外国人による日本語弁論大会 (第41回)

第41回外国人による日本語弁論大会が、国際交流基金、国際教育振興会、長崎市の共催で去る2000年6月10日(土曜日)、長崎ブリックホールにて開催されました。
当日は、高円宮憲仁親王殿下のご来臨のもと、108名の応募者の中から選ばれた7か国12名の方が、約1500名の来場者を前に、流暢な日本語で熱弁をふるいました。
日本語に堪能で、日本文化にも造詣の深い外国人の方々のスピーチを聞くことにより、日頃私たちが気づかなかった視点から日本や日本人を見なおし、今後の在り方を考えるいい機会になることと思います。

受賞者
外務大臣賞 クニュガ エヴァンス ギタヒ(ケニア)
文部科学大臣奨励賞 パク ソンヒ(韓国)
国際教育振興会賞
会場審査員賞
若竹賞
チョウ フクリュウ(中国)
国際交流基金理事長賞 ライアン アームストロング(アメリカ)
長崎市長賞 エレン ブーマー(アメリカ)
ながさき阿蘭陀年推進協会会長賞 コウ ホウ(中国)
  • 会場審査員賞は一般来場者による投票
  • 若竹賞は中高生来場者による投票
41回大会写真
受賞者の写真
外務大臣賞のクニュガ エヴァンス ギタヒ(左)さん
文部科学大臣奨励賞のパク ソンヒ(右)さん

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る