日本語能力試験に30万人が挑戦! 〜7月1日、日本と海外22の国・地域で〜

日本語能力試験に30万人が挑戦!

日本語能力試験(JLPTは28年の歴史を持ち、外国人のための日本語試験として最大規模であり、昨年は年2回(7月及び12月)の試験を合わせて、海外61の国・地域と日本で約61万人が受験しました。
今回の2012年7月の試験は、海外22の国・地域の 103都市と日本国内39都道府県で実施されます。このうち、カナダ、エジプトの2か国では、7月に試験が実施されるのは初めてです。
なお、法務省が本年5月に開始した高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度でも、本試験のN1レベルが語学能力判定の基準として用いられるなど、さまざまなところで認定結果が活用されています。

 

2012年第1回(7月)日本語能力試験の概要
  1. 実施日:  2012年7月1日(日)
  2. 実施都市: 海外 22の国・地域 103都市、日本国内 39都道府県
  3. 実施レベル:  N1~N5の5レベル (N1が最も難易度の高いレベル)
  4. 応募者数 :  約29.5万人(日本国内:約6万人、海外:約23.5万人)

 

◇初めて7月に試験を実施することになった国:

カナダ、エジプト 2ヵ国

 

◇初めて7月に試験を実施することになった都市:

ダナン、ホーチミン(ベトナム)、エドモントン(カナダ)、エディンバラ(英国)、ハンブルク(ドイツ)、
カイロ(エジプト) 6都市

 

JLPT 認定結果の活用の例
・高度人材に対する日本出入国管理上の優遇制度でのポイント付与(N1)
・日ベトナムEPA:看護師・介護福祉士候補者の入国選考基準(N3)
・厚生労働省所管の医師国家試験等の受験資格認定(N1)  
・准看護師試験の受験資格認定(N1)
・大学、就職などでの優遇制度

 

次回の試験は2012年12月2日(日)に実施されます。
公式ウェブサイト http://www.jlpt.jp/


 

【海外での実施に関する問い合わせ】
国際交流基金 日本語試験センター  電話:03-5367-1021
電子メール:E-mail 

日本国内での実施については、公益財団法人日本国際教育支援協会 事業部日本語教育普及課
日本語能力試験係(電話:03-5454-5215)にお問い合わせください。

 

ページトップへ戻る