日本語教育論集 世界の日本語教育 第12号 要旨

日本語教育における性差の学習: オーストラリアの学習者の意識調査よりトムソン
【PDF:839KB】
木下千尋(ニューサウスウェールズ大学ジャパン・コリア・スタディーズ学科長)、
飯田 純子(ニューサウスウェールズ大学ジャパン・コリア・スタディーズ専任講師)

日本語の性差の研究の中で、日本語教育と関連し、しかも、データに基づいたものは数少ない。日本語教育の中での性差の理想的な指導方法を探究する研究の一環として、本稿では、先行の指導者の意識調査 (Iida and Thomson 1999) にも言及しながら、オーストラリアの学習者の意識調査アンケート(オーストラリアの 6 大学対象、回答者 704名)の結果を中心に、報告、考察していく。
学習者の調査の結果、回答者全体としては、性差の認識、受け取り方にばらつきはあるが、性差の学習には意欲的であることがわかった。人称代名詞や呼称に表れる性差の認識度は高かったが、接頭辞や、漢字語彙の使用頻度などの項目は、あまり認識されていなかった。回答者の学習レベルが上がり、日本語話者との接触頻度が高くなり、日本滞在期間が長くなると、性差の認識度が上がる。この傾向に反するのが、漢字語彙の項目で、学習レベルなどに関係なく、一般的に認識度が低く、漢字圏出身の学習者が、他のグループに比べて認識度が高いという結果が出た。
日本語に表出する性差の捉え方、そして、性差を認識し、性差表現を使えるようになりたいかという学習意欲についての質問には、両項目で、全体的には回答者が積極的な姿勢を見せている。その中で、 特に、性差を性差別と捉えるのは中国系、韓国系(特に女性)に多く、性差の学習に一番意欲的なのはオーストラリア系であるという結果が出た。母文化内で性差別の対象となりうる回答者が性差別に敏感であり、他グループと比べて、日本滞在期間の長いオーストラリア系が学習に熱心であるという考察ができる。
指導者調査に現れた教師側の性差指導に対する懸念と、学習者調査の結果には開きがあったので、教師の感覚に頼らず、実際のデータに基づく考察の必要性を再認識した。

韓国人日本語学習者による有声・無声破裂音の知覚と生成の関係
【PDF:1,127KB】
上村 佳子(JET 日本語学校非常勤講師、東京国際大学非常勤講師(日本研究プログラム)

韓国語母語話者には、日本語の語頭における有声音の発音と聴き取りに問題が多いことは知られているが、その知覚能力と生成能力の関係、また彼らが自分自身の発音をどのように聴き取っているかについては、詳しく究明されていない。本研究は、韓国語母語話者の日本語の語頭破裂有声・無声音の発音と、日本語母語話者の発音した同様の音の聴き取り、 さらに彼ら自身が発音した音の聴き取りの能力を比べることによって、上記の問題を解明し、発音指導上の示唆を得ることを目的とする。
18名の韓国人被験者の語頭の有声・無声音の発音を、日本人10名に、有声・無声のどちらに聞こえるか判定させた。その後、韓国人被験者に、日本人モデル発話者の同サンプルの発話と韓国人被験者自身の発話を録音したものを聞かせて、同様の判定をしてもらい、聴き取りの正確さを調べた。日本人の判定をもとにした発音の正解率と、他者(日本語モデル発話者)の発音の聴き取りの正聴率、自己の発音の正聴率を比べた結果、語頭の有声・無声音の対立では、1) 日本人が発音した音の聴き取りの正確さの方が、自己の発音の聴き取りの正確さを上回る、2) 聴き取りの習得が発音の習得に先行する、3) 発音と自己の発音の聴き取りには、有意な相関関係が認められるが、発音と日本人が発音した音の聴き取りの間には、相関関係が認められない、という結果が得られた。
本研究では、知覚と生成の関係をみるにあたって、 従来あまり行なわれてこなかった自己の発音の聴き取りを調べることの重要性が明らかになった。また、 日本人の発音を聴き取る能力よりも、自己の発音を聴き取る能力の方が有声・無声音の習得の段階を示し得ることがわかった。正確な発音ができるためには、自己の発音を知覚する能力の習得が必要なのではないかと考えられる。発音指導上の示唆として、 自分の発音をモニターする機会を学習者に与えることの重要性などが得られた。

日本語学習者による複合動詞「~こむ」の習得
【PDF:788KB】
松田 文子(お茶の水女子大学大学院博士後期課程)

本稿は、「~こむ」を後要素とする複合動詞を取り上げ、日本語の超上級者を対象にその習得状況をみたものである。「~こむ」の用法は大きく分けて、 q「~の中に入る」という意味で理解されるタイプ(例: プールに飛びこむ)、w「~の中にしっかり / 奥深く~する」という意味で理解されるタイプ(例: 庭に埋めこむ)、e「V1 があらわす状態へ変化し、 その状態に固着する」という意味で理解されるタイプ(例: 黙りこむ)、r「反復行為により生じる状態(多くは満足できる状態)への変化」という意味で理解されるタイプ(例: 十分に走りこむ)の4タイプがある。そしてこれらの意味タイプは、前項動詞と後項動詞「~こむ」の結合のあり方によって生じるものである。
本調査では習得状況を探る方法として、「~こむ」を後要素とする複合動詞54語を提示しそれらを用いて短文を作るように求めたが、産出された誤用の多くは「~こむ」が単純動詞に強意を添えるという用法(例: 庭にカプセルを埋める≒庭にカプセルを埋めこむ=上記の意味タイプ w) の類推から、〈N+V1≒N+{V1+こむ}〉 といった方略を作り上げ、 その方略を過剰に適用していると推測されるものであった。以上から、調査対象者たちは「~こむ」には多様な意味があることは知っていても、それらの意味をどの結合の「V1+こむ」(V1は前項動詞)と結びつけてよいか分からないということが明らかになった。
この結果は、「~こむ」の多様な意味を自力で学ぶことには限界があり、何らかの支援が必要であることを示唆するものであると考えられる。

ブラジル人中学生の第1言語能力と第2言語能力の関係: 作文のタスクを通して
【PDF:648KB】
生田 裕子(中部大学留学生別科非常勤講師)

本稿は日本の学校に在籍するブラジル人中学生を対象に、作文のタスクを通して第 1 言語 (L1) であるポルトガル語と第 2言語 (L2) である日本語の関係を観察したものである。
年少者の L1能力と L2能力の関係は、文法面や音声面の能力よりも、一般的な認知能力を必要とする読解力や文章能力においてより強いとされている。 これらの結果は、Cummins の提唱した「2言語に共通に働く基底言語能力があり、一方の言語で身につけた能力はもう一方の言語に移行する」という「二言語相互依存説」を支持するものである。
本稿では作文能力を「産出量」「語彙の多様性」「文の複雑さ」「正確さ」「文章の構成」に下位分類し、いずれの側面において 2言語間の関係が強いかを分析した。その結果「産出量」「語彙の多様性」「文章の構成」は 2言語間での相関があり、「文の複雑さ」「正確さ」は 2言語間の相関が無いことがわかった。さらに、誤用を観察した結果、言語形式の大きく異なるポルトガル語と日本語の間でも、文法・語彙レベルの干渉が起こることもわかった。
これらの結果から、作文能力の中でも 2言語間での相関のあった「産出量」「語彙の多様性」「文章の構成」という側面は共通基底言語能力を反映するものであること、2言語間で相関の見られなかった「文の複雑さ」「正確さ」は個別の言語知識を反映するものであることを指摘した。そして作文能力が共通基底言語能力に支えられていることから、L1 においても作文能力を伸ばしていくことが L2の作文能力の養成にも有効であると主張した。

日本語教育日記の自己分析から見た「内省」
【PDF:739KB】
大河 原尚(大東文化大学別科日本語研修課程嘱託講師)

本稿は、初めて日本語教師として教壇に立った新人教師(筆者)の一年八ヶ月にわたって書かれた日本語教育日記から、その間内省がどのように行なわれてきたかを自ら分析した。まず量的分析では、その間を内省を、各コメントを構成する要素の数、進行した内省の頻度、及びその内省のレベルから見てきた。その結果、この間徐々に連続した記述がなされるようになるものの、進行した内省は少なくなった。

しかし、学期が経過していくと、より深いレベルでの内省が多く見られるようになった。次に質的分析では、第三、第四要素を含んだ記述からトピック別に九つのトピックにおける内省の変化を見た。そこでの特徴として、一つのトピックにおいても期間を通じて「内省のサイクル」と見られる経過が見られたこと。抽象的で固定的な内容から、より具体的で柔軟なものに内省が変化したこと。内省の際の視野が広がったことの三点が指摘できた。

実習生の内省的実践としての授業評価活動
【PDF:607KB】
池田 玲子(お茶の水女子大学文教育学部非常勤講師)、
小笠 恵美子(田園調布学園大学非常勤講師)、
杉浦 まそみ子(お茶の水女子大学大学院人間文化研究科国際日本学専攻博士後期課程)

日本語の教師養成プログラムにおいて、実習生は教育実習の後に何らかの形で評価を得るが、そこでの評価活動は後に実習生が自らの授業を改善し、教師として成長していく糧となるものでなければならない。本稿では教師の成長を目指した評価活動を一例として挙げ、どのような評価活動が有効であるかを示した。
本稿の調査では、実習生は評価を受動的にもらうのではなく、自分から評価シートを作成し、 評価してもらいたい点を提示する方法による評価活動を行なった。この活動を繰り返した結果、提示する評価観点はより具体性を帯び、様々な評価者の立場に合わせた質問をするようになったことが分かった。
また、その後のアンケート調査の結果からは、この評価活動は、自分の質問に対する答えが得られることから実習生にとって評価結果をよりよく受容できるものであることが分かった。つまり、評価活動の一端を担う活動は、後に自らの授業を自分で改善していく際の評価観点を身につけるという点で教師の成長に有効だと考えられる。

日華・日漢辞典からみた日中同形語記述の問題点: 同形類義語を中心に
【PDF:756KB】
林 玉惠(名古屋大学大学院文学研究科日本文学・日本語学専攻)

いままで日中同形語に関する多くの研究は、意味上の類似と相違に着目して行なわれてきたが、この類の研究はわれわれの言語生活にどのように応用できるのか、あるいはどのように反映されるのかについて、あまり論じられていない。
本稿では、中国語を母国語とする日本語学習者がよく使う日中の対訳辞典、特に台湾で出版された日華・日漢辞典を対象にして、日中同形語のタイプの中で、最も問題になりやすい、いわゆる同形類義語の記述の実態における問題点を検討した。
ただし、同形類義語はその意味の重なり具合によって、さらに「日本語に他の意味があるもの」、「中国語に他の意味があるもの」、「日中両言語とも他の意味があるもの」に分類することができる。今回は、まず「愛情」、「会計」、「活発」、「犠牲」、「深刻」、「適当」、「反対」、「必要」、「表情」、「訪問」といった「日本語に他の意味があるもの」の同形類義語に絞って記述の問題点を検討した。その結果、意味項目の立て方、訳語の問題、誤訳と不適切な説明といった意味に関する問題が顕著であるが、 用例及び典型的な文型の提示、品詞の提示が不十分であるなどといった文法に関する問題も見られる。
これら記述の問題点が生じた原因として、次の三つが挙げられる。一つ目は、編纂時に他の辞典を参照した際に、間違った訳語が援用されてしまうことがあるということである。二つ目は数多くの語を網羅的に扱わなければならないため、同形語にかけられる労力と時間に限界があるということである。三つ目は、日本の国語辞典の影響が強く、ややもすると中国人日本語学習者のニーズに応じ切れない場合がある。
よって、本稿では現存する日華・日漢辞典における日中同形語の記述は必ずしも十分ではないことを指摘し、より精密な記述方法を試みに提示し、 日華・日漢辞典の編集に役立てようとするものである。

「責任重視型」日本語対「意図重視型」インド諸語:
非意図的な出来事の認知的対照研究

【PDF:1,041KB】
プラシャント・パルデシ(日本学術振興会外国人特別研究員、神戸大学)

本稿は以下の二つを目的とする。(1)日本語における非意図的な出来事を他動詞で表しうる表現[例: 太郎がお腹を壊した、人ごみの中で財布を落とした等]の包括的な記述を行なうこと、(2)典型的な「なる」言語と言われている日本語において他動詞で表現されるこれらの「する」型な表現がなぜ許され、 数多く存在するのかという根本的な疑問に対して説明を提案すること、の二つである。このような説明を提案するにあたって、インド諸語との比較対照を行なうという方法を取る。なぜならば、日本語とは対照的に、インド諸語においてはこれらの出来事は主に自動詞で表現される。これによって当現象の対比がより鮮明に検証できると考えられるからである。
当表現において日本語とインド諸語の間に見られる言語形式の類似・相違は、対象としている出来事の概念化の類似・相違に由来するものだと主張する。 さらに外界における同一の事態に対し、言語間に見られる概念化の違いは社会的・文化的な要素に左右されるものだと主張し、日本語はインド諸語と比べ 「責任」という概念に対して、相対的により敏感であること、またインド諸語は日本語と比べ「意図性」 という概念に対して、相対的により敏感であることを明らかにする。外国語を勉強する者は文法のみならず、さらに自然な外国語を話すために、その言語や文化特有の物事の見方や概念化をマスターしなければならないことを提案する。言語は従来考えられてきた「する型」対「なる型」、「人間中心型」対「状況中心型」といった二分的なものではなく、程度の差を持つ連続体であることを主張する。

ビルマ語と日本語における申し出表現: 申し出の仕方を中心に
【PDF:709KB】
キィ・ティダー(拓殖大学大学院言語教育研究科博士後期課程)

本稿はビルマ語と日本語における申し出表現を比較対照するため行なった 3つの調査分析をまとめたものである。調査 I は文学作品の用例抽出、調査 II と III はアンケート調査である。
調査 I では、ビルマ語と日本語の文学作品から申し出表現を抽出し、 両言語において話し手が相手に申し出の表現意図をどのように伝えるかを分析した。その結果、ビルマ語では相手に呼びかけはするが、申し出の前置きを言わずに、断定した表現を用いて、助ける厚意をそのまま申し出るのに対し、日本語ではできるだけ申し出の本題を言わずに相手に事実の指摘をしたり、 相手の状況を確認したりして間接的な表現を用いて、 申し出の意図を伝える。
調査 II (ミャンマー在住ミャンマー人と日本人を対象としたアンケート調査)では、両言語における申し出の仕方の相違点に対する各参加者の意見が明らかになった。ミャンマー人は積極的に助けてあげたいという厚意に基づいて、 申し出の当然性が高いと捉え、断定した表現を用いて、直接的に申し出る。
一方、日本人は申し出の当然性が高い場合であっても、相手の気持ちや状況への配慮を優先させ、申し出るか否かを判断する。申し出ることになった場合でも、申し出の本題を最後まで言わずに途中でポーズを入れたり、または、相手に決定権を与えて断定しない表現を用いる。
ミャンマー人日本語学習者が日本語で申し出る際の問題点を探るため、調査 III (在日ミャンマー人学習者とミャンマー在住学習者を対象としたアンケート調査)を行なった。
そこで、ミャンマー人学習者の申し出の仕方に関する問題(申し出の当然性の捉え方、断定しない表現の使用、助ける行為をそのまま申し出る、 日本人の相手への配慮の理解、「~てあげる」の使い方、申し出る行為に伴う責任感の意識)と文法に関する問題(授受動詞の使い分け、尊敬語・謙譲語の使い分け、申し出の終わり方)が明らかになり、それらを指導の際の留意点としてまとめた。

‘長い’複合名詞のリズムとアクセント: 韻律音韻論からの考察
【PDF:472KB】
稲葉 生一郎(カリフォルニア州立大学サンノゼ校助教授)

モーラ(拍)単位を基本にした先行研究は、複合名詞 (N1・N2) を‘短い’複合名詞 (N2≦二拍)と‘長い’複合名詞 (N2≧三拍)に大別し、‘短い’複合名詞のアクセント型は予測が難しく、‘長い’複合名詞のアクセント型は、複合前の N2 のアクセント核位置が分かれば、ある程度予測可能だと指摘している。
本稿は、先行研究で N2 のアクセント核位置が分かれば、アクセント型の予測が可能だと指摘されている‘長い’複合名詞に焦点をあてた。そして NHK 発音アクセント辞典 (1998) から、‘長い’複合名詞を抜粋して、N2 のアクセント核の位置と全体のアクセント型との関係を韻律音韻論の視点から考察した。
その結果‘長い’複合名詞は、さらに三拍≦N2≦四拍と、N2≧五拍に区別されることが明らかになった。また、今回のフット(音歩)単位を基本にした研究で、‘長い’複合名詞全体のアクセント型が、 複合前の N2 のアクセント核位置に関係なく、単に N2 の韻律的長さに従って比較的簡単に予測できることが判った。これにより日本語学習者のアクセント核位置に対する記憶負担は大きく軽減されることになる。

構文スキーマによる格助詞「が」の分析と基本文型の放射状範疇化
【PDF:1,017KB】
菅井 三実(兵庫教育大学学校教育学部専任講師

本稿は、格助詞「が」の両義性を出発点として、 2種類の「構文スキーマ」を提案し、基本文型を具体的に範疇化するところにまで発展させたものである。
まず、「ガ格」成分の基本的意味として述語レベルで 〈主体〉 と 〈対象〉 の 2つを認める。前者は 「太郎が走る」のような主語的なもので、後者は「水が欲しい」のように、むしろ目的語的なものである。 この両義性が 《意味と形式の一対一対応》 の原則に反することから、より高次のレベルにおいて「ガ格」を「述部内において最も顕著な成分」を標示するものとして同化させる。その上で、述語レベルにおける 2つの意味を分化させるために構文レベルに 2つの「構文スキーマ (constructional schema)」を導入する。
この構文スキーマを導入することで、従来、その位置づけが確然としなかった 〈存在文〉 〈同定文〉 〈能力文〉 〈可能文〉 〈てある文〉 〈主観表現〉 〈形容詞文〉 などに対し、ガ格の意味に基づいて構文的特徴を明らかにするとともに、プロトタイプ効果を確認しながら、明示的な範疇化を試みる。具体的には、 存在文をプロトタイプ的メンバーとし、《存在のあり方》 を変数とする存在表現のバリエーションとして放射状に範疇化するというものである。同時に、〈存在のありか〉 が「ニ格」で標示されるかどうかという存在文に固有の特性に着目することで、〈(広義の)同定文〉 〈数量形容詞文〉 〈知覚文〉 〈関係文〉 が 1次的メンバーとして位置づけられ、〈情意・情態形容詞文〉 〈主観表現〉 〈能力文〉 〈てある文〉 が 3次的メンバーとして位置づけられることを例示する。

継起的時間関係と従属節のアスペクト
【PDF:757KB】
黄 文溥(華僑大学外国語学院講師)

従来、時間節の事態と主節の事態が継起的である場合、q 時間節の述語動詞のアスペクト形式が同一でその形式が表すアスペクト的な意味も同じだと考えられる立場と、w「(スル)前」節と「(シタ)後」 節のアスペクト形式がスルかシタかをとり、それぞれ違うアスペクト的な意味を表し、その違いをスルとシタのアスペクト的対立と考える立場がある。本稿では、「(する)まで」節や「(し)てから」節などをも考察し、時間節のスルもシタもシテも同じく完成相形式で、そのアスペクト的な意味の違いを含め、 それぞれの時間節のアスペクトの異なったあり方は後続・先行関係や先行・後続関係などといった時間関係と関連するということを論じる。
具体的には次のような事実を指摘する。(1)後続・先行関係を表す「前(に)」複文と先行・後続関係を表す「後(で)」 複文や「(して)から」複文とで時間節の述語動詞の完成相の表すアスペクト的な意味やその他のアスペクト的な性格が異なっている。(2)「前(に)」節や 「まで」節の述語動詞の完成相が 〈終了限界達成≠ひとまとまり〉 を表す場合、無限界動詞に制限が見られ、「後(で)」節や「(して)から」節の述語動詞の完成相が 〈開始限界達成≠ひとまとまり〉 を表す場合、 多くの動詞に制限が見られる。(3) この種の制限は継起的時間関係が捉えられる他の従属節(「(しない)うち(に)」節や「するのを待つ」の「するのを」節)にも見られる。

接続語「ちなみに」の意味・用法
【PDF:653KB】
劉 怡 伶(名古屋大学大学院国際言語文化研究科日本言語文化専攻後期課程)

本稿は、「ちなみに」の意味・用法を明らかにすることを目的とするものである。
「ちなみに」に関する従来の記述を見ると、「ちなみに」は前件に対し、関連のあることを参考までに付け加えるものであると述べられている。しかし、 後件についてはどのような制限があるかが説明されていないため、「ちなみに」を用いてどのような後件を付け加えることができるかは分からない。
また、 従来の記述で説明できない「ちなみに」の用法もある。本稿は、そこで、この二つの問題に着目し、「ちなみに」には「前件で言及した物や人物への聞き手の理解を促す情報への言及」、「先行した発話の伝達目的を達成するための情報への言及」及び「会話参与者の情報交換や意見交換を促す事柄への言及」との三つの用法があることを明らかにする。
また、各用法を貫く基本的意味に関して、「ちなみに」は、前件で言い残した内容の一部を付け加えるために用いられるのではなく、聞き手との間での 〈認知環境〉 の異なりを整えることにより、話の流れに聞き手をひきこむために用いられるものであることを述べる。 そして最後に、「ちなみに」を使えない文を取り上げ、本稿で提出した「ちなみに」の意味・用法の記述がこれらの文も説明できることを示す。

会話における「んだ + けど」についての一考察
【PDF:681KB】
李 徳泳(オーストラリア国立大学日本センター助教授)、
吉田 章子(オーストラリア国立大学日本センター大学院生

「けど」は日本語の会話においてもっとも頻繁に使われる表現の一つであるが、特に「んだ」と共起して「んだけど」の形で用いられる場合が多い(本研究のデータは「けど節」全体の 58% が「んだ + けど」)。これは、「んだ」と「けど」が組み合わされることによってそれぞれの機能や特性が結合し、会話で頻繁に用いられる何らかの効果を生み出しているのにその理由があると考えられるのである。本研究の目的は、会話における「けど」の役割や「んだ」 の特性を調べ、これらの結合のメカニズムを明らかにすることである。
分析の結果をまとめると、まず、発話に「けど節」が主節(本稿では「関連要素」)と一緒に現れた場合に、「けど節」は「前置き」または「補足」としての役割を果たすが、ここで「んだ + けど」の組み合わせは、聞き手の注意を喚起する働きを持つ。また主節は現れず「けど節」が単独で使われた場合には、「んだ + けど」は、一方では話し手の気持ちを一通り表し、他方ではそれがあまり強く直線的にならないように抑える二重的な働きを持つ。この二重的な働きにより話し手は自分の気持ち感情を過不足なく表すことができ、また聞き手の注意を喚起する働きにしても、主節における主メッセージを相手に理解してもらう上で重要である。
このようにして「んだけど」の表現は、円滑なコミュニケーションを行なう上で重要なストラテジーとして好まれるのだと考えられる。

ページトップへ戻る