JENESYS若手日本語教師派遣プログラム 活動報告 松村 のぞみ(インドネシア)

JENESYS若手日本語教師派遣プログラムの派遣先での写真

派遣国:インドネシア
派遣期間:2009年2月~2009年12月
氏名:松村 のぞみ

 私はバンドンのウィディアタマ大学、パシム・ナショナル大学の日本語学科に派遣されました。私は短期のボランティアや教育実習でしか教えた経験がなかったので、自分の知識や技術不足に悩んだ時期がありました。現地ではネイティブの日本語教師=経験豊富な日本語のエキスパート、というイメージが強かったからです。
 そこで現地の先生方と一緒に考え、悩み、意見交換をしていくようにしました。共に日本語の深みにはまっていくプロセス自体が大変勉強になり、そこで学んだことを授業に生かすことができました。また、国際交流基金の日本語専門家の先生に授業を見ていただいたり、アドバイスをいただいたりしたことも大きな助けになりました。
 心をこめて授業をやれば、ちゃんと学生はついて来てくれ、こちらが望み、目標としていたレスポンスがありました。1回1回の授業に手ごたえを感じられるようになってきた時、「こんなに楽しい仕事があるんだ。」と心からそう思うことができました。

 学生の多くは日本人と接した経験があまりなかったので、授業以外にも自分から積極的に学生たちに関わっていくように努めていました。彼らの日常、例えば毎日何を食べているのか、休みの日は何をしているのかなど、インドネシア人の日常を知りたい、現地に溶け込みたい思いで毎日を過ごしていました。一緒に食事をし、遊びに行き、時間を過ごし、時に将来の夢を語り…。日本語教師であり同世代の日本人である私が、学生であり同世代のインドネシア人である若者たちから言葉や文化だけでなく、彼らの真っ直ぐな心をたくさん教えてもらいました。

 帰国前、別れを惜しみながらある先生が言っていた言葉が印象に残っています。
「学生にとっては初めての先生、先生にとっても初めての学生。恋に例えたら初恋ですね。初恋だから、絶対に忘れない。」

 日本語という共通のツールを通して知り合い、学び合い、助け合い、心が通い合うとき、国籍や文化などの違いを越えて、互いにいたわり、大切に思い合える関係を築くことが可能だと思います。国と国との友好関係はこのような個人レベルでの関わりから始まっていくことを教えられた10カ月でした。

ページトップへ戻る