JENESYS若手日本語教師派遣プログラム活動報告会

JENESYS若手日本語教師派遣プログラム活動報告会

JENESYS若手日本語教師派遣プログラムは、大学で日本語教育を専攻したり、日本語を教えた経験のある日本の若者をアジア・大洋州地域の日本語教育機関に約10カ月間派遣し、現地の日本語教師と協力して日本語を教えたり、日本文化社会の紹介などを通じて日本に対する理解を深め、日本への親近感を持ってもらうための基盤作りを行なうとともに、日本の若者の国際理解を深めることを目的としたものです。

2008年から2009年に本プログラムで派遣され帰国した参加者の活動報告会を実施いたします。
海外の日本語教育の現場にご関心のある方、将来、海外での日本語教育に携わりたいと考えておられる方の多数ご参加をお待ちしております。

概要
日時 2010年4月3日 土曜日 10時30分から12時30分
会場

日本語国際センター(京浜東北線「北浦和」駅西口より徒歩8分)

※アクセスマップアクセス をご参照の上、お越しください。
報告者

インド、インドネシア、オーストラリア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア のプログラム参加者

定員 50名
参加費 無料
参加申込方法: お名前・ご所属先・お電話番号を明記の上、 E-mail にていただくか、 または参加申込書【PDF:13KB】 を記入のうえ、Faxにてお申し込みください。
申込締切日: 2010年4月1日 木曜日

Faxでお申し込みの場合は、以下のファイルをダウンロードしてご使用ください。
JENESYS若手日本語教師派遣プログラム活動報告会 参加申込書【PDF:13KB】

JENESYS Programme
*本事業は、2007年1月に開催された第2回東アジア首脳会議(EAS)において、安倍総理(当時)が提唱した「21世紀東アジア青少年大交流計画(Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths: JENESYS Programme」の一環として開催される事業です。
JENESYS若手日本語教師派遣プログラム活動写真

 

お問い合わせ先:日本語教育支援部 さくらネットワークチーム
Tel: 03-5369-6067 Fax: 03-5369-6040
E-mail

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る