JENESYS若手日本語教師派遣プログラム 活動報告 永島 恭子(オーストラリア)

JENESYS若手日本語教師派遣プログラムの派遣先での写真

派遣国:オーストラリア
派遣期間:2009年2月~2009年12月
氏名:永島 恭子

 オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州教育訓練省に派遣され、日本語探検センターとフォートストリート高校に日本語アシスタントとして配属されました。
 日本語探検センターは、NSW州の教育訓練省が管理、運営する日本家屋の施設です。毎日各地の学校から生徒たちがエクスカージョン(遠足)でここを訪れ、様々なアクティビティを通して日本語を学びます。私はここで、アクティビティのアシスタントをおこなったほか、教材作成のお手伝いをしたり、派遣期間中に導入されたインタラクティブ・ホワイトボード(いわゆる電子黒板)やPCのプログラミングのお手伝いをしたりしました。

 もうひとつの配属先、フォートストリート高校は、シドニーの中心地からほど近いところに位置する、日本語教育に関しては国内の公立高校の中で最も歴史が古い進学校です。ここでの私の役割は、卒業試験(HSC)の受験科目に日本語を選択している12年生(日本の高校3年生にあたる)への個別指導が中心でした。また、ほかの学年の生徒とのスピーキングの練習や、作文の添削、HSCの問題の解答のサンプルの作成などもおこなっていました。

 NSW州の日本語教育は、各学校で使われているテキストのほとんどが国内で出版されたものであることからも分かるように、指導法などを含めてほぼ独自に確立されています。地元でおこなっていたこととはずいぶん違っていたため、正直はじめはかなりの戸惑いを感じましたが、新たなチャレンジに自分なりに積極的に取り組みました。

 このプログラムを通して、NSW州で活躍する多くの日本語教育関係の方々、JENESYSのメンバーをはじめ、多くの方々との出会いがありました。私の場合、年齢的にも最後のチャンスの年でしたが、長年の地元での活動を経て派遣が叶ったことで、学んだり考えさせられたりすることも非常に多く、今回、派遣されたということに大きな意義を感じました。

 NSW州の日本語教員からは、姉妹校提携など日豪間で高校生が交流できる機会を望む声がよく聞かれました。今後もなんらかの形で日本語を通した日豪間の交流の懸け橋になっていければと思っています。

ページトップへ戻る