JENESYS若手日本語教師派遣プログラム 活動報告 五十嵐 裕佳(マレーシア)

JENESYS若手日本語教師派遣プログラムの派遣先での写真

派遣国:マレーシア
派遣期間:2009年1月~2009年11月
氏名:五十嵐 裕佳

 私はマレーシアの全寮制中高一貫校に若手日本語教師として10ヶ月間派遣されていました。こちらで日本語は選択必修の第二外国語として学ばれています。

 若手日本語教師の主な業務は、ローカル教師と一緒に授業を行うティームティーチング、授業で使用する教材の作成、そして試験のための補習授業を行うことなどでした。そして、「日本語」に関わる業務と同じように力を入れていたのが、「日本文化」に関わる様々な業務です。派遣校の日本語選択の学生に日本文化を紹介するのはもちろんのこと、他の外国語を選択している学生や同僚の教師にも日本文化を紹介しようとポスターを作成し食堂に掲示したり、校内の集会に浴衣を着て参加したりしました。さらには、『高校生日本語スピーチ大会』や『日本文化の日』といったマレーシア全土を対象にした日本文化関連イベントの際は、派遣校の先生と協力して参加学生に日本文化を指導したり、イベント当日に司会を務めたりといった活動も行いました。

 若手日本語教師は基本的に現地のローカル教師とともに業務を行うのですが、文化や宗教といった背景や教育観を異にすることから派遣初期は衝突することも多々ありました。しかし、今までの価値観を離れ、二元的な判断を下さないように心がけ、その上で現地のニーズを最優先に考えるようにしてからは信頼関係が徐々に築かれていきました。信頼関係が築かれるにつれ、授業に関しても活発に意見交換が出来るようになり、より充実した授業内容になったと思います。

 この派遣体験から私が得られたものは数々ありますが、その中でも「多様性」を肌で感じることができたのが1番の収穫だと感じています。国や文化、宗教や言語といった国単位での大きな多様性も個人個人の多様性も、それぞれに価値があり正誤や優劣の判断は付けられないということを知ったこと、そしてその違いを楽しめるようになったことは教師としても人間としても大きな成長でした。

 また「母語話者教師と非母語話者教師の多様性を生かした授業をしてみたい」という思いから再び海外で日本語を教える予定です。このような将来の道を選択するきっかけを与えてくれたのも、このJENESYS若手日本語教師派遣プログラムだと感じています。

ページトップへ戻る