する共同研究
又石大学校 第4回日韓人文社会科学学術会議
韓国日本学会 帝国時代の日本と東アジア -その思想と文化の動向-
社団法人韓日未来フォーラム 21世紀東アジアの環境変化と交流・協力の模索
中国
団体名 事業名称
清華大学日本研究センター 現代社会における科学後術のコミュニケーションおよび運営システムに関する国際比較研究
「日本通史」編集委員会 「日本通史」編集会議
清華東アジア文化講座 東北アジアと東南アジア:アジア統合の文化的基盤
清華大学日本研究センター  経済危機に対する東アジアの対応策
河南大学日本研究所 中日工業化プロセスについての比較
同済大学アジア太平洋研究センター 公共外交と中日間非伝統安全突発事件に対する対応
日本
団体名 事業名称
日本女子大学 近現代日本思想史を書き直す
アジア系アメリカ文学研究会 アジア系アメリカ文学研究会20周年記念国際フォーラム
日中刑事法研究会 2009年日中刑事法シンポジウム
アジア国際法学会日本協会 「多極/多文明世界における国際法-アジアの視座・課題・貢献」に関する公開フォーラム及びパネル・ディスカッション
「広州・長崎比較研究」日本会議実行委員会 国際研究集会「広州・長崎比較研究」第二回日本会議
キープ協会 第2回 つなぐ人フォーラム
日中韓連携研究コンソーシアム 国際シンポジウム「日中韓地域連携:共通リスクとその対応」
関口グローバル研究会 国際学術シンポジウム(モンゴル国ウランバートル市)「世界史のなかのノモンハン事件(ハルハ河会議)-過去を知り、未来を語る-」
日本イコモス国内委員会 世界平和の構築を考える世界遺産国際交流シンポジューム2009
日本ジェンダー学会 ジェンダーの視点から見るメコン流域の労働と文化
特定非営利活動法人モダンアジアンアーキテクチェアネットワーク 国際シンポジウム「東アジアの都市環境文化資源をいかに継承するか?
高齢者を支える学際的チームアプローチ推進ネットワーク(通称ミシガンネット) 日韓ジョイント・カンファレンス 高齢化するアジアの課題と可能性:高齢社会を支える新たなシステムを求めて
聖学院大学総合研究所 国際学術シンポジウム「東アジアの平和と民主主義--北朝鮮問題と地域安定基盤の構築」
国際アジア共同体学会 ヨーロッパ/EUに学ぶ東アジア地域統合の道-ポストアメリカに東アジア不戦共同体をどうつくるか
カルチュラルタイフーン運営委員会 インターエイジア・カルチュラルタイフーン2009
東アジア文学フォーラム日本委員会 東アジア文学フォーラム
国士舘大学イラク古代文化研究所「セム系部族社会の形成」国際シンポジウム実行委員会 国際シンポジウム(公開)「部族社会の形成:シリア・ユーフラテス河中流域の総合研究」
日本ナボコフ協会 京都ナボコフ国際会議
青山学院大学 国際関係史学会日本大会本部
ドイツ-日本研究所 国際シンポジウム「人口激減:グローバルおよび地域的なチャレンジ」
アワー・プラネット・ティービー 東京メディフェス2009
早稲田大学イスラーム地域研究機構 カイロ国際会議:第二回国際会議イスラーム地域研究の新しい地平線-アイデンティティー、共存、グローバル化
日本対外文化協会 第7回日ロ学術・報道関係者会議
グローバル・フォーラム 日・黒海地域対話「変化する黒海地域の展望と日本の役割」
モンゴル
団体名 事業名称
モンゴル開発研究センター 第3回東アジア・ウランバートル・フォーラム

東南アジア

インドネシア
団体名 事業名称
インドネシア森林環境研究所 持続可能な開発教育に関する国際会議 フィールドから学んだこと
パニンクル・ファンデーション 国際シンポジウムとワークショップ: 市民の目から見た日本とインドネシアの関係
インドネシア教育大学 セミナー&ワークショップ:クウォ・ワディス V- 芸術教育を通した多文化理解の推進
シンガポール
団体名 事業名称
シンガポール国立大学人文社会科学学部日本研究学科 「近代日本における死と臨終」(学会)
タイ
団体名 事業名称
メコン研究所 メコン川流域の経済統合が地域住民や少数民族に与える影響についてのシンポジウム
フィリピン教育演劇協会メコン・パートナーシップ・プロジェクト(バンコク支部) 開発をテーマとするアジア演劇フォーラム:メコン芸術祭2009におけるサテライト事業
アジア工科大学 ジェンダー、移民労働者、市民権に関する国際ワークショップ
ウボン・ラーチャタニー大学 メコン流域の文化多様性に関する国際セミナー
フィリピン
団体名 事業名称
フィリピン調査報道センター 平和、人権、グッド・ガバナンス: 岐路に立つ東アジアのデモクラシー
ネオ・アンゴノ・アーティスツ・コレクティブ 第二回アジア地域音楽研究センター・フォーラム
フィリピン大学民族音楽センター 第二回アジア地域音楽研究センター・フォーラム
ベトナム
団体名 事業名称
ホーチミン市国家大学 -人文社会科学大学 -ベトナム-東南アジア研究センター 日本の中小企業から学ぶ成功への道
SEAMEO地域トレーニングセンター 日本における高等教育の理解の促進と高等教育におけるカリキュラム作成のリーダーシップ及び発展に関する成功事例の共有
ハノイ国家大学師範大学師範研究センター 授業研究を通じた教員の専門性の向上に関する国際シンポジウム

南アジア

インド
団体名 事業名称
発展途上国研究センター アジアの軌跡
バングラデシュ
団体名 事業名称
バングラデシュ国際戦略研究機関 南アジアの過激主義に対する人間の安全保障アプローチ

大洋州

オーストラリア
団体名 事業名称
オーストラリア国立大学 アジアにおける人間の安全保障
オーストラリア日本法研究ネットワーク アジアにおける人権に関する国際会議
シドニー大学 戦争芸術と、戦争の表象
ニュージーランド
団体名 事業名称
オタゴ大学 平和のビジョン:西洋とアジア

北米

カナダ
団体名 事業名称
ブリティッシュ・コロンビア大学 日本の移民と外国人労働者に関する研究会議

欧州

イタリア
団体名 事業名称
ローマ大学経済学部 中小企業の発展:政策、関係者とその問題 日本、アルゼンチン、イタリアの比較
ウズベキスタン
団体名 事業名称
政治研究センター 「日・ウズベク経済協力の展望~経済協力の促進及びウズベク経済改革の推進に関する共同宣言の枠組みにおいて」
英国
団体名 事業名称
グラスゴー大学 バリアフリー社会に向けて:日英シンポジウム「友情と境界」
センスベリー日本藝術研究所 土偶:古代の芸術、現代のインスピレーション
コベントリー大学コミュニティー結合研究所 統合と結束についての比較研究
キングス・カレッジ 矛をつかみ、剣を描く:同盟から相互依存世界までの日英軍事関係
コベントリー大学 人間の安全保障と平和構築セミナー
オーストリア
団体名 事業名称
ウィーン大学 家族構成と社会保障枠組み
オーストリア国際問題研究所 日墺の安全保障に関する地域的およびグローバルな脅威への対応
スウェーデン
団体名 事業名称
ストックホルム商科大学欧州日本研究所 ワークショップ:日韓関係
デンマーク
団体名 事業名称
オーフス大学 アジア現代性の可視化:現代日本と東南アジアの視覚芸術の地球規模での振興
コペンハーゲン大学芸術・文化学部 文化都市:大阪とコペンハーゲンにおける創造性と社会的一体性
ドイツ
団体名 事業名称
ミュンヘン大学日本センター 都市創造に関する国際会議:文化、空間、持続可能性
ベルリン自由大学 MISHIMA! 世界への影響および多文化的ルーツ
フランス
団体名 事業名称
コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所 コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所創立50周年記念シンポジウム「日本研究資料とその周辺」
ツール大学「表現の歴史研究所」 多和田葉子の文学世界
ベルギー
団体名 事業名称
ブリュッセル自由大学 日本・ヨーロッパパートナーシップ:共通のグローバルおよび地域的課題に面して
ルーヴァン・カトリック大学(UCL) 途上国の法制度改革に対する助言の源としての英米法と大陸法間の機関の競争(仮訳)
ポーランド
団体名 事業名称
レオン・コジミンスキ大学 コーポレート・カルチャーに関する国際シンポジウム
リトアニア
団体名 事業名称
ヴィタウタスマグヌス大学日本センター イメージとしての日本:日欧の交差する視点-国際社会における日本理解推進を目指して
ロシア
団体名 事業名称
ウラジオストク国立経済サービス大学付属国際関係・社会技術大学 シンポジウム「アジア太平洋地域経済協力:日本・ロシア - 国益、役割そして展望」

中東・アフリカ

イスラエル
団体名 事業名称
ヘブライ大学トルーマン研究所 東・東南アジアにおけるポップカルチャー、文化政策、文化に関わる言説に関する国際ワークショップ

ページトップへ戻る