国際交流基金 日本研究フェローセミナー<研究報告>「日本で活躍するスリランカ人起業家から見る日本・スリランカのビジネス交流」

今回のセミナーでは、スリランカの著名な経済学者の一人、ヘッティゲ・ドン・カルナラタナ コロンボ大学教授を迎え、日本で活躍するスリランカ人起業家へのインタビュー調査を踏まえた、日本とスリランカのビジネス交流の実際についてプレゼンテーションとディスカッションを行います。
日本でも、人口減少や少子高齢化に対応するために、外国人材を本格的に受け入れることが政策課題として議論されるようになっていますが、カルナラタナ教授は、移民起業家がビジネスを通じて送出国・受入国の双方に利益をもたらす事例として、まだ、あまり知られていない、日本で活躍するスリランカ人起業家に着目し、研究を進めています。
現代日本を研究する方のみならず、日本社会のあり方や、南アジアとのビジネス交流などに関心を持つ皆さまにも興味深い内容だと思われますので、ご参加を心よりお待ちしております。

日時 2017年3月13日(月曜日)18時~19時30分
場所 国際交流基金 9階 第1セミナー室
住所:東京都新宿区四谷4-4-1 アクセス
使用言語 英語(通訳はありません)
定員 30名
プログラム
  1. 1. 講演 ヘッティゲ・ドン・カルナラタナ コロンボ大学教授
    テーマ「日本で活躍するスリランカ人起業家から見る日本・スリランカのビジネス交流」
  2. 2. ディスカッション、質疑応答
発表者プロフィール ヘッティゲ・ドン・カルナラタナ(Hettige Don Karunaratne
コロンボ大学 経営・ファイナンス学部ビジネス経済学科長、教授。専門は経済学、現在の研究領域は所得格差、労働市場、移民、国際ビジネス、起業、ビジネス倫理など。コロンボ大学及び名古屋市立大学にて修士号(いずれも経済学)、名古屋大学にて博士号(国際開発経済学)を取得。
2006~2008年 法政大学経済学部客員教授、2011年~2014年 コロンボ大学経営・ファイナンス学部長などを歴任。現在、平成28年度国際交流基金日本研究フェローとして来日中で、東京大学東洋文化研究所に所属し、研究調査活動を行っている。
お申し込み

入場無料
どなたでもご参加いただけます。ご参加を希望される方は、2017年3月10日(金曜日)までにお名前、所属先、連絡先(電話番号、ファックスまたはメールアドレス)を日本研究・知的交流部までご連絡ください。Eメールによる連絡の際は、標題に【日本・スリランカのビジネス交流】と明記していただきますようお願い致します。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本研究・知的交流部 アジア・大洋州チーム
担当:山口、麦谷
電話:03-5369-6070
ファックス:03-5369-6041
Eメール:asiaoceania@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る