日本語教育論集 世界の日本語教育 第5号

表紙

B5判 276ページ 定価1,942円(税抜)

ご購読されたい方は、購読案内をご覧ください。

Adobe社のアクロバットにより編集されたPDF(Portable Document Format)形式でダウンロードすることができます。

要旨紹介 第5号(1995年4月発行)

公募論文
1. 日本語教育政策と多文化主義:外国人児童・生徒への第二言語としての日本語教育の確立を目指して 野山 広
2. 欧州の大学における日本語教育はどうあるべきか: 「変則イマーション」のすすめ 竹下 利明
3. 「テープ通信」を用いた日本語コースの試み: 香港でのビジネス・ジャパニーズの場合 上田 和子
4. コミュニケーション・ストラテジー:教授の利点 大橋 純
5. 大学の初級日本語クラスにおけるジャーナル・ライティングの効用 坂本 恵美
6. 日本語教科書におけるアクセント表記の問題点 長谷川 葉子
7. 漢字学習ストラテジーと学生の漢字学習に対する信念 大北 葉子
8. 非漢字系日本語学習者における漢字パターン認識能力と漢字習得に関する研究 高木 裕子
9. 単音と韻律が日本語音声の評価に与える影響力の比較 佐藤友則
10. 世界の文字・中国の文字・日本の文字: 漢字の位置付け再考 シュテファン カイザー
11. 「と」と「や」 沈 茅一
12. 限定の「ばかり」とは 陳 連冬
13. トコロガとシカシ:逆接接続語と談話の類型 浜田 麻里
14. テ形節分類の一試案:従属度を基準として 加藤 陽子
15. 在日ブラジル人と日本人との接触場面 : 会話におけるコミュニケーション問題 エレン ナカミズ
16. あいづち行動における価値観の韓日比較 任 栄哲、李 先敏
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る